ドラマ考察

ドラマ【私たちはどうかしている】ダブル主演・二部構成 あのドラマを想起させる、第一部の結末

水曜22時から日本テレビ系列で放送されているドラマ「私たちはどうかしている」について、次回で終幕する、第一部の結末について、ワンショット考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

ドラマ『私たちはどうかしている』を無料で見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録

今登録すれば、オリジナルコンテンツ「女将の部屋」も無料で視聴可能です。

ドラマ『私たちはどうかしている』オリジナルコンテンツ「女将の部屋」を無料で見たい方はこちら

椿は死んでしまうのか?

次回予告の中で、椿が火の海の中で、倒れこんでしまうシーンが映し出されていました。

これは、いったい、どういったシチュエーションなのでしょうか。おそらく、高月家の母屋の中のどこかだと思います。最初は、例の開かずの間の入り口通路で、部屋にこもっている宗寿郎を、椿が助けにいっているところかと思いました。しかし、よくみると、通路の奥行や、壁の感じが違います。こちらが、燃え盛る通路の様子です。

壁の仕切り板が4つ分ぐらいの距離で、左側は、柵状になっている部分が存在します。一方、こちらは、七桜が、あかずのまに行った時の様子です。

壁の仕切り板は2つ分の距離しかなく、左側に、柵状になっている部分が存在しません。おそらく、椿が倒れこんでいる場所は、開かずの間の入り口通路ではないでしょう。そうなると、椿は、火事から、逃げ遅れてしまったのでしょうか。
ここで、ちょっとメタ的な観点から、第一部の結末を考察してみたいと思います。このドラマは、ドラマ「あなたの番です」の製作スタッフが多く参加しており、随所に、そのテーストが組み込まれています。そして、この2つのドラマの共通点として、ダブル主演と、二部構成という点が存在します。「あなたの番です」では、第一部の最後で、ダブル主演の一人、原田知世さん演じる、手塚菜奈が、死んでしまうという、ショッキングな結末が待ち受けていました。

「私たちはどうかしている」で、もし、そういった部分をオマージュした結末が待ち受けているとしたら、椿の命運が尽きるという可能性もあるかもしれません。

想定外の、二部構成だったので、ちょっと、このようなことが、頭をよぎってしまいました。

以上、「ドラマ【私たちはどうかしている】ダブル主演・二部構成 あのドラマを想起させる、第一部の結末」について考察してみました。
七桜のために、椿、死す?
もしかして、椿殺害の真犯人を追っていくのが、第二部のテーマになるのでしょうか。

ドラマ『私たちはどうかしている』を無料で見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録

今登録すれば、オリジナルコンテンツ「女将の部屋」も無料で視聴可能です。

ドラマ『私たちはどうかしている』オリジナルコンテンツ「女将の部屋」を無料で見たい方はこちら

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です