ドラマ考察

ドラマ「ニッポンノワール」考察 ネタバレ第6話 あらすじ考察

日曜22:30から日本テレビで放送している「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」(以後ニッポンノワール)について考察していきたいと思います。今回は、第6話のあらすじ考察をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

遊佐清春の逃亡の軌跡

遊佐は喜志殺害の容疑で逮捕されたところを、才門に助けられます。そして、克喜をつれて逃亡生活が始まります。
ポイント
遊佐は、碓氷の仕事部屋から証拠品を持ち出しますが、その中に克喜の3、4歳に時のDVDがありました。つまり、このころから碓氷と克喜は一緒に暮らしていたことになります。

碓氷薫の告白の続き

10億円強奪事件の実行犯を殺したのは、ガスマスクの男だということです。

スポンサーリンク

ガスマスクの手記

ガスマスクの男が、遊佐の行動の軌跡をPCに打ち込んでいます。
ポイント
外したガスマスクが横に置かれていますが、これはあの模様がついたガスマスクではありませんでした。また、最後に「遊佐清春はまだあの件に気づいていない」と打ち込んでいます。

克喜が飲んでいた薬

克喜が飲んでいる薬について、闇医者に調べさせたところ、未認可の劇薬であることが分かりました。
ポイント
こんな薬を、碓氷が認めて飲ませていたのでしょうか。

高砂の部屋にかくまわれる

遊佐と克喜は、才門の手引きで逃走をつづけますが、公安の追跡が厳しいため、高砂の部屋でかくまってもらうことにします。
ポイント
遊佐の居場所が簡単につきとめられてしまうのは、以前南武が渡したタバコかライターにGPSが仕掛けられているからなのかもしれません。

スポンサーリンク

南武の息子

深水の話で、南武には生きていれば20歳になる息子がいることがわかりました。
ポイント
南武と深水の会話は、お互い探りを入れるような話し方なのが気になります。

ベルムズメンバーのリスト

高砂が調べたベルムズメンバーのリストを、遊佐が見ています。
ポイント
リストを上からなめていきますが、画面が切り替わる直前の19歳のメンバー(〇ザワキヨラまで見える)は、実は南武の息子かもしれません。また、リストのなかで一人だけサトウエミという女性の名前がありました。何か意味があるのでしょうか。

警察病院潜入

警察病院で行われるガルムフェニックスのショーを利用して、遊佐と才門は警察病院に忍び込みます。

人造人間登場

遊佐と才門の前に、消えたベルムズのメンバーと思われる連中が現れます。この連中、銃で撃っても死にません。
ポイント
人造人間登場の前に、才門が監視カメラを撃ち壊しますが、まるで位置を知っていたかのような早業でした。以前、ゲノム編集によるミュータント化という考察を上げましたが、銃で撃たれたのに死なないのはちょっとやり過ぎです。

ガスマスク男登場

人造人間をかいくぐり先に進むと、そこにはガスマスク男がいました。
ポイント
格闘中、才門はガスマスク男からナイフを奪い、右肩を刺します。これについては、目印と言わんばかりに刺したのが気になります。ガスマスクの正体は、視聴者が気になる最大の謎の1つと言ってもいいので、それをこんな目印でバラしてしまうのは、何か違和感があります。

遊佐の三たびフラッシュバック

遊佐は、ガスマスクに赤いNNマークを見せられて、三たびフラッシュバックを起こし、気を失ってしまいます。
ポイント
遊佐は、碓氷が「克喜は人体実験を受けた」と言っていたことを思い出します。ただ、克喜が気性が荒かったのが実験によっておとなしくなったというのが腑に落ちません。おとなしかったのが、実験によっておかしくなったというのならわかるのですが。あとは、克喜が実験を受けた時期がいつなのかが気になります。星良が死ぬ前なのか後なのか。

才門死す?

遊佐が目を覚ますと、ガスマスク男は逃げた後で、そこには血だらけの才門が立っていました。
ポイント
才門の死は本当なのでしょうか。遊佐が気を失う直前に、才門がガスマスク男に謝っている姿を見ていることが気になります。 このドラマ は、必要以上に格闘シーンを見せてきていたのに、才門がやられる過程となるガスマスクとの格闘シーンを描いていないというのに違和感を感じます。

謎の実験施設

遊佐は、才門から碓氷のUSBを受け取り、奥の部屋へと行きますが、そこには謎の実験施設が存在しました。そして、人造人間たちが押し寄せてくる中、南武たちも駆けつけてきます。
ポイント
警察の地下組織というわりには、狭いスペースに診察ベッド1台と診察機材、それに安っぽいPCが1台あるだけのしょぼい部屋でした。碓氷のUSBをPCにさしたら通電したようになったのも意味がわかりませんでした。鍵の役割をしていたのでしょうか。それを才門は知っていたということになります。

以上、第6話のあらすじ考察でした。今回のポイントとなるのは、才門は本当に死んでしまうのかということと、肩の傷からガスマスクの男の主体はバレてしまうのかという点です。才門は、やられるまでの描写の違和感から、死んではいないのでしょう。問題はガスマスクです。名越がいないとか、予告で左手に銃を持っているといったことから、ガスマスクは名越だという感じが濃厚となっています。しかし、来週の第7話冒頭で、右肩負傷者イコールガスマスクの男となってしまうのは、あまりにもチープすぎる気がします。その辺、 第7話の冒頭の冒頭に注目です。

ドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」を無料で見る方法
関連ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」を無料で見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
ドラマの「見逃し」「一気見」を無料で出来るチャンス

ドラマ「ニッポンノワール 」「3年A組」を無料で見たい方はこちら

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です