恋愛リアル

恋愛リアル「月とオオカミちゃんには騙されない #1」考察 ヒナがウソをついた瞬間

恋愛リアル「月とオオカミちゃんには騙されない」は、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで2020年01月05日から配信されている恋愛リアリティーショーです。毎週日曜の22:00に30分~1時間の動画が配信がされます。考察の観点は、6人の女性陣の中で、誰がオオカミちゃんなのかという点です。 第一回目ということで、6人の女性について感じたことと、気になった点について触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただけるとうれしいです。

月とオオカミちゃんには騙されないの概要

この番組は、男性5人、女性6人が集まっておこなわれる、恋愛リアリティーショーです。しかし、女性陣の中に、嘘をついたり好きでもないのに好きなフリをする嘘つきオオカミちゃんが最低1人混ざっているという設定になっています。視聴者は、恋愛リアリティーショーを楽しむと同時に、人狼ゲームのように、紛れ込んでいるオオカミちゃんを探し当てるという推理的要素が盛り込まれています。10代、特に女子中高生に人気を博しており、今回が第7シーズンになります。


これから見てみようと思っている方は、本編を見る前に、登場する11人の紹介インタビュー動画を見ることをお勧めします。それによって、各メンバーの特徴を予備知識として得ることができ、より本編に入りやすくなるかと思います。それでは、6人の女性について触れていきたいと思います。
ちなみに男性陣については、純粋に恋愛をするだけなので、必要な時にその都度触れていきたいと思います。

大原 梓

あずさは、19歳で、女優をやっています。10代にしては、落ち着いた雰囲気があり、丸顔で肌艶のよさから、やわらかくて優しい感じの印象を受けます。男性陣からの受けもよく、5人中、2人が、第一印象であずさを選んでいました。 第一印象であずさを選んだ男性は、とおるりょうすけの2人です。

ちなみにあずさは、第一印象ではとおるを選んでいました。

あずさについて気になった点は、垣間見せるアグレッシブさです。メンバー全員には、アトリエ作業をおこなうというミッションが与えられました。すると、あずさは、太陽LINEという、メンバー全員に通知がいくLINEを使い、ルークに対して、アトリエ作業前にいっしょに古着屋に行かないかとメッセージを送ります。このルークという男性、バーベキューの時にはあまり目立った行動がなく、あずさとも会話をしている様子がありませんでした。そういった観点から、あずさの目的はルークではなく、意中の相手である、とおる に対しての陽動作戦の可能性が高そうです。あるいは、オオカミちゃんとして、メンバー全員にゆさぶりをかけているのかもしれません。また、高校時代に服飾の勉強をしていたことから、アトリエ作業のリーダーをかってでています。オオカミちゃんが、後ろに引っ込んでいては役割をはたさないので、こういったアグレッシブな行動を垣間見せている点は、オオカミちゃんたるゆえんかもしれません。
あずさの、現段階でのオオカミちゃん度は、70%といった感じでしょうか。

スポンサーリンク

加藤 ナナ

ナナは、21歳で、モデルをやっています。
オランダ人と日本人のハーフということで、日本の男性的には、好みのわかれる顔立ちになるかと思います。身長も160cmとメンバーの中では2番目に低く、幼い印象を受けます。 残念ながら、男性陣の第一印象では、選ばれることはありませんでした。
ナナが第一印象で選んだ男性は、とおるでした。

ナナについて気になった点は、男性陣の距離感です。特徴的な顔立ちからか、第一印象で選ぶ男性がおらず、ちょっと距離感があるように感じました。それを象徴した例が、あみだでとおるとナナが2人で会話をする機会ができた時の、とおるの感じです。常に遠くを見ている感じで、たまにしかナナのほうを見ず、いかにも距離を置いているといった感じでした。ナナ自身も、そういった距離感のようなものは、うすうす感じているようにも思います。しかし、あずさの太陽LINEに対して、とおるも一緒に行きたいと言ったことからなのか、自分も一緒に行きたいといって、頑張っている感じは好感持てました。ただ、返信の最初に、ナナですと名前を入れているあたり、まだメンバーの輪に入り切れていない感が少しあるのかもしれません。個人的には、応援したい感じがします。
ナナの、現段階でのオオカミちゃん度は、10%といった感じでしょうか。

Hina

ヒナは、22歳で、アーティストをやっています。女性陣の中で最年長ということもあってか、お姉さんといった雰囲気を醸し出しています。顔立ちや、黒髪のロングヘアーからも、大人っぽい感じがします。誰とでもすぐに打ち解けて話ができる感じで、後輩に好かれそうなタイプです。そういった理由からか、第一印象で、ヒナを選んだ男性は、5人中、3人でした。第一印象でヒナを選んだ男性は、ルーク、コア、しょうたろうの3人です。このことからわかるとおり、男性陣は、あずさに2人、ヒナに3人と、完全に二分化してしまいました。

