漫画

全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第1位

金田一少年の事件簿の、全部で47存在する、長編エピソードを、独断と偏見によって、ランキング化し、上位10エピソードをベスト10、下位10エピソードをワースト10として紹介したいと思います。
今回は、ベスト・ワーストランキング、第1位の発表です。

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

長編エピソード 全47ファイル

金田一少年の事件簿で、短編ものや、明智警視が主役の物を除いた、長編エピソードは、この47ファイルになります。

File.01 オペラ座館殺人事件
File.02 異人館村殺人事件
File.03 雪夜叉伝説殺人事件
File.04 学園七不思議殺人事件
File.05 秘宝島殺人事件
File.06 悲恋湖伝説殺人事件
File.07 異人館ホテル殺人事件
File.08 首吊り学園殺人事件
File.09 飛騨からくり屋敷殺人事件
File.10 金田一少年の殺人
File.11 タロット山荘殺人事件
File.12 蝋人形城殺人事件
File.13 怪盗紳士の殺人
File.14 墓場島殺人事件
File.15 魔術列車殺人事件
File.16 黒死蝶殺人事件
File.17 仏蘭西銀貨殺人事件
File.18 魔神遺跡殺人事件
File.19 速水玲香誘拐殺人事件
File.20 魔犬の森の殺人
File.21 銀幕の殺人鬼
File.22 天草財宝伝説殺人事件
File.23 雪影村殺人事件
File.24 露西亜人形殺人事件
File.25 怪奇サーカスの殺人
File.26 金田一少年の決死行
File.27 吸血鬼伝説殺人事件
File.28 オペラ座館・第三の殺人
File.29 獄門塾殺人事件
File.30 雪霊伝説殺人事件
File.31 黒魔術殺人事件
File.32 剣持警部の殺人
File.33 錬金術殺人事件
File.34 ゲームの館殺人事件
File.35 人喰い研究所殺人事件
File.36 香港九龍財宝殺人事件
File.37 薔薇十字館殺人事件
File.38 雪鬼伝説殺人事件
File.39 亡霊校舎の殺人
File.40 狐火流し殺人事件
File.41 蟻地獄壕殺人事件
File.42 吸血桜殺人事件
File.43 人形島殺人事件
File.44 黒霊ホテル殺人事件
File.45 白蛇蔵殺人事件
File.46 聖恋島殺人事件
File.47 金田一二三誘拐殺人事件

便宜上、下位10エピソードをワースト10と言っていますが、決して、駄作という意味ではないので、その辺は、ご了承ください。考察をおこなっている、金田一37歳の事件簿については、金田一の立ち位置の違いや、主要キャラが違うという点で、今回は、対象外とさせてもらいました。
それでは、今回は、ベスト1位と、ワースト1位を発表したいと思います。

ベストエピソード 第1位

ベストエピソード 第1位は、File.30「雪霊伝説殺人事件」です。

雪山の山荘で起こる、クローズドサークルミステリーとオーソドックスなエピソードですが、まさか1位と思っていなかった方も多いのではないでしょうか。
まず、このエピソードの面白い要素として、双子の存在があげられます。ミステリー小説でも、双子が登場する作品がいくつかありますが、大概、一人二役か、二人一役といった観点に集約されてしまいます。ノックスの十戒という、ミステリーのルール的なものの中にも、双子は事前に周知しておかなくてはいけないというのがあります。このエピソードでも、堂崎が双子であることが最初に知らされており、序盤の展開では、二人同時に登場したシーンが存在しないことなどから、一人二役ではといった感じが伺えました。

実際に、一志のほうが、一人二役をしていたわけですが、このエピソードのおもしろいところは、一志は、次生が存在しないと思って一人二役をやっていたのに、実は次生が存在していたという点です。しかも、これだけにとどまらず、次生が真犯人、黒沼と協力して、二人一役を演じていたという、3重の仕掛けが施されていました。

