漫画

全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第7位

金田一少年の事件簿の、全部で47存在する、長編エピソードを、独断と偏見によって、ランキング化し、上位10エピソードをベスト10、下位10エピソードをワースト10として紹介したいと思います。
今回は、ベスト・ワーストランキング、第7位の発表です。

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

長編エピソード 全47ファイル

金田一少年の事件簿で、短編ものや、明智警視が主役の物を除いた、長編エピソードは、この47ファイルになります。

File.01 オペラ座館殺人事件
File.02 異人館村殺人事件
File.03 雪夜叉伝説殺人事件
File.04 学園七不思議殺人事件
File.05 秘宝島殺人事件
File.06 悲恋湖伝説殺人事件
File.07 異人館ホテル殺人事件
File.08 首吊り学園殺人事件
File.09 飛騨からくり屋敷殺人事件
File.10 金田一少年の殺人
File.11 タロット山荘殺人事件
File.12 蝋人形城殺人事件
File.13 怪盗紳士の殺人
File.14 墓場島殺人事件
File.15 魔術列車殺人事件
File.16 黒死蝶殺人事件
File.17 仏蘭西銀貨殺人事件
File.18 魔神遺跡殺人事件
File.19 速水玲香誘拐殺人事件
File.20 魔犬の森の殺人
File.21 銀幕の殺人鬼
File.22 天草財宝伝説殺人事件
File.23 雪影村殺人事件
File.24 露西亜人形殺人事件
File.25 怪奇サーカスの殺人
File.26 金田一少年の決死行
File.27 吸血鬼伝説殺人事件
File.28 オペラ座館・第三の殺人
File.29 獄門塾殺人事件
File.30 雪霊伝説殺人事件
File.31 黒魔術殺人事件
File.32 剣持警部の殺人
File.33 錬金術殺人事件
File.34 ゲームの館殺人事件
File.35 人喰い研究所殺人事件
File.36 香港九龍財宝殺人事件
File.37 薔薇十字館殺人事件
File.38 雪鬼伝説殺人事件
File.39 亡霊校舎の殺人
File.40 狐火流し殺人事件
File.41 蟻地獄壕殺人事件
File.42 吸血桜殺人事件
File.43 人形島殺人事件
File.44 黒霊ホテル殺人事件
File.45 白蛇蔵殺人事件
File.46 聖恋島殺人事件
File.47 金田一二三誘拐殺人事件

便宜上、下位10エピソードをワースト10と言っていますが、決して、駄作という意味ではないので、その辺は、ご了承ください。考察をおこなっている、金田一37歳の事件簿については、金田一の立ち位置の違いや、主要キャラが違うという点で、今回は、対象外とさせてもらいました。
それでは、今回は、ベスト7位と、ワースト7位を発表したいと思います。

ベストエピソード 第7位

ベストエピソード 第7位は、File.03「雪夜叉伝説殺人事件」です。

これは、初期中の初期のもので、明智警視と速水玲香が初登場するエピソードでもあります。ある意味、金田一少年の事件簿の長期シリーズ化を確立させたエピソードだったようにも思います。
複雑なトリックや、犯人特定の難解さは、それほどありませんが、氷の吊り橋のトリックは、個人的に好きなトリックの一つです。雪による悪天候になじみのない人には、なかなか発想しずらいですし、その上を、車で通るというのも、想定外な感じがします。

さらに、この橋を燃やして壊した時の炎が、遠くからは鬼火のように見えたというのも、雪夜叉の伝説になぞらえた感じで、うまかったように思います。

氷室の利き腕が、右か左かについて、二転三転させたのも、さりげなく、登場人物のミスを誘っていました。明智警視も、しっかり騙されていました。

ただ、それだけではなく、犯人も同じように利き腕を間違っていたというのがこの仕掛けの面白さです。

最後の密室トリックはいまいちでした。このように、みんなで部屋におしかけるケースでは、最後に入ってくる人物が怪しいというのが、ある意味、定番といっていいでしょう。

そういえば、金田一37歳の壮麗館事件でも、同じトリックが使いまわされてました。(ポトという擬音まで同じ)

