シロでもクロでもない世界で,パンダは笑う

ドラマ「白でも黒でもない世界でパンダは笑う」考察 誘拐計画も哲也殺害も全てあずさの犯行

日本テレビ系列で日曜22時30分から放送されているドラマ「白でも黒でもない世界でパンダは笑う」について、第8話で見えてきた源造の真意コアラ男の正体について中心に考察をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

あずさ誘拐は源造の自作自演

源造は直輝に、あずさ誘拐は、売名のための自作自演だったと告白します。そして、そのことを知った哲也がミスターパンダとして制裁を加えようとしたため、撃ち殺したと言います。復讐心に燃える直輝は、源造を絞め殺そうとしますが、源造がまだ何か隠していることを悟ります。ここで、源造の行動について振り返ってみたいと思います。

あずさ誘拐を源造自ら蒸し返す

そもそも、源造からすれば、あずさ誘拐については、そのまま触れられることなくやり過ごしたい事件のはずです。しかし、取材に来た神代には、あっさりと証拠となる哲也の遺書を渡しています

当然すぐに公にさらされることになりますが、これでは源造自ら、事件を蒸し返しているようなものです。

スポンサーリンク

残しておく必要がない位置情報

あずさが、直輝に頼まれて、大臣室の中を調べていると、立ての中に隠された大臣任命書を見つけます。その任命書の裏には、3つの位置情報が書かれていました。

それぞれ、あずさの監禁された建物哲也の遺体が埋められていた場所ミスターパンダ関連資料を埋めた場所です。これらについても、源造としては知られたくない情報のはずです。それなのに、わざわざ紙に書いて残しておくというのは、とても違和感を感じます。まるで、場所を特定してミスターパンダ関連資料を見つけてくれと言っているようなものです。

源造の真意

こうした行動から見て取れる、源造の真意は二つあります。一つは、あずさ誘拐の自作 自演は、源造自身が考え実行したものだと世間に思わせること。もう一つは、直輝に対して、自分が哲也を殺したと思わせ、自らすべての罪を背負って死ぬためです。こうして、あずさ誘拐と哲也殺害は自分の犯行ということで墓場までもっていこうとしたのでしょう。このタイミングで実行したのは、直輝が真相に近づきつつあることを悟り、先手を打ったのだと思われます。

誘拐計画も哲也殺害もあずさ

源造の真意が見えてくると、おのずと真実が見えてきます。

源造が計画したと思わせたあずさ誘拐の自作自演は、実はあずさの計画だった。そのことを知った哲也に対して、源造は、あずさのことは公にしないでくれと懇願し、哲也はそれを受け入れた。しかし、あずさは、そのことを知った哲也の存在を許すことができず、哲也を殺害した。そのあとは、源造が警察組織に頼んで、隠ぺい工作をしたのだと思われます。

スポンサーリンク

哲也が直輝に残したメッセージ

ここまでの流れで、だいたい想像はつくと思いますが、哲也が直輝に残したメッセージは、あずさの罪を見逃したことについてでしょう。ある意味、贖罪ということで直輝にメッセージを残したのだと思います。

コアラ男の正体はあずさ

コアラ男というよりは、黒幕はあずさで確定だと思われます。写真を送ったコアラ男は、自分で自分に送るというのも変なので、一郎が協力してやっていたと思われます。

レンをさらったのも、一郎かもしれません。

この、レンをさらう行為は、直輝を奪ったレンに対する嫉妬や怒りによる行為だと思われます。最終的には、哲也の贖罪メッセージから、あずさが黒幕だとしった直輝が、ミスパンダとともにシロ クロつけるのではないでしょうか。

以上、「ドラマ「 白でも黒でもない世界でパンダは笑う」誘拐計画も哲也殺害も全てあずさの犯行」について考察してみました。あずさについては、第一話の考察の段階で、キーパーソンと指摘していたので、ドラマクライマックスでこのような考察ができてとてもうれしいです。まあ、まだあずさが黒幕と確定したわけではないですけど。

ちなみに、今回の流星サービスは、やはり、源造とのバトルでの激高流星でしょう。

ご馳走様でした。ぺこり。

他にも、ドラマ 「テセウスの船」 や「10の秘密」や「知らなくていいコト」についても考察をおこなっていますので、そちらともども、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です