ドラマ考察

【ドラマ】「マイファミリー」第1話考察 誘拐犯は、家族の絆修復請負人、犯行手口は過去の模倣

日曜、21時からTBS系列で放送されているドラマ、マイファミリーの第1話で気になった点について、考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

狂言誘拐の可能性

ドラマの冒頭でしか登場せず、いきなり誘拐されてしまった、鳴沢家の長女、友果。

冒頭の様子から、家族のことを顧みない父親、温人に対して、嫌悪感をいだいていることは明らかな感じです。

写真の感じから、母親、未知留とは、仲がよさそうな感じです。

そういった家族構成から、友果が、温人に対しての当てつけで、この誘拐を自作 自演しているということも考えられます。先日まで放送されていた、某ドラマでも、そういったことがありました。

ただ、あのドラマでは、娘が高校生でしたが、今回の場合は、小学6年生です。さすがに、自作自演の誘拐を計画するには、年齢が低すぎるように思います。そうなると、本当の誘拐ということなのでしょうか。
1つ気になる点が、ドラマのポスターに存在します。ポスターの右下に、友果が、男に無理やり引っ張られて連れていかれるシーンがえがかれている点です。

顔はわかりませんが、服装や背格好から、友果で間違いなさそうです。この、引っ張っている人物が、犯人だと思われますが、体格から見て、男性のようです。この絵だけを見ると、友果が自作 自演しているとは思えませんが、主犯格の人物に協力しているという可能性はあるかもしれません。そうなると、主犯格の人物は、友果が信頼できる人物ということになります。
では、その可能性がありそうな人物を見ていきたいと思います。

鳴沢温人

狂言誘拐だとすると、家族が関わっている可能性が高くなりますが、温人の可能性はあるでしょうか。

それは、ほぼないように思いますが、あるとすれば、会社とお金の関係でしょうか。温人が抱えている問題は、会社の経営が行き詰っている点と、買収の危機に追い詰められている点です。この2つを回避する方法は、世間に対して、話題性を提供し、新たな企画を立案することで、会社の経営状況をよくすることです。
第1話の最後で、温人は誘拐のことを、なぜか世間に公表していました。警察の関与を排除したということを、犯人にアピールする意味でやったのだと思いますが、なんか、方法がずれているような感じもします。捉え方によっては、話題性のアピールととることもできます。ただ、そんなことに友果が協力するとも思えませんし、そもそも友果は、温人に嫌悪感をいだいているので、ちょっと考えづらいです。

このドラマのテーマが、家族という点からも、そういったことが動機の誘拐というのはないように思います。
ただ、温人の行動で1つ違和感を感じたのが、身代金の最初の受け渡し場所に行く時の行動です。この時、温人は、自分で車を運転せず、未知留に運転させていました。自分がナビした方が速いからと言っていました。移動するシーンに不審な点はなかったので、単にそういう理由だったのかもしれませんが、何か違和感を感じました。
いずれにせよ、現段階では、温人による狂言誘拐という可能性は、ほぼないように思います。

スポンサーリンク

鳴沢未知留

未知留による狂言誘拐だとすると、動機は何なのでしょう。

娘を巻き込んでまで、やる理由が見当たりません。ただ、この誘拐がおこったことで、結果的に、温人が家族と向き合うようになりました。

さすがに、それが目的で狂言誘拐をするというのは考えづらいですが、家族の絆が深まりつつあるのは事実です。計画をした人物は別にいて、未知留はそれに協力しているという可能性はありそうです。未知留が関与しているのであれば、友果も信頼して協力をするでしょう。1年生の時にいった遠足の場所という情報も、共有することが可能です。

藤堂樹生

元刑事で、以前に同じような誘拐事件に関与しているということが明らかになっています。

ただ、刑事として関与したのか、被害者として関与したのかは、わかっていません。
担当刑事の葛城が、コハルさんの事件でと言っていたので、藤堂の妻が、コハルなのではないでしょうか。

一般の被害者であれば、名前では呼ばないでしょうし、ちゃんではなく、さんといっていることから、コハルが誘拐された子どもというわけでもなさそうです。おそらく、藤堂と、コハルの子どもが、同じ手口の誘拐被害に遭い、そのことが原因で、藤堂は刑事をやめたのだと思います。
ここで重要なのが、この時の藤堂の立ち位置です。先ほど、刑事として関与したのか、被害者として関与したのかわからないと言いましたが、おそらく、両方の立場で関与していたのだと思います。しかし、藤堂は、刑事としての立場を貫き、家族としてコハルに寄り添うことをしなかったのではないでしょうか。事件がどう解決したのかわかりませんが、そのことで家族が崩壊し、警察もやめることになったということです。
未知留のところで、計画をした人物は別にいて、未知留はそれに協力していると言いましたが、その人物が、藤堂ではないでしょうか。

当時の誘拐事件を模倣して、今回の誘拐を計画したのだと思います。藤堂が、そんなことをする理由は何ですか。それは、家族の絆修復請負人です。自分の時は、誘拐によって家族が崩壊してしまいましたが、今回は、誘拐によって、家族の絆を復活させようとしているのではないでしょうか。ただ、藤堂1人で、そんなことをするのも変な話なので、そこに未知留が関与することで、協力関係が成立しているように思います。

三輪碧

今のところ、誘拐に関与している様子はありません。

ただ、藤堂と未知留と繋がりがある点から、何らかの形で関わっている可能性はあるかもしれません。

1つわかっていることは、三輪には娘がいるということです。子供用の服を買っていましたから。当然、妻もいるということですが、この辺の家族関係の辻褄が合わないようだと、怪しい存在になってきます。

スポンサーリンク

立脇香菜子

立脇について気になる点は、温人との関係性です。

一応、会社を立ち上げた同志ということですが、男女関係という点が気になります。

会社名に2人の名前を付けていますし、どういったきっかけで始めたのかが気になります。その辺は、おいおい明らかになってくるのだと思います。

オレンジ色の意味

このドラマのポスターには、右下の絵以外に、もう1つ気になる点が存在します。それは、オレンジ色を強調している点です。

タイトルがオレンジ色ですし、各キャラが、何かしらオレンジ色の物を身に着けています。
オレンジ色には、ポジティブな心理的意味として、「刺激的」、「楽しい」、「社交性」、「交流」といった意味があります。逆に、ネガティブな心理的意味として、「人間関係・ネットワーク依存」、「感情の不安定」、「人との繋がりを求める」といった意味があります。華やかな場所で、人に囲まれている自分以外の自分に価値を見いだせない、そんな兆候が出たら、オレンジのオーバーネガティブな傾向と言えます。
そういう意味では、SNSフォロワー数1万人越えのセレブという点から、未知留がオレンジ色イメージに合う感じです。

しかし、ポスターの未知留は、他のキャラと違い、オレンジ色の物を身に着けていません。これは、未知留が真犯人ということを示唆しているのでしょうか。真犯人という定義が正しいかはわかりませんが、未知留の根底にある何かが、誘拐事件の発端になっている可能性を示唆しているのかもしれません。

以上、「【ドラマ】「マイファミリー」第1話考察 誘拐犯は、家族の絆修復請負人、犯行手口は過去の模倣」について、考察してみました。
一応、ミステリーというテーマのドラマではないようなので、毎回、考察要素があるかどうかはわかりませんが、気になったことがありましたら、随時考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です