漫画

漫画【金田一少年の事件簿】エピソード プレイバック vol.03

以前おこなった、金田一少年の事件簿ランキングで、ランキング外となった長編エピソードをピックアップし、プレイバックしながら紹介したいと思います。金田一少年の事件簿ランキングをご覧になられていない方は、そちらを先にご視聴いただくことを、お勧めします。

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

長編エピソード 全47ファイル

金田一少年の事件簿で、短編ものや、明智警視が主役の物を除いた、長編エピソードは、この47ファイルになります。

File.01 オペラ座館殺人事件
File.02 異人館村殺人事件
File.03 雪夜叉伝説殺人事件
File.04 学園七不思議殺人事件
File.05 秘宝島殺人事件
File.06 悲恋湖伝説殺人事件
File.07 異人館ホテル殺人事件
File.08 首吊り学園殺人事件
File.09 飛騨からくり屋敷殺人事件
File.10 金田一少年の殺人
File.11 タロット山荘殺人事件
File.12 蝋人形城殺人事件
File.13 怪盗紳士の殺人
File.14 墓場島殺人事件
File.15 魔術列車殺人事件
File.16 黒死蝶殺人事件
File.17 仏蘭西銀貨殺人事件
File.18 魔神遺跡殺人事件
File.19 速水玲香誘拐殺人事件
File.20 魔犬の森の殺人
File.21 銀幕の殺人鬼
File.22 天草財宝伝説殺人事件
File.23 雪影村殺人事件
File.24 露西亜人形殺人事件
File.25 怪奇サーカスの殺人
File.26 金田一少年の決死行
File.27 吸血鬼伝説殺人事件
File.28 オペラ座館・第三の殺人
File.29 獄門塾殺人事件
File.30 雪霊伝説殺人事件
File.31 黒魔術殺人事件
File.32 剣持警部の殺人
File.33 錬金術殺人事件
File.34 ゲームの館殺人事件
File.35 人喰い研究所殺人事件
File.36 香港九龍財宝殺人事件
File.37 薔薇十字館殺人事件
File.38 雪鬼伝説殺人事件
File.39 亡霊校舎の殺人
File.40 狐火流し殺人事件
File.41 蟻地獄壕殺人事件
File.42 吸血桜殺人事件
File.43 人形島殺人事件
File.44 黒霊ホテル殺人事件
File.45 白蛇蔵殺人事件
File.46 聖恋島殺人事件
File.47 金田一二三誘拐殺人事件

今回は、金田一少年の事件簿ランキング以外のエピソードの中から、こちらのエピソードを取り上げてみたいと思います。

File.40 狐火流し殺人事件

このエピソードについて、一番印象的なのは、雪影村殺人事件と同様に、「切なさ」です。作者も、その辺りを意識して、同じようなテーストにした感じがします。
舞台設定が、金田一が以前かかわっていた村であり、美雪を伴わずに、旧友と再会するという展開、そして、事件解決からエピローグにかけての切なさと、他のエピソードとは違う形をとっていました。個人的には、雪影村殺人事件より、こちらのほうが「切なさ」を表現していたように思います。それを象徴するシーンが、最後の見開きのシーンです。

他の仲間には、陸が犯人だということは知らせず、ひとり金田一が、涙を流しているシーンです。以前、見開きのシーンは、インパクトがあってとても好きだと言いましたが、ここでも、狐火が飛び交う夜の街を走る電車を一緒に描くことで、「切なさ」、「さびしさ」をより増幅させていたように思います。

ただ、トリックやフーダニットの観点では、これといって、目を見張るものはありませんでした。凛殺害では、なりすましが確定した時点で、一番後ろを歩いていた人物が怪しいというのは、定番化してます。

蝋人形城殺人事件や、聖恋島殺人事件でも、似たようなトリックが使われていました。あの時も、後から現れた人物が犯人でした。
障子の穴をごまかすために、戸をずらした小細工はさりげなくてよかったように思います。逆にそのことが、トリック 解明の決め手になってしまいました。

さりげないと言えばもう1つ、陸が、ずっと右手をポケットに入れていたのも、さりげない仕草でよかったです。白く塗った手を隠すためでしたが、こちらも、決め手のひとつとなってしまいました。
そして、トリックとは関係ありませんが、このカットは、とても印象的でした。

白狐のお面と白無垢が、とても神秘的で、このエピソードを象徴しているように感じました。ちなみに、実際は、こうなっていました。

光太郎殺害のトリックについてですが、こちらも、サッカーボールの伏線から、田んぼの水門を使ったことが見え見えだったので、いまいちでした。

そこに感づいてしまうと、釣り場にスマホが落ちていたこと自体、矛盾するので、こちらの要素からも、陸が犯人であることがわかってしまいました。

ただ、ろうそくが消えてしまった場合を想定して、2本立てていたあたりは、結構用心深いです。

ろうそくにしろ、障子の穴や白く塗られた手もそうですが、結構小細工が多いと思いきや、ひとりだけその場から消えるという大胆な行動にも出ており、やることはしっかりやっているといった感じでした。

犯行の動機は、6年前に起こった、カブスカウトのキャンプでの、ちょっとしたいたずらが原因でした。

殺害された3人が、陸の水筒にスズメバチを入れたため、それに刺された母親が、アナフィラキシーショックで死んでしまったのです。

そのことを茉莉香に問い詰めた時、ちょっと逆切れされたことで、衝動的に犯行に及んでしまったというのが発端でした。

復讐というのとは、ちょっと違いますが、そこから、なし崩し的に犯行をかさねてしまったということです。ただ、いたずらした3人も、陸の母親のことは知らなかったわけですし、茉莉香については衝動的だったため取り返しがつきませんが、後の2人については、やりすぎな感じもしました。しかも、凛と光太郎については、関わっていたかどうかの確証を得ていない状況だったので、ちょっと先走りすぎた感じもします。
そういった意味では、殺害されてもしかたがないような人間に対しての復讐というエピソードが多い中、このエピソードは、ちょっと違う感じでした。動機に関しても、最初に言った、「切なさ」に通ずる要素のひとつだったように思います。
また、このカブスカウトのキャンプには、金田一も参加しており、その時の様子が描かれたのも、このエピソードならではといった感じがしました。

以上、「漫画【金田一少年の事件簿】エピソード プレイバック vol.03」について紹介してみました。

雪影村殺人事件は、トリック的要素が薄すぎたため、ワーストランキング7位にいれましたが、こちらは、秀逸さはなかったものの、ワーストとはいいがたい感じがします。序盤で触れたように、印象深いシーンもいくつかありましたし、個人的には、気に入っているエピソードです。この2つのエピソード、間が結構空いているのですが、もう1つ、2つ、こういったテイストのエピソードがあってもよかったように思います。
次回は、コメントで取り上げてほしいという要望があったエピソードから選んでみたいと思います。ちょっと、更新が不定期となってしまっていますが、気長に待っていただければと思います。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です