THE HEAD

ドラマ【THE HEAD】5話考察 アキが黒幕か?アキがとった2つの不可解な行動【山下智久出演作】

Huluで6月12日から配信がスタートしたドラマ、THE HEADについて、第5話で気になった点について考察してみたいと思います。

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

ドラマ『THE HEAD』を無料で見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録

今登録すれば、6話全てが無料で視聴可能です。

ドラマ『THE HEAD』を無料で見たい方はこちら

ダミアンの電話の相手

ダミアンは自殺する直前、誰かに電話をして、ポラリスに贈り物を残したと言います。

おそらく、サラの死に関わる証拠だと思われますが、考えられるものが2つ 存在します。ひとつは、サラの遺体です。無造作に食堂に置かれていたのが気になったのですが、ダミアンが、モノという言い方をしていました。遺体とはいえ、人のことを、モノ呼ばわりはしないと思うので、可能性は低そうです。そうなると、やはり、血染めのセーターのことをいっているように思われます。

第5話の終盤で、このセーターは、アーサーが着ていたものだということが明らかになるので、電話の相手は、アーサーのように思われます。ただ、アニカの可能性もあるかと思います。

ポラリスⅤに行こうと言い出したのはアニカですし、スーツケースという具体的な隠し場所を知っていたのも、アニカでした。電話の会話にはありませんでしたが、ダミアンが、隠したのはスーツケースの中だと言っていたかもしれません。

アニカがT3症候群を発症

ポラリスファイブでの捜索の結果、使える通信機器はなく、メンバーはポラリスⅥに戻ることにします。サラの遺体は、解剖するために、ポラリスⅥに運ぶことにします。そんな中、アニカの精神状態がおかしくなり、T3症候群を発症してしまいます。

ただ、これは、8年前の出来事をマギーに問い詰められることを恐れて、演技をしているという可能性もあります。

スポンサーリンク

マギーに襲いかかるラモン

ポラリスⅥにもどり、マギーとアキが、運び込んだサラの遺体を解剖しようとする中、ラモンが2人を強襲します。

マギーは、誤ってアキに麻酔をうってしまい、ひとりサウナに逃げ込みますが、ラモンとの格闘の末、返り討ちにして、なんとか助かります。

この時に、ラモンは、マギーにすまないといっていることから、ラモンの本意ではなかったように思います。そう考えると、誰かに命令されて仕方がなく襲った可能性が高そうです。ここで気になったのは、ラモンは、なぜ、アキを襲わなかったのかという点です。アキは、マギー側の人間なので、マギーを襲うのであれば、麻酔で眠ってしまったアキを最初に殺害しておくべきだと思います。もう一つ、アキの麻酔が切れるのが、やたらと速かった気がします。薬の量が、少なかったためとも取れますが、ちゃんとうてば眠り続けるということが、アキの現在の状態に対する伏線になっているようにも取れました。つまり、アキは死んでおらず、強力な麻酔によって眠り続けているという可能性を示唆しているということです。

アキの不可解な行動その1

マギーとアキは、何か手がかりがないか探すために、ラモンの部屋に向かいます。そこで、アキが、パスカルの本をヒントに、スマホの暗証番号を解読します。

そこには、いかがわしい動画や写真が大量に保存されていました。この一連の経緯ですが、ことがスムーズに運びすぎて違和感を感じます。まず、あれだけいろいろなものが置いてある部屋から、いきなり貸し出し 期限切れのパスカルの本を見つけている点です。しかも、そこからすぐにパスカルの三角形について思いつき、無理やり6桁の数字を作り、一発でパスワード解除に導いていました。これらの経緯から、アキは最初からパスワードを知っていたのではないでしょうか。

スマホの中に、いかがわしい動画が入っていることも知っており、そのことをネタにラモンを脅迫していた可能性があります。メールが全て消されていたのも、自分とのやり取りが残っているとまずいので、事前に消しておいたのだと思われます。

アキはアーサーを崇拝している

これまでにも何度か出てきた、精神鑑定面談のシーンですが、今回も、アーサーについての評価を語るシーンが存在していました。その中で、ポラリスⅤのメンバーは、評価していると言いつつも、何か言葉を濁している感じが伺えましたが、アキだけは、実直にアーサーを崇拝している感じでした。

このことは、尊敬するアーサーのためなら、何でもするといったアキの心境を示唆しているように感じました。

スポンサーリンク

アキの不可解な行動その2

ラボで、アーサーがエリックに襲われているところに、マギーとアキが向かいます。アーサーはエリックに殺害される寸前でしたが、マギーが説得しているすきを見て、アーサーがエリックの首を刺し、返り討ちにします。このシーン、一見、アキは何もしていないように思えますが、目である行動をとっていたように思えます。

これは、アーサーがエリックに襲いかかる直前の映像ですが、マギーがエリックを見て必死に説得している中、アキは、エリックを見ておらず、背後にいるアーサーを気にしている様子でした。つまり、いまにもアーサーがエリックを襲おうとしていることを知りながら、黙ってそのまま見過ごしたということになります。

そして、この後のシーン、アキの視線は、目の前の拳銃にいっているのですが、取りに行こうとはせずに、アーサーが拾うのを待っていました。これらのアキの行動は、アーサーをかばうためのものだったように思われます。もし、この考察があっていたとすれば、これらを目の動きと表情だけで表現した山ピーの演技は、さすがだと感じます。

アニカのSOS

マギーとアキは、拳銃を持ったアーサーから逃げるのですが、なぜか、途中でマギーだけ先に行かせて、自分はそこにとどまり、アーサーと対峙していました。

もしかしたら、マギーがいなくなった後、2人は握手を交わしていたかもしれません。一方マギーは、アニカがSOS信号を録音しているのを聞き、アニカの部屋に入っていきます。

ここでもアニカは、精神がおかしくなっている症状を見せますが、はたして、本当におかしいのか、あるいは演技なのか。そして、マギーは、アニカにポラリスⅤで起こった出来事について問い詰めます。

やはりアキは生きている

このあと、アーサーは地下トンネルに退避しますが、おそらくこれは、アキが手引きしたように思われます。そして、考察中盤でも触れた、象も眠ってしまう麻酔を打ち、永い眠りにつくのではないでしょうか。

第一話の考察の時にも上げましたが、ずばり、アキは死んだように見えて実は生きている。

麻酔でねているだけなら、ヨハン達が気付くだろうという声が聞こえてきそうですが、あれだけ遺体が大量に出てくればアキも死んでいると判断してもおかしくないという理由でぎりぎりセーフかと思います。

以上、「ドラマ 【THE HEAD】5話考察 アキが黒幕か?アキがとった2つの不可解な行動【山下智久出演作】 」について考察してみました。第5話にきて、黒幕候補から外れると思っていたアキについて、怪しい要素が見えてきました。現状生き残っている、マギー、アーサー、アニカ、アキの4人について、それぞれの立ち位置が明確になってきましたが、サジ加減一つで誰が黒幕でもおかしくない状況だと思われます。
近日、第5話までを総合して、最終結論考察を上げたいと思いますので、そちらのほうもよろしくお願いします。

ドラマ『THE HEAD』を無料で見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録

今登録すれば、6話全てが無料で視聴可能です。

ドラマ『THE HEAD』を無料で見たい方はこちら

スポンサーリンク
https://twitter.com/Ch5S_Weasley/status/1271670820595658752
https://twitter.com/reemee94159/status/1273589606097666048

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です