別に黒沼という真犯人が存在し、かといって、堂崎兄弟も、ミスリードというわけでもなく、黒沼と次生のほうだけが協力関係にあったという、かなり複雑な関係でした。その複雑さを解き明かすのが、ミステリーの醍醐味であり、ルール違反もなく、しっかりと関係性を描いていた点がすばらしかったです。

そして、この複雑な関係性を利用し、金田一に間違った推理をさせたという点も、このエピソードならではの面白い要素でした。

金田一が、頭下げて詫びてました。

このことによって、エピソード中盤で、かなりの盛り上がりを見せていました。そういった意味でも、黒沼の計画は、ある意味、完ぺきだったと思います。

本来なら、犯行上のミスや、犯人の失言から、真犯人を特定していきますが、今回は、ダイイングメッセージだけで犯人を決め打ちして、そこから推理してました。

この、ダイイングメッセージがなければ、黒沼を犯人と特定する要素は、他にはなかったでしょう。逆に言えば、そのために、ひまわりというヒントが直接すぎたとも言えますが、作者としても、苦肉の上でのヒントといった感じだったのではないでしょうか。

それだけ、黒沼の犯行が完璧だったということです。

トリックという観点では、やはり、黒沼と堂崎兄弟による、一人二役、二人一役に尽きます。瀬倉殺害の密室死体消失トリックについては、灯油タンク、鉄格子といった固有名詞がクローズアップされていたので、ある程度見えていた感じがします。

「魔術列車殺人事件」の団長の事件に似た感じもありました。バラバラにして運ぶという点では、パクリとも取れるかもしれません。

黒沼は、全部、次生のせいにして逃げ切ろうとしましたが、最終的には、指紋が決め手となりました。

黒沼自身の指紋ではなく、二人一役をやっていた時の次生の指紋だというのがおもしろいところですが、「オペラ座館・第三の殺人」、「獄門塾殺人事件」と、同じように指紋を決めてとしていたので、3連続はちょっといただけない感じがします。

犯行の動機は、雪山で、緊急避難と称して荷物を奪われ死んでしまった恋人の復讐でした。

動機事態は、ありがちなものでしたが、復讐計画の途中で、堂崎兄弟のいざこざを目撃し、それを今回の計画に利用するといった点は、他のエピソードにはなかったように思います。

もう一つ触れておきたいのは、雪霊タカハシのエピソードについてです。

金田一シリーズでは、ストーリーになぞらえた肩書のようなものが付いていますが、今回の雪霊タカハシについては、プロローグとエピローグでエピソードを盛り込んだことで、ストーリー上、より意味のある存在になっていたように思います。

ということで、一人二役と二人一役の巧妙さと、それにまんまと騙された金田一が印象に残っており、ベスト1位にしてみました。ベスト3にランキングしたエピソードは、第一期が終了して、3年後、第二期が始まった、最初のころのものになります。そういう意味では、作者も気合が入っていたように思われ、おもしろいエピソードが続いたのかもしれません。

スポンサーリンク

ワーストエピソード 第1位

ワーストエピソード 第1位は、File.44「黒霊ホテル殺人事件」です。

このエピソードがワーストな最大の理由は、第3位の「ゲームの館殺人事件」と同様、単純に話がおもしろくなかったことです。別の言い方をすると、あまり印象に残っていないという感じもしました。
黒霊ホテル殺人事件と聞いて、どんなエピソードだったろうと思うかたも、結構いるのではないでしょうか。印象に残っていないというのは、ある意味、酷評されるよりワーストと言えるかもしれません。わたしも、うっすらと、面白くなかったという思いがあるだけだったので、あらためて読み直してみましたが、内容的にも気になる点がいくつかありました。
まず、9人もの人物を登場させていながら、問題編4話、回答編2話という、短編並みの内容に終始していた点です。

