漫画

全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第3位

金田一少年の事件簿の、全部で47存在する、長編エピソードを、独断と偏見によって、ランキング化し、上位10エピソードをベスト10、下位10エピソードをワースト10として紹介したいと思います。
今回は、ベスト・ワーストランキング、第3位の発表です。

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

長編エピソード 全47ファイル

金田一少年の事件簿で、短編ものや、明智警視が主役の物を除いた、長編エピソードは、この47ファイルになります。

File.01 オペラ座館殺人事件
File.02 異人館村殺人事件
File.03 雪夜叉伝説殺人事件
File.04 学園七不思議殺人事件
File.05 秘宝島殺人事件
File.06 悲恋湖伝説殺人事件
File.07 異人館ホテル殺人事件
File.08 首吊り学園殺人事件
File.09 飛騨からくり屋敷殺人事件
File.10 金田一少年の殺人
File.11 タロット山荘殺人事件
File.12 蝋人形城殺人事件
File.13 怪盗紳士の殺人
File.14 墓場島殺人事件
File.15 魔術列車殺人事件
File.16 黒死蝶殺人事件
File.17 仏蘭西銀貨殺人事件
File.18 魔神遺跡殺人事件
File.19 速水玲香誘拐殺人事件
File.20 魔犬の森の殺人
File.21 銀幕の殺人鬼
File.22 天草財宝伝説殺人事件
File.23 雪影村殺人事件
File.24 露西亜人形殺人事件
File.25 怪奇サーカスの殺人
File.26 金田一少年の決死行
File.27 吸血鬼伝説殺人事件
File.28 オペラ座館・第三の殺人
File.29 獄門塾殺人事件
File.30 雪霊伝説殺人事件
File.31 黒魔術殺人事件
File.32 剣持警部の殺人
File.33 錬金術殺人事件
File.34 ゲームの館殺人事件
File.35 人喰い研究所殺人事件
File.36 香港九龍財宝殺人事件
File.37 薔薇十字館殺人事件
File.38 雪鬼伝説殺人事件
File.39 亡霊校舎の殺人
File.40 狐火流し殺人事件
File.41 蟻地獄壕殺人事件
File.42 吸血桜殺人事件
File.43 人形島殺人事件
File.44 黒霊ホテル殺人事件
File.45 白蛇蔵殺人事件
File.46 聖恋島殺人事件
File.47 金田一二三誘拐殺人事件

便宜上、下位10エピソードをワースト10と言っていますが、決して、駄作という意味ではないので、その辺は、ご了承ください。考察をおこなっている、金田一37歳の事件簿については、金田一の立ち位置の違いや、主要キャラが違うという点で、今回は、対象外とさせてもらいました。
それでは、今回は、ベスト3位と、ワースト3位を発表したいと思います。

ベストエピソード 第3位

ベストエピソード 第3位は、File.29「獄門塾殺人事件」です。

このエピソードは、好きなファンも多いんじゃないでしょうか。決死行以来の、明智、高遠、両キャストが出演のオールキャストエピソードです。ただ、決死行とは違い、ミステリーとしてかなり練りこまれており、2人のキャラも十分に生きたエピソードとなっていました。

このエピソードのおもしろさの1つは、やはり、1つの建物内で、別々のグループがはち合わせることなく行動していたという点でしょう。まさに、スケール感と綿密さを併せ持ったトリックといった感じでした。

金田一と明智が、それぞれ、自分のいるグループ内で推理を展開させつつ、最終的な推理フェーズで、2人の推理をかみ合わせるといった構成もとてもよかったです。

明智警視の存在感がありましたし、美雪が、金田一側ではなく、明智側のグループに入っているというのも、面白い設定でした。

トリック的な観点では、ターゲットを教室から出させるといった同じ観点で、それぞれ違ったトリックが使われていたという点はうまくまとまっていたように思います。とくに、絵波に仕掛けたトリックは、ありそうで、なかった発想でした。全員に毒をもっておいて、そばアレルギーのある絵波以外は、解毒剤が入ったお茶を飲むといったトリックです。

こういうケースは、どうやってターゲットだけに毒をもったのかという方向に行きがちですが、そこを逆手にとっていて、おもしろかったように思います。1人だけ小テストを簡単にしたり、カンニングを疑わせたりというのも、うまく仕掛けていましたし、カンニングのほうは、気づかせるために転がした消しゴムが、犯人特定の示唆になっていました。

遺体を川から流すというトリックは、ある程度見え見えの感じがありましたが、足元を濡らしてしまったというミスを、見立て殺人に見せるという方法でカバーした点はうまかったように思います。

