ドラマ考察

ドラマ【ネメシス】~放送開始前考察~ 人物相関図がヤバイことに!特設企画「ネメシスの謎」とは?

4月11日、日曜、22時30分から日本テレビ系列で放送が開始されるドラマ、ネメシスの、放送開始前に気になった点について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

細かすぎる人物相関図

4月から、新しく始まるドラマ「ネメシス」。概要としては、すべての事件が、最後の謎につながる、極上のミステリー・エンターテインメントということです。

とても、考察意欲をそそる感じのドラマです。詳細については、公式サイトをご覧いただければと思います。その公式サイトで公開された、人物相関図が、かなりヤバイことになっています。それが、こちらです。

総勢89人の人物相関図になっています。ミステリー好きにはたまりませんが、それにしても、細かすぎます。おそらく、半分以上はモブキャラだと思いますが、ドラマを見ていくうえで、こういったものがあると、とても楽しい感じになります。すでに、この図自体に、何かヒントが隠されているかもしれません。名前に数字や色がつく人物、他にも、季節や方向、そして、神繋がりと、気になる要素はありますが、その辺は、ドラマが始まってから、おいおい触れていきたいと思います。

そして、複雑な相関図といって思い出すのが、これです。

ドラマ「あなたの番です」の相関図です。こちらの相関図も話題となり、放送開始当初は、この図を見ながら考察をしたものでした。
あな番とおなじように、考察で盛り上がるドラマになってほしいところです。

特設企画「ネメシスの謎」

公式サイト上で、もう1つ気になったのが、特設企画「ネメシスの謎」です。


ドラマを視聴しながら考察せよと謳っています。詳細は明らかになっていませんが、ドラマのスタートと同時に事件にまつわる証拠や謎が更新されるそうです。
ドラマ自体は、1話完結形式ということですが、最後の謎に繋がるパーツが、毎回提示されていき、それをもとに考察をするといった感じになりそうです。それらをまとめた重要な企画サイトといった感じでしょうか。

スポンサーリンク

5人の一流推理作家による脚本

このドラマ、最初は、漫画か何かが原作だと思っていましたが、5人の一流推理作家による、オリジナル脚本ということです。その5名と、代表作が、こちらになります。

今村昌弘 屍人荘の殺人
周木律 CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
藤石波矢 今からあなたを脅迫します
降田天 女王はかえらない
青崎有吾 体育館の殺人

今村昌弘さんの、「屍人荘の殺人」は有名です。周木律さんの、「CRISIS」や、藤石波矢さんの、「今からあなたを脅迫します」も、ドラマ化されています。降田天さんは、女性コンビ作家で、「女王はかえらない」では、このミステリーはすごいの大賞を受賞しています。青崎有吾さんは、平成のエラリークインと呼ばれており、「裏染天馬シリーズ」が有名です。これだけ脚本に力を入れていることから、ドラマへの意気込みを感じます。
ただ、ひとつ懸念していることは、エンターテインメント性を重視するあまり、コメディータッチになってしまわないかという点です。せっかく脚本にこだわっているのに、笑いの要素や、ノリの軽さが、それらを台無しにしてしまう危険があります。半年ほど前にやっていた、某東野圭吾原作のドラマが、そんな感じでした。その辺、うまく織り交ぜながらの展開を期待したいところです。

以上、「ドラマ【ネメシス】~放送開始前考察~ 人物相関図がヤバイことに!特設企画「ネメシスの謎」とは?」について考察してみました。
主演の2人が出ているドラマは、ほとんど見たことがないのですが、どんな感じなんでしょう。見たことがあるのは、櫻井さんが出ていた、謎解きはディナーのあとでぐらいです。あれも、ちょっとコメディータッチでしたが、あんな感じのドラマになるのでしょうか。
広瀬さんに関しては、映画俳優といったイメージで、そもそも、民放の連続ドラマに出ている印象がありませんが、どんな感じになるのか気になります。
ドラマ、ネメシスについては、放送開始後も考察をあげていく予定なので、引き続き、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です