漫画

全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第6位

金田一少年の事件簿の、全部で47存在する、長編エピソードを、独断と偏見によって、ランキング化し、上位10エピソードをベスト10、下位10エピソードをワースト10として紹介したいと思います。
今回は、ベスト・ワーストランキング、第6位の発表です。

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

長編エピソード 全47ファイル

金田一少年の事件簿で、短編ものや、明智警視が主役の物を除いた、長編エピソードは、この47ファイルになります。

File.01 オペラ座館殺人事件
File.02 異人館村殺人事件
File.03 雪夜叉伝説殺人事件
File.04 学園七不思議殺人事件
File.05 秘宝島殺人事件
File.06 悲恋湖伝説殺人事件
File.07 異人館ホテル殺人事件
File.08 首吊り学園殺人事件
File.09 飛騨からくり屋敷殺人事件
File.10 金田一少年の殺人
File.11 タロット山荘殺人事件
File.12 蝋人形城殺人事件
File.13 怪盗紳士の殺人
File.14 墓場島殺人事件
File.15 魔術列車殺人事件
File.16 黒死蝶殺人事件
File.17 仏蘭西銀貨殺人事件
File.18 魔神遺跡殺人事件
File.19 速水玲香誘拐殺人事件
File.20 魔犬の森の殺人
File.21 銀幕の殺人鬼
File.22 天草財宝伝説殺人事件
File.23 雪影村殺人事件
File.24 露西亜人形殺人事件
File.25 怪奇サーカスの殺人
File.26 金田一少年の決死行
File.27 吸血鬼伝説殺人事件
File.28 オペラ座館・第三の殺人
File.29 獄門塾殺人事件
File.30 雪霊伝説殺人事件
File.31 黒魔術殺人事件
File.32 剣持警部の殺人
File.33 錬金術殺人事件
File.34 ゲームの館殺人事件
File.35 人喰い研究所殺人事件
File.36 香港九龍財宝殺人事件
File.37 薔薇十字館殺人事件
File.38 雪鬼伝説殺人事件
File.39 亡霊校舎の殺人
File.40 狐火流し殺人事件
File.41 蟻地獄壕殺人事件
File.42 吸血桜殺人事件
File.43 人形島殺人事件
File.44 黒霊ホテル殺人事件
File.45 白蛇蔵殺人事件
File.46 聖恋島殺人事件
File.47 金田一二三誘拐殺人事件

便宜上、下位10エピソードをワースト10と言っていますが、決して、駄作という意味ではないので、その辺は、ご了承ください。考察をおこなっている、金田一37歳の事件簿については、金田一の立ち位置の違いや、主要キャラが違うという点で、今回は、対象外とさせてもらいました。
それでは、今回は、ベスト6位と、ワースト6位を発表したいと思います。

ベストエピソード 第6位

ベストエピソード 第6位は、File.12「蝋人形城殺人事件」です。

47エピソードの中でも、一番スタンダードな、クローズドサークルミステリーと言ってもいいかもしれません。アガサ・クリスティーやエラリー・クイーン、日本では、綾辻行人、有栖川有栖など、ミステリーの王道とされる、クローズドサークル。個人的に、このクローズドサークルミステリーが好きだというのも、ベストエピソードに選んだ理由の一つです。
エピソードの内容的な観点でいうと、犯人の頭がよく、全ての犯行が綿密に練られており、それらをすべて完璧にこなしている点です。第8位の、聖恋島殺人事件と同じような理由です。
まず、事前準備として、人形の死体が見つかったら部屋で本人も死んでいるという、心理的な刷り込みをしている点。

それによって、リチャードの人形の死体を見た金田一達を、真っ先にリチャードの部屋に向かわせることに成功しています。そして、その時に、犯人自ら、リチャードの人形に成りすましているという、大胆な行動にも出ています。

ここでばれたら終わりですので、心理操作は冷静に、行動は大胆にといった感じでしょうか。

大胆な行動の中にも、電気の証明ではなく、蝋燭にして部屋を暗くすることで、人形の成りすましを気づかれにくくしたり、成りすまし用の蝋マスクを燃やした時の消臭効果を持たせるなど、細かい点にも抜かりがありません。

