アオイウソ~告白の放課後~

マーダーミステリードラマ【アオイウソ ~告白の放課後~】-第2話考察- 1人だけ、ゲームを楽しんでいる人物が存在する

火曜、23時30分から東京MXで放送されているドラマ、【アオイウソ ~告白の放課後~】の、第2話で気になった点について考察してみたいと思います。
東京ローカルですが、放送後にユーチューブで配信されていますので、以下からご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

前田正臣

第1話で、開示されたカードの内容から、最初に犯人候補としてつるし上げられたのは、前田正臣でした。

カードについては、いろいろと釈明していました。それでは、それぞれのカードについて、見てみましょう。
まず、盗撮のカードですが、正臣は自分ではないと言っていました。

真偽は別として、そもそもが、正臣の性癖に関する内容であって、穂乃果の事件に直結するような内容の物ではないです。間接的に関わっている可能性はありますが、話の展開の中で、結構あっさりスルーされてしまっていたので、現段階では、証拠としての効力は低いと思います。

次に、正臣の指紋のカードですが、これは、過去の回想の中で、明らかになりました。

正臣と穂乃果が、階段のところで話をしている時に、しっかり触れていました。つまり、突き落とした時に着いたというものではないので、このカードの証拠としての効力はないと言っていいでしょう。
ちなみに、考察をしていくうえで、学校での回想シーンは、フェイクではなく、全て真実と解釈していくつもりです。ここにフェイクがあると、収集つかなくなる恐れがあります。

そして、今回新たに開示されたカードは、血のついた犬の首輪でした。

犬は、正臣の飼っていた犬のようですが、血の付き方から、外傷をおったような感じなので、事故にあったのかもしれません。
そのあと、封筒の中を覗き込んでいるシーンと、何かを握り締めているシーンが存在しました。

ここで振り返っておきたいのが、正臣と穂乃果の会話です。穂乃果は、「そのお金、全部返してあやまって」、と言っていました。

これらを総合すると、こんな感じでしょうか。
正臣の犬が、誰かによって死に至らしめられた。正臣は、そのことをネタに、誰かから金をせしめていた。そのことを知った穂乃果が、お金は、その誰かに返して謝るよう、正臣を諭した。
あの、握っていた物が何なのかがよくわかりませんでしたが、もし、隠しカメラだったとしたら、盗撮の件で、逆に金をむしり取られていたとも考えられます。犬のことで、そこまでいろいろ追い込まれるというのもどうかとは思いますが、現段階では、穂乃果の事件とは、直接的な因果関係はなさそうな感じがします。

小野春人

正臣が、追い込まれた時に、日和が、事件当時の状況を整理しようと言って、割り込んできました。この直前、楠島が、日和に耳打ちしているのですが、このことを言えと言っていたのでしょうか。はっきりとはわかりませんが、そんな感じに見えました。

そして、話の中で、春人が事件直前に、穂乃果と会って、話をしていたことがわかりました。

ここで、春人のカードが開示されます。穂乃果からの呼び出しメッセージについて書かれていました。

その、視聴覚室での会話がこの通りです。「全部わかっちゃった、私、本人のためにも、きちんと解決すべきだと思う。」この会話の時、穂乃果は、小説の原稿を持っているように見えます。

そうなると、日和に関係することでしょうか。考えられるとすれば、穂乃果が書いた小説の内容を、春人が日和に横流ししていたのではないでしょうか。春人は、穂乃果の小説を読んでいますし、さりげなく日和に話せば、日和も、盗作という意識は持たないでしょう。
これも、現段階では何とも言えませんが、もしこれが事実なら、穂乃果に直接関わってくることなので、因果関係が成立します。

そして、春人は、日和のカードを開示します。

日和については、第3話に続く形になったので、次回、考察したいと思います。

スポンサーリンク

1人、ゲームを楽しんでいる人物

第2話では、正臣と春人がメインとなりましたが、この流れの中、1人だけ、ゲームを楽しんでいる感じの人物が存在しました。それは、田中翔です。
まず感じたのが、要所で、楽しそうな顔をして、相手の顔色をうかがっているように見えました。

いかにも、ゲームを楽しんでいるといった表情をしています。
そして、春人が追い込まれた時に、一言こう言います。「仕込んでますみたいなこと言ってるけど、今、春人のターンだからな。」
春人のターンって、友達が深刻な状況の中、話をしているのに、1人、ゲームをしているみたいな言い回し、ちょっと、違和感感じます。捉え方によっては、自分が犯人で、みんなが、疑心暗鬼の中言い争う姿を、ゲーム感覚で楽しんでいるともとれます。キャラ的に、そういう立ち位置なのかもしれませんが、ちょっと、嫌な感じがします。

相関図

第2話の考察内容を踏まえた相関図です。

もしかして、穂乃果は、全員の秘密を知っているのでしょうか。

以上、「マーダーミステリードラマ【アオイウソ ~告白の放課後~】-第2話考察- 1人だけ、ゲームを楽しんでいる人物が存在する」について考察してみました。
カードについて素朴な疑問なんですが、全部で何枚あるのでしょう。1人2枚までといっているので、12枚以上はあると思いますが、開示されないカードが多くなりすぎるのもあれなので、20枚ぐらいでしょうか。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です