ドラマ考察

2021年1月新ドラマ【君と世界が終わる日に】日本版ウォーキング・デッド、気になる2つの懸念材料

日曜、22時30分から日本テレビ系列で放送が開始されるドラマ【君と世界が終わる日に】について紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

イントロダクション

2021年1月17日から始まる新ドラマ、君と世界が終わる日に。公式サイトでは、このようなものが提示されています。

伏字の文章ですが、残っている部分をつなげると、ひとつの文章になります。イントロダクションによると、ゾンビサバイバル、ラブストーリー、ミステリー、3つが絡み合う、究極の人間ドラマということです。通信手段なし、逃げ場なし、生存確率0%、生ける屍に占拠された世界の最期を生き抜け、極限のサバイバルラブストーリーともうたっています。
まだ、ストーリーのあらすじ的なものは公開されていませんが、どうやら、日本版のウォーキングデッドといった内容のようです。楽しみな反面、パクリにならないか心配です。まあ、リメイクというわけではないので、24JAPANのようなことにはならないように思います。
イントロの中に、ミステリーというワードが入っていることから、考察要素を期待できそうな感じもします。放送時間帯が、あな番をやっていた時間帯なので、そういった意味でも期待したいです。

脚本はオリジナル

先ほども言ったように、リメイクというわけではなく、しかも、原作の小説や漫画が存在するものでもなく、オリジナルの脚本ということです。そうなると、脚本の内容次第といった感じになりますね。脚本を担当する池田奈津子さんが、過去に手掛けた作品は以下の通りです。

・アリスの棘 〇
・アルジャーノンに花束を
・砂の塔~知りすぎた隣人 〇
・東野圭吾 手紙
・真犯人  〇

〇をつけたドラマは見てました。どれも、最後に真犯人が明かされ、伏線を回収していくという、オーソドックスなミステリーといった感じでした。
原作が存在しない分、よけいなしがらみもないので、それがいい方向にいってほしいところです。

スポンサーリンク

キャスティング

現在、公式サイトで公開されている相関図は、このようになっています。

でました、笹野さん。ニッポンノワールやテセウスの船で、お世話になりました。今回は、黒幕でしょうか、それともミスリード要員でしょうか。
若い女性が2人だけというのも気になります。サバイバルな展開から、未知の出会いも増えてくると思うので、途中から登場するキャラも結構いそうな気がします。
他のキャストで、なじみのある人は、滝藤さんとマキタスポーツさんぐらいなので、よけいな先入観なしで見られるような感じがします。

気になる2つの懸念材料

ドラマ的に期待できそうな感じがする反面、気になる懸念材料が2つ存在します。
1つは、主演の竹内涼真さんの好感度です。

女性問題や、金銭トラブルで、いろいろ騒がれていますが、その辺がドラマに影響出ないかどうか心配です。テセウスの船では、かなりお世話になったので、頑張ってほしいところです。

もう1つは、「続きはHuluで」を先告知している点です。
このドラマは、シーズン1として10話までを地上波で放送し、シーズン2として6話を、Huluで公開するということです。Hulu商法の先告知、これはまずいです。おそらく、そのせいで、最初から見るのをやめるという人が結構いそうな感じがします。
あな番の時には、扉の向こう見たさに、契約する人結構いましたが、今回はどうでしょう。シーズン1が失敗すれば、シーズン2も共倒れとなるので、そのリスクを承知で先告知しているということは、それだけドラマに自信があるのかもしれません。

以上、「ドラマ【君と世界が終わる日に】日本版ウォーキング・デッド、気になる2つの懸念材料」について紹介してみました。
他にも、2021年からの新ドラマで、考察が期待できそうなドラマがありましたら、紹介していきたいと思います。危険なビーナスの後番組なんかは、予告動画を見た感じでは、コメディーっぽい感じがしたので、どうなのかという感じですが、もう少し情報を入手してみたいと思います。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です