ドラマ考察

【マイファミリー】第9話考察 心春誘拐の犯人は心春、そして、実咲は誘拐ではなく、自ら犯人に接触しにいった【ドラマ】

日曜、21時からTBS系列で放送されているドラマ、マイファミリーの第9話で気になった点について、考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

実咲は誘拐ではない

実咲の誘拐について、新たなことがいくつか明らかになりました。

まず、出かけた時に所持していたスマホと家の鍵がなくなっていた点です。阿久津家にある、実咲のパソコンもなくなっていた点から、家の鍵は、それを盗むために必要だったということです。防犯カメラの映像が操作されていた点からも、そのことは、ほぼ確定的でしょう。
ただ、真犯人のこの行動には、違和感を感じます。真犯人が、ここまでリスクのある行動をするには、実咲が自分に繋がる証拠を持っていると確信していないと、なかなかできません。しかし、このことは、実咲自身が密かに抱えていることなので、真犯人が知るすべはありません。
このことから、考えられるのが、実咲自ら、真犯人に接触しにいったのではないかということです。

実咲は、心春の件の真相を知るために、証拠の写真を持って、真犯人に会いに行ったということです。藤堂たちに誘拐させるのではなく、真犯人自ら実行したのは、そういった想定外の出来事だったためということです。そして、証拠の写真が残っている可能性がある、スマホとパソコンは処分しましたが、タブレットの存在については知りませんでした。
そうなると、実咲は、いつ、その人物の存在に気付いたのでしょう。一番可能性が高いのは、第5話での、葛城と吉乃が、阿久津家を訪れた時ではないでしょうか。あの時、実咲は、吉乃の顔を見て不可思議な表情をし、タブレットの写真を見ようとしていました。

この時に、心春と吉乃の関係を知った実咲は、真相を確認するために、吉乃に会いにいったのだと思います。

葛城の言動の変化

第9話前半での警察内部のシーンで、葛城は、心春と実咲の誘拐は、同一犯の可能性があると言っています。

しかし、犯人の目的が金ではなく、パソコンなどを盗むことだと気づいた時に、心春と実咲の誘拐は、間違いなく別の犯人だと言い切っています。

展開的に、後者が真実だとしたら、実咲の件に関与しているのが吉乃だとすると、吉乃は心春の誘拐には関与していないということになります。そうなると、心春を誘拐した犯人は、誰なのでしょう。
ちょっと、話がややこしくなってきたので、時系列順に追っていきながら、整理してみたいと思います。

スポンサーリンク

心春誘拐事件の流れ

まず、心春誘拐事件についてですが、これについては、1つ大きな要素が加わってきました。それは、心春が、ある写真について悩んでおり、それを、実咲に打ち明けていたという点です。

その写真に吉乃が写っていたとなると、心春は、吉乃と亜希の子どもだという可能性が高くなってきます。重要なのは、そのことを、心春が感づいていたという点です。つまり、心春は、両親である藤堂と亜希に、不信感を抱きつつあったということです。

そういった状況の中、誘拐事件が起こったとなると、このことが動機に直結してくるような感じがします。つまり、両親の、自分に対する気持ちを確認するために、心春が狂言誘拐を企てたということです。遠足の場所を確認したのも、父親が、どれだけ自分のことを知っているか試すためにやったのではないでしょうか。
ただ、当時11歳だった心春が、ひとりでそんなことができるでしょうか。おそらく無理だと思うので、本当の父親が関与しているのではないでしょうか。本当の父親、つまり、吉乃です。

写真の件で悩んでいた心春は、実際に、吉乃に会いに行ったのではないでしょうか。そして、狂言誘拐を実行し、結果、藤堂が心春の期待を裏切ったため、心春が2度と藤堂家に戻ることはなかったという流れです。
ただ、吉乃には、現在の家族が存在し、心春と一緒に暮らすことはできないため、亜希に真相を話したのではないでしょうか。そして、吉乃の目の届くところで、亜希と心春は暮らしているのだと思います。

つまり、心春誘拐事件の真犯人は、心春ということです。

友果誘拐事件の流れ

友果誘拐事件については、前話で藤堂が話した通りだと思うので、あらためて触れません。

問題は、なぜ犯人は、藤堂に対して、自分が心春誘拐の犯人であることを名乗り出たのかという点です。前回の考察でも触れましたが、黙っていれば、藤堂の捜査は進展しなかったのに、わざわざ進展させてしまうような行動に出たのは意味がわかりません。金が目的ではなさそうですし、藤堂を嵌めたいのであれば、友果の件をリークすればいいだけです。この件については、未だに謎といった感じです。

優月誘拐事件の流れ

これについても、藤堂が話した通りだと思いますが、犯人自ら名乗り出た上に、優月を誘拐させる理由がまったくわかりません。

考えられるとしたら、目的はやはり金で、友果の件の既成事実から、もう5億簡単に手に入るのでやらせたといったところでしょうか。いまいちしっくりきませんが、この辺の経緯についての真相が気になります。

スポンサーリンク

実咲誘拐事件の流れ

これは、冒頭で触れた通り、実咲から犯人に接触しに行ったもので、想定外の出来事だったのではないでしょうか。

本来であれば、10億を奪って終了のはずだったところを、予期せぬ出来事のせいで、実咲を誘拐するはめになったのだと思います。しかも、証拠の写真を隠滅するだけならよかったですが、実咲に知られたとなると、実咲の口を封じる必要があります。だから、事故に見せかけて、転落させたということです。藤堂が到着した時に、すでに出入り口の施錠が外から解除されていたので、窓から逃げるのを見計らって突き落としたのだと思います。藤堂たちを関与させ続けたのは、この件を含め、藤堂たちに罪をなすり付けるためといったところでしょうか。

未知留誘拐事件の流れ

パソコンとスマホは処分しましたが、タブレットが残っていることを知った真犯人、吉乃は、藤堂を装い、未知留にタブレットを持たせ、外に出させたのだと思います。

奪いにいったのは、亜希、あるいは、心春ではないでしょうか。ただ、証拠隠滅だけが目的であれば、タブレットだけを奪い、未知留を誘拐する必要はありません。予告から、どうやら、藤堂との交換を要求するようなので、藤堂に罪をなすり付けるため、あるいは、藤堂に真相を語るために、未知留の誘拐を実行したのではないでしょうか、

以上、「【 マイファミリー】第9話考察 心春誘拐の犯人は心春、そして、実咲は誘拐ではなく、自ら犯人に接触しにいった【ドラマ】」について、考察してみました。
これまでの考察では、心春の誘拐は阿久津で、それに対する復讐で、亜希が動いているとしてきましたが、タブレットの件で、様相が一転してしまいました。
やはり、ポイントとなるのは、犯人 自ら名乗り出た上に、優月を誘拐させた理由についてです。ここが、単なる金目的や、愉快犯的な犯行だとしたら、ちょっと腑に落ちない感じがするので、納得いくような回収を期待したいところです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です