シロでもクロでもない世界で,パンダは笑う

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」考察 コアラ男が誰なのか、これではバレバレRe:

日本テレビ系列で日曜22時30分から放送されているドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」について、前回考察をしたコアラ男の正体について新たな事実が判明したため、それを踏まえたリターン考察をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただけると、とてもうれしいです。

コアラ男の再検証

前回の考察では、コアラ男とあずさの映像から、身長差が約30cmあるということから、コアラ男の正体は、身長が185cmぐらいある人物、神代ではないかと考察しました。しかし、第2話では、同じ映像が、第1話より鮮明で、少し引いた位置からのものが映し出されました。これによって明確になったことは、あずさはひざまずいているということです。

ただ、そうなると、逆にわかってくることがあります。あずさがひざまずいて30cmぐらいの差ということは、立った時にあずさとコアラ男の身長は同じぐらいということになります。あずさ役の白石聖さんの身長が158cmなので、そうなると、登場人物の中で、158cm前後の人物となると3人存在します。
1人目は、川田レンです。

レン役の、清野菜名さんの身長は、160cmです。ただ、レンはあずさと同じ年なので、この時は中学生ということになります。さすがに、中学生がコアラ男ということはないように思われます。

2人目は、川田麻衣子です。

麻衣子役の山口紗弥加さんの身長は、158cmです。ただ、時期的にすでに入院をしていると思われるので、コアラ男をやれるような精神状態にあったかどうか微妙なところです。誰かに操られてということもありうるので、可能性は0ではないような気がします。

そして、3人目の人物ですが、実はこの人物の可能性が高いのではないかと思っています。その人物とは、一郎です。一郎と聞いて、ピンとこない方もいるかと思います。Mr.ノーコンプライアンスこと、佐島源造の秘書、あるいは運転手をしている人物です。

素性は明かされていませんが、本人があずさのことを呼び捨てにしていること、源造が、一郎と呼んでいることから、源造の息子で、あずさの兄の可能性が高いです。一郎役のきづきさんの身長は、155cmです。あずさより身長が低いのですが、立った時にむしろあずさのほうが高くなりそうな感じもするので、十分許容範囲です。

おそらく、源造の指示によっておこなったもとのと思われます。源造の狙いは、売名のためか、何かを隠ぺいするためか現段階では分かりませんが、なにかしら自分の利益や保身のためにやったことだと思われます。
これは、メタ的な観点になってしまいますが、公式サイトのキャストや相関図には、きづきさんの名前がありません。しかし、番組のエンドロールには、他の出演者3名とともに、名前が出ています。その3人は、囲碁少女東山、プロデューサー田中、AD伊藤と公式サイトにしっかり出ている人物なので、何か違和感を感じます。相関図のコアラ男のところに、きづきさんの写真が入る予定ということなのかもしれません。

以上、「ドラマ「 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」コアラ男が誰なのか、これではバレバレ Re:」について考察してみました。できれば、あずさとコアラ男の映像は、第1話からひざまずいていることがわかりやすい映像を出してほしかったところです。きづきさんを別の観点で見てみると、所属事務所が、アミューズと大手で、最近では、ドラマ「朝顔」や「G線上のあなたと私」などにも出演しています。今回、コアラ男に大抜擢ということがあってもおかしくはない気がします。

他にも、ドラマ「10の秘密」や「知らなくていいコト」についても考察をおこなっていますので、そちらともども、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です