ドラマ考察

ドラマ【漂着者】第8話考察 これはダメ、あなた、これまで一度も登場していないでしょ!!

金曜、23時15分からテレビ朝日系列で放送されているドラマ【漂着者】の第8話で気になった点、というか、女児連続誘拐事件について、ワンショット考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

あなた、これまで一度も登場していないでしょ

佐々木課長の娘を誘拐した人物は、どうやら、和菓子屋の女将、関川ふみだということがわかりました。

和菓子屋の女将、関川ふみって、今までに登場してましたっけ?
制作側は、ミステリーではやってはいけない、おきて破りをしてくれました。これまでに一度も登場していない人物が真犯人という落ちは、ミステリーでは一番やってはいけない手法のひとつです。
おそらく、深見が主犯で、ふみが協力をしたという形だとは思います。

その場合、深見が店に饅頭を買いに来るというワンシーンでもあれば、多少、救われますが、そういったシーンもなく、いきなり第8話で登場、私が犯人でしたは、まずいです。女児連続誘拐事件に関して、ミステリー的な観点で見ていた視聴者を、バカにした結末でした。

さらにひどかったのが、足を引きずっていた警官の正体も、ふみだったということです。

あんなばあさんが、警官の格好をして、足を引きずりながら歩いていたら、絶対に覚えている目撃者がいるはずです。違和感丸出しで、下手したら、通報されかねないレベルのコスプレ感でした。
ヘミングウェイの予言についても、やる気のなさを感じました。

最後は、新谷に、一つ戻ってみろと、口頭で伝言しただけでした。

おそらく、最終回は、ヘミングウェイとテロの部分がメインになるので、こちらのほうは、深見が主犯だとわかる程度で、これ以上、深彫りされることはないでしょう。
ヘミングウェイの正体や、これまで起こってきたことについては、オカルト的な要素なので、そういうことなんだと、納得するしかありませんが、女児連続誘拐事件に関しては、あまりにも雑な結末で、残念な感じでした。

以上、「ドラマ【漂着者】第8話考察 これはダメ、あなた、これまで一度も登場していないでしょ!!」について、考察してみました。
最終回後に、動画をあげるかどうかわかりませんので、ここでお礼の挨拶をさせていただきます。これまで、ドラマ、漂着者の考察をご覧いただきありがとうございました。10月からも、秋元康氏原案の、ドラマ、真犯人フラグの考察を予定していますので、引き続きよろしくお願いします。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です