ドラマ考察

ドラマ「フォローされたら終わり」考察 11話、12話 ゆまだけが可能な2つの事実

ドラマ「フォローされたら終わり」は、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで2019年10月27日から配信されているドラマです。毎週日曜の22:00に1話15分で2話ずつ、8週で計16話が配信される予定です。現在、11話と12話が放送されています。今回は、梶浦の自殺未遂の真相、壮太郎の容疑、ミズキのゆまに対する行動について描かれていました。その辺りについて考察していきたいと思います。

ドラマ「フォローされたら終わり」考察 9話、10話 新藤、梶浦の破滅、ミズキの存在が意味すること ドラマ「フォローされたら終わり」は、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで2019年10月27日から配信されているドラマ...
スポンサーリンク

梶浦をミズキとゆまが救出

首吊り状態になってしまった梶浦を、部屋を訪れたミズキとゆまが救出します。この時の映像が、ネット上に流れ、壮太郎もそれを見ていました。動画を見るだけなら、SNSをやっていることにはならないということなのでしょうか。

壮太郎とミズキが対立

梶浦救出で手を怪我したゆまは、病院で手当てを受けます。そこに壮太郎が現れ、待っていたミズキとはちあわせします。その時にミズキは、明日の夜8時にミズキビルに来いと壮太郎に言います。そして、どっちがゆまにふさわしいか決めるんだと言い出します。

スポンサーリンク

マユから送られたメッセージ

マユからメッセージが送られてきました。内容は、梶浦救出時の動画を見て心配しているというものでした。ここで気になったのが、壮太郎がリアルタイムでこの動画を見ていた時の表情です。あの表情から、いてもたってもいられずに、自分からゆまにメッセージを送ってしまったということがうかがえます。そもそも、SNSをやっていないという立場ゆえに、マユという架空の人物でやり取りをしているのではないでしょうか。マユの正体は、壮太郎の可能性が高そうです。

壮太郎への容疑

純子と梶浦は、ゆまを呼び出し、壮太郎が100万円社長の内通者だと言います。フォローされていない4人のうち、後藤はSNSスキルがない、美由紀は子供の世話で忙しい、ちはるは姫野先生と仲が悪いということから、残るのは壮太郎だけだと言います。姫野先生が100万円社長という前提の話になってしまっているので、どれも根拠としては薄いですが、次の状況証拠が壮太郎であることをものがたっているようです。

・新藤が外したはずの100万円社長のフォローがいつの間にかまたフォローしていた
 一緒に住んでいる壮太郎しかできない
・太陽の動画は限定公開だった
 一緒に住んでいた壮太郎なら、太陽のスマホかPCを簡単にいじれる
・梶浦の事故動画の老人がテレビで暴露したこと
 一緒にいた壮太郎が老人をそそのかした
・純子のSNSのパスワード
 壮太郎も知っている

ゆまだけが可能な2つの事実

壮太郎の容疑を裏付ける状況証拠ですが、これらのうち2つは、ゆまにも該当します
新藤のフォローについては、新藤に頼まれてゆまが食事を作りに家にいったことがありました。この時に、新藤と2人だけになっています。その時に新藤のスマホをいじることが可能だったと思われます。
純子のSNSの件は、もともと純子が、ゆまにだけマッチングアプリで何人もの男と会っていたこと等を話していました
この2つについては、むしろ、ゆまオンリーとも言える事実だと思います。
残りの2つ、太陽の動画は、お祝いパーティーの準備でみんな集まっていたので、やろうと思えば誰でもできます。梶浦の事故動画の老人も、調べることは誰でもできます。
ゆま自身、この話を聞かされて、内心あせったかもしれません。

スポンサーリンク

梶浦とちはるは不倫していた

梶浦とちはるが不倫していたことが、美由紀にばれていました。ちなみに、この件は100万円社長のフォローとは関係はなさそうです。

美由紀が不倫炎上を仕込んでいた

梶浦が、不倫炎上で調子にのっているところを、2人組に襲われます。そこを壮太郎が割り込み、梶浦を助けようとします。しかしこれは、美由紀が仕込んだやらせでした。邪魔された梶浦と美由紀は、壮太郎に罵声を浴びせます。

壮太郎が夜8時にミズキビルに向かう

梶浦の件で落ち込んでいた壮太郎ですが、ミズキに言われた通り、夜8時にミズキビルに向かいました。しかし、そこにいたのは、ゆまでした。ゆまは、壮太郎の容疑についてミズキに相談をしていました。そして、100万円社長に、ゆまを預かったから8時に所定の場所に来いというメッセージを送るよう言われました。そのタイミングできた壮太郎を100万円社長と思わせる策ですが、ミズキは初めからこれを狙っていたのでしょうか。ゆまをうまく誘導したマユの正体もミズキのように思わせていますが、壮太郎を呼び出す話をしたのは、ゆまが壮太郎の容疑の話を聞く前ですし、ゆまがマユに助けをもとめたのもこの後なので、ミズキがここまで誘導することは不可能でしょう。たまたまそういう流れになったというだけの可能性が高いです。単にゆまと壮太郎の間を割きたいというだけだと思われます。

ミズキの暴走を予感させる展開

ミズキの、ゆまと壮太郎を引き離す策略がうまくいったように見えますが、壮太郎の怒りにふれてしまい、ミズキがさらに暴走しそうな感じです。次回予告で、ゆまが拉致監禁されるようなシーンが出てきますが、これはミズキの犯行だと思われます。そこを壮太郎が助けますが、ここでゆまの本性があらわになるのではないでしょうか。

以上、「11話、12話 ゆまだけが可能な2つの事実」の考察でした。ドラマも大詰めに来て、100万円社長の可能性のある人物はゆま、壮太郎、ミズキの3人に絞られた感じです。そんな中、ゆまか壮太郎しか出来ないことが、純子と梶浦の調査で分かったことから、ミズキの線はなさそうです。メンバーが壮太郎を怪しんでいることからも、壮太郎の線もない気がします。そうなると、やはりゆまが犯人ということで間違いないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です