さらに、蝋人形だとすぐわかるように、わざと雑な作りにしておいたこと、人形の成りすましをすぐに溶けるように、衣装をマントにしたことも、犯人の計算によるものでした。

こういった完璧な計画の中にも、人形に杭が打ち付けられていなかったことや、犯人が常に最後に現場に現れるといった、さりげない伏線が盛り込まれていたこともよかったように思います。
しかし、これだけ完璧に計画しても、結局、バレちゃいます。決め手になったのは、手袋を外すときに一緒に指輪も外れてしまったことと、坂東の人形に化けて椅子に座っていた時に、椅子に汗の結晶が残ってしまったことです。

指輪については、犯人、多岐川に直結するものなので、よいのですが、汗についてはちょっとひっかかります。汗から、血液型など判別出来て、犯人特定の物的証拠になると言っています。しかし、汗や涙、唾液といった分泌液は、細胞を含まないため、DNA鑑定は、ほぼ不可能ということです。そういった観点で、犯人特定の決め手とはなりえないように思いました。
犯人のミスという観点では、むしろ、リチャード人形の上に刺さらない杭をそのまま置いておくのではなく、刺さる杭を用意しておくべきだったという点が、一番のミスのように感じます。まあ、そこは、先ほど言ったように、読者に対して伏線を残すためだったように思います。

犯人の、綿密かつ大胆な犯行計画については、とてもよかったのですが、フーダニットの観点では、ちょっと弱かったように思います。ミスリード要員のマリア以外は、ほぼモブ状態でしたし、一同が犯行現場に押し寄せる時は、最後に来た人物が怪しいというのは、ある意味、王道なので、その時点で多喜川が犯人であることが濃厚となっていました。

明智警視も、一応、ミスリード要員になっていました。

まだ、キャラが確立されていない時期でしたが、さすがにそれはないでしょう、といった感じでした。

犯行の動機は、20数年前、恋人が計画した現金強奪で得た金を自分たちのものにするため、恋人を殺されたことへの復讐でした。

多喜川自身も、殺されかけてましたね。復讐以前に、犯罪に手を染めている時点で、共感できる動機ではないように感じました。ちなみに、この現金強奪は、あの、3億円事件になぞらえており、それを刑事だった、明智警視の父親がおっていたというのが、エピローグ的要素でした。

スポンサーリンク

ワーストエピソード 第6位

ワーストエピソード 第6位は、File.10「金田一 少年の殺人」です。

まず、個人的なことでいうと、私は、暗号があまり好きではありません。このエピソードは、随所に暗号が活用されており、そういった点でマイナスです。ストーリー的な観点でいうと、中盤での流れが、同じことの繰り返しで、とても単調な感じがしました。具体的には、「金田一が登場人物に橘の伝言を聞きにいく」、「そのあと、その人物が殺される」、「金田一が逃げる」、そのルーティーンを4回ほど繰り返しているだけという点です。

全14話と、長々続けた割には、かなり、中だるみしたエピソードと言えるかでしょう。

途中、樹が助けたり、美雪とのやり取りで、間を埋めていますが、個人的には、そこに本質を求めていません。

挙句の果てには、金田一が明智警視に撃たれるという茶番まで入り、まさに、中だるみといった感じでした。

トリック的な観点では、ドアを伝って移動していくというトリックは、悪くはありませんが、特別面白いといった感じもしませんでした。

犯人の都築の眼鏡が変わっているというのは、もっと、さりげなく見せればよかったと思うのですが、途中、写真や映像を見るシーンが3回も登場してしまっては、さりげなさもへったくれもありません。

とにかく、話が、淡々と、ダラダラ進んでいった印象が強いエピソードで、読んでいて、あまり、ワクワクするようなところがありませんでした。

犯行の動機は、娘の臓器移植のために関わっていた臓器密輸について、橘に本に書いて公にするといわれ、思わず殺してしまったというものでした。

この動機、原作者がテレビで、一番気に入っている動機だといってました。犯人の都築が、あまりにも不幸すぎるという点で、同情できるという意味なのでしょうか。ただ、臓器密輸自体は悪いことですし、橘以外に殺された4人は、完全なとばっちりで、こちらのほうが、よっぽど不幸すぎるように思います。

これまでのベスト・ワーストエピソードTop10

ご覧いただいたみなさんの、ベスト・ワーストランキングを、TwitterやYoutubeのほうでコメントいただければと思います。いただいたランキングをポイント化して、集計ランキングを出そうと思います。

以上、「全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第6位」について考察してみました。
週一ぐらいのペースで、カウントダウンしていけたらと思っています。次回は第5位について紹介したいと思います。

金田一少年の事件簿が読みたい方は
U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めます

U-NEXTでイブニングを無料で読む

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です