短かったせいで、内容は薄かったですし、2つ目の事件では、犯人の志月しか関与していないので、残りの多くは完全にモブ化していました。これでは、手抜きと捉えられても文句の言いようがありません。この、カメラマンの光山の顔なんか、いかにも手抜きして書いたといった感じの顔です。
さらに、こういった部分をごまかすかのように、意味もなく速水玲香を登場させているのも、安易にお茶を濁している感じでした。

ここまで来ると、制作側が本来想定していたことができなくなるようなトラブルでも起こったのではないかと想像してしまいます。体調不良か何かだったのでしょうか。

トリック的な観点でも、ブレーカーを落とすという点では、手動、自動の違いがありますが、「黒魔術殺人事件」でも使っているトリックなので、ある意味、パクリのような感じでした。

屋根裏でいろいろ 配線を仕掛けていたのは、トリックっぽい感じではありましたけど・・・。

部屋番号のトリックも、よく言えば、名探偵コナン的、悪く言えば、ちゃちな 手品の種明かしといった感じです。

先ほども触れましたが、この犯行のなかで、登場しているのが志月一人というのは、ちょっといただけません。

犯行の動機は、いじめによって、自殺に追い込まれた息子の復讐でした。

ちょっと逆恨みな感じもしますが、それよりも驚いたのは、撮影を最後まで続けさせていたということです。しかも、ロードショー公開までしており、この終わり方も、ワーストに入れた要因の一つです。

そして、ゲームの館 殺人事件でも触れましたが、このエピソードも、キャラのフォルムが著しく変化していて、速水玲香などは、完全に5頭身キャラになっていました。

このエピソードは、「人形島殺人事件」の次に書かれたもので、間隔が1か月と短いものでした。他のエピソードは、3か月くらい開けていたので、その辺、いろいろとしがらみがあったのかもしれません。

これまでのベスト・ワーストエピソードTop10

これで、すべてのランキングが出そろいました。
時期的な観点で見ると、ベスト3は固まりましたが、まんべんなく選ばれているといった感じです。それだけ、長い間、おもしろい作品を提供し続けているという、あらわれではないでしょうか。
内容的な観点で見ると、犯人が優秀で、綿密に練った計画を完璧にこなしていくのが好きなので、そういったエピソードがベストに選ばれています。
逆に、そういった要素がなく、単調なものや、トリック的な小細工に走ったエピソードが、ワーストに選ばれた感じです。
20のエピソードについて語りましたが、まだ、半分以上となる、27エピソードも残っているので、機会があれば語りたいと思います。もし、そういった要望があるようでしたら、TwitterやYoutubeのほうでコメントいただければと思います。

視聴者投稿による、ベスト・ワーストランキングTop10

コメントいただいた、視聴者のベスト、ワーストランキングの集計結果です。集計方法は、単純に、1位のエピソードには10点、2位には9点といった形でポイントをつけ、その合計でランキング化しました。
ベストエピソード第1位は、「薔薇十字館殺人事件」、ワーストエピソード第1位は、「剣持警部の殺人」でした。
ベスト1位は納得ですが、ワースト1位は意外でした。ベストについては、「薔薇十字館殺人事件」は、1位にした人はいませんでしたが、多くの人が上位にランキングさせていました。ワーストについては、「剣持警部の殺人」以下、3位までは、上位に指名した人が多く、ほぼ差がない状況でした。「金田一 少年の決死行」が意外に人気だったのと、「速水玲香誘拐殺人事件」が、ベストとワースト両方に入っているのもおもしろい結果でした。
コメントくださったみなさん、ありがとうございました。

以上、「全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第1位」について考察してみました。
週一ペースでの投稿でしたが、長い間お付き合い いただきありがとうございました。先ほど言ったように、残りのエピソードについても触れていく企画を実施するかもしれません。また、金田一37歳の事件簿についての考察も、継続しておこなっていきますので、そちらもよろしくお願いします。

金田一少年の事件簿が読みたい方は
U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めます

U-NEXTでイブニングを無料で読む

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です