フーダニットの観点では、墓場島殺人事件、怪奇サーカスの殺人に次いで、3度目の共犯でした。今回の場合、中盤で、氏家が犯人であることを明かしつつ、共犯はだれかといったスタンスで展開していったので、ちょっと感じが違いました。

個人的には、氏家が犯人であることを明かさなくても、話が複雑になることはなかったので、そのまま伏せておいてもよかったように思います。そうすれば、単独犯か共犯かという観点で、推理の幅が広がったかもしれません。

一方、共犯の濱ですが、こちらを追い込む決め手となった要素は、ちょっと弱かったように思います。
近衛が、ダイイングメッセージで、濱と書きかけていました。確かに、一本棒を書き加えれば、濱と読めるのですが、言い逃れ可能なレベルの証拠に感じました。

鯨木の騒ぎも、実は気づいていたけど、関わりたく なかったので無視したと言いかえれば済む話です。

濱を追い込む要素として、もうすこし強い証拠がほしかったところです。
逆に、指紋の決め手については、まさにとっておきの証拠といった感じでした。美雪に手袋をはめさせて、指紋が付かないようにしていた、あれです。

刑事コロンボのファンなら、「2枚のドガの絵」を、オマージュしていると感じたかたもいるのではないでしょうか。

犯行の動機は、氏家は、息子の復讐、そして、濱は、自分に藍野が死ぬよう手引きした連中への恨みと復讐でした。

ただ、濱は、藍野と話もせずに、奴らの言うことを信じて、薬をすり替えるというのは、かなり軽率な行動だったと思います。
たしかに、そういった点では、恨みや復讐による犯行というよりは、自責の念を高遠に利用された、悲しき犯行といったほうがよいのかもしれません。

スポンサーリンク

ワーストエピソード 第3位

ワーストエピソード 第3位は、File.34「ゲームの館殺人事件」です。

このエピソードがワースト3に入ったのは、単純に、話が面白くなかったというのが最大の理由です。たしかに、ここがよかったという点をあげろといわれても、特にありませんと答えるしかない感じです。

細かい点を見ていくと、まず、ゲームの館というタイトルから、トリッキーで面白い仕掛けを想像したのですが、実際に行われたのは、クイズと知恵の輪、そしてちゃちな宝探しだけという、なんともお粗末なゲームの館でした。

エチケットという、言葉のトリックも、いまいちピンときませんでした。私自身、ワインのラベルのことを、エチケットというとは知りませんでした。しかし、知らないが故、トリックとして明かされても、それは知りませんでしたといった感じで、驚嘆する感じにはなりませんでした。

カップ麺のシーンも、トリックなのか何なのかよくわからないうちに過ぎてしまったという感じでした。3分後に溶ける毒のカプセルが仕込まれていたのですが、毒味をするのであれば、先にカップの中を確認すればいいだけのように思いました。

しかも、カップ麺が、麦林から生馬、そして梢と渡っていたことから、これが毒入りで、最初に渡した麦林が犯人だということが、この時点で想像できてしまいました。獄門塾の毒のトリックに比べると、ちょっとチープなかんじでした。

あとは、これといって触れることはないのですが、どうでしょう。3Dメガネを使って、見える画像を操作したというのは、目新しかったのではないでしょうか。

犯行の動機は、志保の遺産が目当てでした。麦林の娘である梢が、生馬と異母兄弟であることを知り、梢に遺産が転がり込むように殺害していったということです。金田一シリーズではめずらしい、金目当ての犯行でした。

最後に、もう一つだけ触れておきたいことがあります。ストーリーとは関係ないのですが、キャラのフォルムが、これまでと全然違っていて、とても違和感を感じた点です。

金田一や美雪が、なんだか小さくなっていて、子供みたいになっていました。体のサイズが6頭身ぐらいになっており、一瞬、中学生時代のエピソード化と思いました。もしかして、別の人が書いた、あ。

これまでのベスト・ワーストエピソードTop10

ご覧いただいたみなさんの、ベスト・ワーストランキングを、TwitterやYoutubeのほうでコメントいただければと思います。いただいたランキングをポイント化して、集計ランキングを出そうと思います。

以上、「全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第3位」について考察してみました。
日曜に、新ドラマが始まり、そちらを優先で考察するため、ベスト、ワーストランキングは、火曜か水曜の投稿となりますので、ご了承ください。次回は、第2位について紹介したいと思います。

金田一少年の事件簿が読みたい方は
U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めます

U-NEXTでイブニングを無料で読む

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です