ドラマ考察

ドラマ「ニッポンノワール」直前考察 これを見れば予習は万全 人物相関図から見えてくること

ドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」(以後ニッポンノワール)の放送が、いよいよ明日からとなりました。今回の直前考察では、人物相関図をもとにそれぞれの人間関係と、今後重要になっていきそうなポイントを見ていきたいと思います。

ドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」事前考察 3年A組の世界を踏襲している意味 ドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」(以後ニッポンノワール)の放送まであと1週間ちょっととなりました。キャストも決まり、予告動...
スポンサーリンク

人物相関図

まずは、主要人物の全体相関図です。全体的に見て注目する点は、13人中10人が警察関係ということです。普通の刑事ドラマでも、ここまで警察の人間ばかりのドラマというのは中々ないのではないでしょうか。もう一つは、キャスト発表されている元ベルムズのリーダー喜志が、この中に入っていないことです。

個々の関係

それでは、個々の人物の関係についてわかる範囲で見ていきたいと思います。

遊佐と碓氷

遊佐と碓氷は、警視庁捜査一課の班長と部下という関係ですが、いきなり殺人の被害者と容疑者というかたちでスタートします。2人がどのような距離感の関係性を持っていたのかはわかりませんが、いずれにせよ、この先に碓氷の生存しているシーンは存在しません。あるとすれば、過去ということになります。ドラマ上、過去のシーンは細切れに出すケースが多く、その繋がりによって事件の真相が見えてくることがよくあります。碓氷生存時の過去シーンについては、時間軸に注意しながら、繋がりが明確になるよう見ていきたいと思います。

南武と碓氷

課長と班長という長どうしの上下関係にあります。2人の間には、かなりの信頼関係が成立しているようです。それゆえに、裏切りという言葉を生み出しやすい関係にあるので、南武については碓氷に対しての言動や行動に注意して見ていきたいと思います。
これは余談ですがメタ的な観点で、南武役の北村一輝さんは、NHKの朝ドラにいい父親役で出演していることから、犯人や黒幕にしてイメージを崩すようなことはしないかもしれません。

碓氷班のメンバー

碓氷班のメンバーは、5人です。班長の碓氷、部下の遊佐、江國、名越、高砂です。この中で、1人だけ年齢層が違う江國が気になる存在です。刑事ドラマで、班やチームの中には大概、ベテランの平刑事が存在して、縁の下の力持ち的な役割を担うことが多いです。しかし、キャスト紹介のところで「猛獣刑事」というフーレズが使われていました。ちょっと下から支えるタイプの役ではなさそうな感じがしますので、いったいどういうキャラなのか注目して見てみたいと思います。
もう1人、気になるのが名越です。ちょっとメタ的な観点になってしまうのですが、今売り出し中の若手俳優を黒幕とするケースがよくあります。そういった意味で、名越にも注意が必要かもしれません。

遊佐の交遊関係

遊佐が住んでいる建物で喫茶店を営んでいるのが、深水です。この人物、元刑事という肩書をもっています。このような人物は、表向きの顔で本性を隠しているということがよくあるので、善人であればあるほど怪しさが増してくるような気がします。はたして、遊佐の味方なのか敵なのか、注意しながら見ていきたいと思います。
もう1人、遊佐の息子の克喜がキーになるかもしれません。相関図では相棒という肩書がついていますが、子役を主要キャラと同列で並べることはあまりありません。死んでしまった母親の言葉や思いを代弁できる人物は、息子の克喜しかいませんので、そういった意味でも注目していきたい存在です。

本城親子と速水親子

前回の事前考察でも触れましたが、ドラマ「3年A組」の登場人物が何人か出てきます。本城はそのうちの1人です。しかし、今回は本城だけではなく娘の芹奈が登場します。あえて家族を登場させる意味は何でしょうか。悪事を働いていたり、重大な秘密を握っている人物が、そのことの重さと家族の存在の狭間で、もがき苦しむ葛藤を描くことがよくあります。本城親子の間には、そういったシチュエーションが存在するのかもしれません。そういった意味で、深水親子にも同じことが言えるのではないでしょうか。

警視庁公安部

殺人事件の捜査に公安部の才門が絡んできます。遊佐が若いころに、刑事としての心得を伝授した人物でもあります。公安と言うと、それだけで謎めいているというイメージがありますが、こういう人物は怪しく見せておいて実はミスリードというケースがよくあります。あまりイメージにとらわれないように注意したいところです。

警察学校の同期

遊佐と宮城は、警察学校の同期ということです。宮城については、ドラマ「3年A組」でまじめで優秀というキャラ付けができているので、ここでは遊佐とぶつかり合いながらも、助け合い事件を解決する役回りではないかと思っています。

以上、人物相関図から見えてくることについて事前考察をしてみました。現段階では、親子関係が成立している登場人物が気になるところです。特に、速水喜一と碓氷克喜の2人はとても気になる存在です。ん、名前に同じ「喜」の字が入っている!?

関連ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」を無料で見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
ドラマの「一気見」を無料で出来るチャンス

ドラマ「3年A組」を無料で見たい方はこちら

次回からは、ドラマの各回のあらすじ考察と、その中から重点ポイントについてピックアップして考察をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です