ドラマ考察

ドラマ【先生を消す方程式。】第1話ワンショット考察 義経に協力しているのは私です

土曜、23時からテレビ朝日系列で放送されているドラマ【先生を消す方程式。】について、第1話の土下座のシーンで気になった点がありましたので、ワンショット考察してみたいと思います。
ちなみに、ワンショット考察とは、1つの事柄のみを取り上げる、ショート考察のことです。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

義経に協力しているのは私です

SNSジョーでは、Equation3dというインスタグラムのアカウントが話題となっています。どうやら、帝千学園、3年D組の生徒のようなのですが、いったい誰なのでしょう。
言葉遣いや、文面的に、あの4人組の誰かのように見えますが、アップされている動画を見た感じでは、どうやら、違う人物のようです。例の土下座を撮影していますが、教室の隅に仕掛けられたスマホとは、別のアングルです。

手前に、髪の長い女子生徒と、スポーツ刈りが伸びかけた男子生徒が映っていることから、廊下側の列の一番後ろから撮られているということがわかります。つまり、この席に座っている人物、玉木譲が撮影しているということになります。

おそらく、Equation3dは玉木でしょうが、そうなると、玉木は、あの4人組の仲間ということになるのでしょうか。

おそらく、それはないでしょう。むしろ逆で、義経側の協力者だと思われます。その一番の根拠は、カメラのアングルです。
義経は、1か所だけ色が違うカーペットの部分で、土下座をしています。この位置で土下座をすると、ちょうど、玉木の席から撮影しやすいアングルになります。

おそらく、床は、タイルカーペットを並べていると思われますが、部分的に色が違うということはよくあります。床下に、LANや電源の配線がしてあり、ハブや電源タップがある位置をわかりやすくするため、その部分だけ色違いのカーペットを置くことがあります。義経と玉木は、それを利用し、撮影がしやすくなるあの位置で土下座をするよう、示し合わせていたと思われます。
そうなると、あのインスタには、どういう意味があるのでしょうか。
現状、なんとも言えませんが、4人組を模していることや、3年D組の生徒は全員フォローすることと言っていることから、生徒全員を掌握するための、義経の策ではないでしょうか。

このインスタに関しては、今後の投稿に注目といった感じです。

以上、「ドラマ【先生を消す方程式。】第1話ワンショット考察 義経に協力しているのは私です」について考察してみました。
原作者の話では、今後、想像もつかない展開が待ち受けているようなので、細かい点を見逃さないよう考察をしていきたいと思います。
ツイッターの予告動画で、暗号が提示されたりしていますが、個人的に、暗号は好きではないので、こちらはみなさんにお任せします。あと、アベマプレミアムで配信されている、頼田朝日の方程式については、見ていないため、情報を頂ければと思います。

スポンサーリンク

POSTED COMMENT

  1. アバター あかさたなはまやらわ より:

    こんばんは。静と義経のシーンが仮に、10年前だとすると、静は頼朝の担任か、教えていたのでは?と思いました。スピンオフで頼朝が話していたABCの3人のうちBは頼朝では?と想像しました

    • コメントありがとうございます。
      時系列が明確になっていないので、その可能性もあるかもしれません。
      今後も考察していきますので、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です