使い回しはあまりよくありませんが、かなり年月がたっているので、大目に見ましょう。

犯行の動機は、10年前に起こった飛行機事故で、機体の下敷きになっていた母親を助けてくれなかったことへの復讐でした。

この動機、ちょっと微妙です。母親を助けようともしなかった4人を恨む気持ちはわかりますが、10年もかけて果たす復讐劇にするには、ちょっと弱い気がしました。他のエピソードの復讐の動機に比べると、そういう感じはするかもしれません。

そして、初期のころのエピソードを語るうえで、もう一つ触れておかなければならないことがあります。それは、金田一少年の事件簿のドラマ版についてです。ドラマ版での、犯人たちが装う怪人のフォルムが、とても不気味で、トラウマを引き起こすと言われました。この、雪夜叉もそのひとつで、実際、こんな感じでした。

たしかに、これはやばいです。車の外に、こんなのがいたら、もらします。小さい子供が見ていたら、怖くて夜眠れません。せっかくなので、他の怪人達も、ご覧ください。

それぞれ、どのエピソードに出てくる怪人なのか、お判りでしょうか。

スポンサーリンク

ワーストエピソード 第7位

ワーストエピソード 第7位は、File.23「雪影村殺人事件」です。

ちょっと意外な感じがするかもしれません。切なくて、悲しい感じが、ファンには結構受けているようにも思います。確かに、そういった観点で好きな方は多いと思いますが、あくまでも、ミステリーという観点で見ると、ワーストにいれざる負えません。ミステリー的観点で、トリックが足跡だけというのは、物足りなさを感じます。

ストーリー重視のエピソードということもあって、トリック的要素はあえて省いたのだと思います。ただ、そういった意味なら、逆に、犯人象や殺害対象が高校の親友という状況下で、トリックがあまりにも小細工じみていたように感じました。せつなく、悲しい犯行でありながら、冬美を殺害したあと、せっせと雪の上に塩を靴型にまいている島津の姿は、ちょっと違う気がしました。

一応、自分が書いた推理小説のトリックというフォローは入っていましたが、そういった観点でも、他のトリックを活用した方がよかったようにも思いました。

不可能な状況の中から、犯人を特定していくという手法は、個人的には好きですが、今回に関しては、ちょっと見え見え過ぎた感じがしました。電球を変えられない、イコール、腕を上げられないというのは、あまりにも、直接すぎました。

今井龍矢に関しても、ミスリード要員としては、機能していませんでした。

ただ、こういった要素は、二の次として、せつなさや悲しさを繊細に表現したいという趣旨が、伝わってきたエピソードだと思います。

作者も、マンネリに陥りつつあった中、今回はいつもと違う毛色でスラスラ描けたといっています。

犯行の動機は、春奈の自殺の原因が、冬美たちのウソだったということに怒りを覚え、2人に復讐をしたということでした。

ここでは、あえて、自殺の原因や冬美たちのウソについては触れませんが、この動機も、ちょっと浅はかな感じがするのは否めません。殺さなくてもいいじゃない、という感じはしました。ましてや、高校の親友でもあるのだから。
まあ、この写真からみてとっても、そういった動機で犯行におよぶことになるとは、想像もしなかったことでしょう。

この雪影村殺人事件と、同じテーストのエピソードとして、狐火流し殺人事件が存在します。

こちらは、金田一の小学校時代の友人とのエピソードになります。ここでは、詳しく触れませんが、個人的には、こちらのほうが、トリック的な部分においても、白狐の祟りに見立てられていて、よかったように思います。もし入っているようなら、詳細はその時話したいと思います。

ちなみに、たまたまですが、第7位は、ベスト、ワーストともに、雪にまつわるエピソードとなりました。

これまでのベスト・ワーストエピソードTop10

ご覧いただいたみなさんの、ベスト3、ワースト3のエピソードがありましたら、TwitterやYoutubeのほうでコメントいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

以上、「全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第7位」について考察してみました。
週一ぐらいのペースで、カウントダウンしていけたらと思っています。次回は第6位について紹介したいと思います。

金田一少年の事件簿が読みたい方は
U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めます

U-NEXTでイブニングを無料で読む

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です