あなたの番です

あなたの番です 考察 こうのたかふみを殺害したのは誰か?

今回は、こうのたかふみ殺害について考察していきたいと思います。
※ひらがなでは長くて見ずらいので、以降は甲野隆文と記述します。

スポンサーリンク

交換殺人ゲームの順番的には、手塚菜奈の番

交換殺人ゲームで、甲野隆文と書かれた紙を引いたのは、手塚菜奈です。
久住譲が、引いた紙に書かれた細川朝男を殺害したため、順番的には細川と紙に書いた菜奈が甲野を殺害する番となります。しかし、菜奈は甲野を殺害していないと思われます。

手塚菜奈が甲野隆文を殺害していない理由

今までのゲームの流れであれば、菜奈のもとに脅迫状が送られてくるはずですが、送られてきた形跡はありませんでした。これは、送るべき人物の久住が意識不明の重体で入院中のため送れなかったということで辻褄が合います。なので、菜奈が自主的に甲野を殺害する必要がありません。
そして、甲野殺害の一連の流れでは、前を歩いている甲野を翔太が追いかけて、その後ろから菜奈が追いかけているため、前方から甲野を刺殺することは物理的に不可能です。(第8話)
この2つから、手塚菜奈は甲野隆文を殺害していないということが推測できます。

甲野隆文を殺害した人物は誰か?

そもそも、甲野隆文とは誰のことなのかということを知り得た人物は3人います。
まずは、紙に書いた人物、田宮純一郎。田宮の奥さんに話を聞き、銀行で人物を特定した手塚翔太と菜奈。(榎本早苗と黒島沙和も名前は知りえていますが、特定の経緯がないため除外)
翔太と菜奈は、甲野が殺害される一連の流れ(後ろから追いかけている)から不可能と思われます。(第8話)
田宮については、自分で紙に書いて、自分で殺害するのは交換殺人の意味をなさずリスキーなのと、甲野に対して警戒するよう忠告にいっていることから、可能性は低いと思われます。
では、誰が甲野を殺害したのか?

実は、意外なところに交換殺人ゲームのことを知り得た人物がいました。

銀行の同僚の柴山です。
?だれと思う方もいると思いますが、甲野が田宮にしつこく忠告されていることを話していた相手です。甲野の葬儀の時に田宮と話をしていました。(第9話)
殺害の動機ですが、柴山は甲野になんらかの弱みを握られていて、この殺人ゲームの話に便乗して甲野を殺害したのではと推察しました。
殺害される前、会社から出てくるときにこの2人は一緒に出てきており、甲野が翔太たちと話をしている間に先回りも可能です。
もう一つ気になったのは、田宮が柴山と居酒屋で会った時に、「犯人の目星はついている、それ相応の報いは受けてもらう」と言っているのですが、この時の田宮の顔が柴山をにらみつけるような目で見ています。まるで、お前が犯人だといわんばかりに。(第10話)

甲野隆文は、交換殺人ゲームとはまったく関係ないところで殺害されていた

スポンサーリンク

田宮純一郎が言っていたそれ相応の報いとは?

田宮が、居酒屋で柴山に対して「それ相応の報いは受けてもらう」と言っていました。柴山は、田宮の芝居の公演チケットを無理やり買わされています。このことから、柴山が芝居を見に来た時にアドリブで、「犯人はお前だ!」的なことをやって柴山を追い詰めようとしているのではないでしょうか。

次回は、反撃編も始まりましたので、第11話で明らかになったことと新たに浮かび上がった謎について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です