一方、ヒナが第一印象で選んだ男性は、話しやすさではしょうたろうだが、気になるのは、とおるということでした。

ヒナについて気になった点は、男性陣に対するウソの言動です。一番人気になるだけあって、りょうすけ以外の4人の男性と会話をしています。この会話の中で、「オオカミちゃんじゃないですよね?」と聞かれることが3回ありました。一度目は、ルークとの会話の時で、「オオカミちゃんじゃないです」、「絶対違います」と言っています。二度目は、しょうたろうとの会話の時で、「信じてくれますか」、「けどオオカミちゃんじゃないです、本当に」と言っています。実は、この二つの会話に、ウソの要素が含まれていました。ともに、オオカミちゃんであることを否定しているのですが、「絶対」「本当に」という単語が使われています。これらの単語は、ウソを人に信じさせたいときに、無意識に出てしまいがちな単語になります。ヒナは、あとでこのことに気づいたのかもしれません。あみだで再度、しょうたろうと会話をし、同じことを聞かれますが、この時は、「怖い?」と問いかけるだけで、否定しませんでした。余計なことを言わないように、注意したのかもしれません。
こういった観点から、ヒナの、現段階でのオオカミちゃん度は、90%といった感じでしょうか。

岡本莉音

りおんは、18歳で、モデルをやっています。ちょっと鋭い目の感じや身長の高さからか、年齢より大人っぽい感じがします。ただ、顔の張り具合いなどは、いかにも10代といった感じで、若さを感じます。積極的に複数の男性と話をしていたようですが、残念ながら、男性陣の第一印象では、選ばれることはありませんでした。りおんが、第一印象で選んだ男性は、とおるでした。

りおんについて気になった点は、落ち着きです。男性陣と2人で話をしているときの感じが、初対面とは思えないほど、落ち着いた感じで話をしていました。いまのところ、これといったアピールはなく、存在感はそれほどありませんが、もしもオオカミちゃんとして、場を乱していくのであれば、この落ち着きは武器になるように思います。
りおんの、現段階でのオオカミちゃん度は、20%といった感じでしょうか。

スポンサーリンク

松川菜々花

ななかは、21歳で、モデルをやっています。ちょっと垂れた感じの目と、小さい口の感じから、ふわっとした癒し系の感じがします。男性陣との会話から、あまり話しをするのが得意ではないような感じがしました。残念ながら、男性陣の第一印象では、選ばれることはありませんでした。ななかが第一印象で選んだ男性は、りょうすけでした。

ななかについて気になった点は、視線の動きです。オープニングの自己紹介の時から感じましたが、視線を上にそらすことが多いです。男性陣との会話の時にも、時折みられるしぐさでした。このしぐさは、ウソをついている時や、相手に興味がない時に、自然とでてしまうしぐさになります。ななかは、自分がオオカミちゃんであるがゆえに、このしぐさが自然とでてしまっているのかもしれません。ただ、視線を上にそらすのは、緊張した時にもよくでるしぐさなので、ななかが、単に緊張していただけという可能性もあります。 この先、場の雰囲気に慣れてきた時に、ななかの視線がどうなっているのか、注目したい ところです。ななかの、現段階でのオオカミちゃん度は、50%といった感じでしょうか。

莉子

りこは、17歳で、モデルをやっています。女性陣の中で最年少ということもあってか、子供っぽい感じがします。見た目や、笑った感じも、いかにも女子高生といった感じで、若々しさでは、メンバー 随一です。残念ながら、男性陣の第一印象では、選ばれることはありませんでした。りこが第一印象で選んだ男性は、コアでした。

りこについて気になった点は、幼さです。仕方のないことですが、どうしても幼い感じがしてしまいます。りこ自身も、そういったところが不利で不安だと言っています。自分から積極的に恋愛をするというよりも、男性陣が、自分を相手にしてくれるかどうかを気にしている感じです。そういったことからも、最初に話を聞いてくれたコアを第一印象で選んだのかもしれません。りこがオオカミちゃんの可能性は低そうですが、孤立した時に、男性陣のほうから寄ってきてくれるということがあるかもしれません。
りこの、現段階でのオオカミちゃん度は、5%といった感じでしょうか。

女性陣のオオカミちゃん度

あらためて、女性陣6人のオオカミちゃん度をまとめてみます。やはり、言動の観点から、ヒナ一番オオカミちゃんの可能性が高そうです。同じように、行動の観点から、あずさオオカミちゃんの可能性があります。ななかは、フィフティーフィフティーといった感じで、今後の視線の動き次第でどちらによっていくかきまるでしょう。りおんナナりこについては、現段階ではオオカミちゃんの可能性は低そうです。

以上、恋愛リアリティーショー「月とオオカミちゃんには騙されない#1 ヒナがウソをついた瞬間に」ついて考察してみました。考察要素はあまりないかと思っていましたが、そんなことはなく、結構楽しく見ることができました。第二回以降も、期待したいところです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です