ドラマ考察

ドラマ【危険なビーナス】第4話考察 楓と百合華は協力関係

日曜、21時からTBS系列で放送されているドラマ【危険なビーナス】の、第4話で気になった点について考察してみたいと思います。といっても、第4話は、これといった考察要素が存在しなかったので、2つの点についてのみ、触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

楓と百合華は協力関係

百合華が伯朗に、明人が言っていたことを伝えるシーンがありました。明人が、伯朗について、どう思っていたかということです。

伯郎は、心のまっすぐな人だ
嘘がつけなくて、曲がったことが大嫌い、駆け引きも苦手
だけど兄貴は、まっすぐで温かい
自分を犠牲にしてでも、みんなに幸せになってもらいたい

この時百合華は、同じことを、楓にも聞いてみろと言います。この流れが、伯朗にそうさせるための誘導のようにも取れました。

聞くのを拒んでいた伯朗ですが、結局最後は聞いてしまいました。この時楓は、待ってましたと言わんばかりに、百合華の言っていたことと、全く同じことを伯朗に伝えていました。

全ての単語が一緒というのもおかしな話です。ここまで文言が一緒であるということと、楓に聞いてみるよう誘導している感じから、楓と百合華は、協力関係にあるのではないでしょうか。

盗聴して聞いていたという可能性もありそうですが、それだとあまりにもチープすぎるので、あえてこのような考察をしてみました。

祥子の言動の矛盾

祥子の失踪と、隆司の不倫という茶番がひと段落し、これでこの2人はお役御免かと思いましたが、祥子については、もう、ひと波乱あるようです。君津と不倫関係にあり、杏梨には、康治を殺してと言ってました。

君津との不倫はどうでもいいのですが、杏梨に康治を殺してと言っていることについては、疑問を感じました。現状、遺産の管理を、明人から波恵達に移すことについて、康治から言質を取っていないため、今死んでしまっては、明人が全ての遺産を相続することになってしまうからです。康治は、明人を待てと言っているので、遺産の管理についての言質は取れなそうですし、どうするのでしょう。
おそらく、あの視線センサーに細工をして、無理やり言質を取るのではないでしょうか。

その作業に、君津が関与してくるような気がします。

以上、「ドラマ【危険なビーナス】第4話考察 楓と百合華は協力関係」について考察してみました。
第4話の予告から、監禁されている明人が発見されると思いましたが、とんだだまし討でした。妄想シーンを本編のように見立てるなんて、最悪です。それだけ、制作側が、本編に自信がないということのあらわれでしょう。
こういうことをすると、ドラマ全体に騙しのイメージがついてしまい、視聴者がしらけてしまうことになりかねません。またどうせだまし討で煽っているだけだろ、となってしまいます。もう手遅れかもしれませんが、こういった点は改善していってほしいところです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です