あなたの番です

あなたの番です 考察 西村淳の脅迫状が管理人の死と交換殺人の楔となった

今回は、西村の行動と交換殺人ゲームが始まったきっかけについて考察していきたいと思います。この考察によって、一連の事件の引き金となったことが明確になると思います。
※文中にでてくる「運命の住民会」とは、交換殺人の紙の抽選をした住民会のことです。

スポンサーリンク

運命の住民会が行われる以前の話

この考察をおこなう上で、押さえておきたい点が2点あります。1つは、榎本家が総一の写真をネタに床島にゆすられていたということです。これは、14話での正志の証言で明らかになり、9話での木下が見つけた脅迫文からも、運命の住民会が行われる以前から行われていたことがわかります。
もう一つが、床島と西村は麻雀仲間として親しい付き合いがあったということです。これは、9話での麻雀マットのお詫びや、15話での西村と翔太の会話から明らかで、こちらも運命の住民会が行われる以前から親しい付き合いがあったということがわかります。

床島管理人の死は事故死

運命の住民会が行われた夜に、この物語の最初の事件、床島死亡事件が起こります。これについては、以前の考察で事故死という結論に至ってますので、詳細はそちらをご覧ください。

あなたの番です 考察 管理人床島は転落するときサンダルを履いていた? 今回は、管理人床島が一体どこから転落したのか、そして事故なのか自殺なのか他殺なのかについて考察していきたいと思います。 ...
スポンサーリンク

管理人さんと書かれた紙を引いた人物

床島の死亡事件のあと、共用の掲示板に管理人さんと書かれた紙が貼り付けられていました。このことで、交換殺人ゲームにのっとって殺人が行われたのではないかと、ゲーム参加者の中に疑念が生まれます。
管理人さんと書いた人物は、15話で早苗だということがわかりましたが、引いた人物は誰なのでしょうか。引いた紙が明確になっていない(現物を見せていない)人物は、田宮、石崎、黒島、尾野の4人です。掲示板に管理人さんと書かれた紙を張り付ける行為は、交換殺人ゲームの開始をアピールしているようにも取れるので、この紙を引いて掲示板に張り付けた人物は、黒幕尾野ではないかと思っています。このことで一番焦ったのは管理人さんと書いた早苗ですが、自分自身に床島は自殺だと言い聞かせて、交換殺人の実行については踏みとどまっています。

西村淳は床島管理人が榎本家をゆすっていたこと知っていた

その後、早苗のもとに茶封筒が届けられ、その中には総一の写真と「やることをやれ」と書かれた脅迫文がはいっていました。この茶封筒は西村が投函したことは、以前の考察で結論づけています。この考察では、尾野が脅迫文を書いて西村に投函させたしています。このケースも十分ありますが、新たにもう一つ別のケースが考えられます。西村と床島は麻雀仲間でもあり、親しい付き合いがあったことから、榎本家のゆすりネタについて知っていた、あるいはグルになっていたのではないでしょうか。そして、床島が死んだことをいいことに、今度は自分で独り占めしようと管理人室に忍び込み、床島が用意していた脅迫状と写真を持ち去り、茶封筒に入れて榎本家ポストに投函したのではないでしょうか。

あなたの番です 考察 茶封筒を送った人と受け取った人 今回は、ショート投稿「キーアイテムをピックアップ」シリーズをお送りします。第1弾は、茶封筒を取り上げます。これまでに話の中で茶封筒が登...

榎本早苗は交換殺人ゲームの脅迫状と勘違いした

この西村が送った、金をゆするための脅迫状を早苗は、管理人を殺してやったんだから引いた紙の人物を殺せという交換殺人ゲームの脅迫状と勘違いしてしまい、総一のためなら何でもする早苗は、山際殺害を決意したのだと思います。

これが、交換殺人ゲームが始まったきっかけになったのです。

以上、西村の行動と交換殺人ゲームが始まったきっかけについて考察いたしました。西村は、自分のしたことが交換殺人の引き金になったとは思っていないでしょうが、金をゆすったことがバレるのを恐れている状態だと思います。住民会会長に立候補したのも、事件の情報を収集しやすくすることが目的だったのかもしれません。

スピンオフ動画『扉の向こう』を無料で見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
Huluは全作品見放題のVODサービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スピンオフ動画『扉の向こう』を無料で見たい方はこちら

次回は、16話の後考察になると思います。時間があれば「キーアイテムシリーズ」で何かピックアップしてみます。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です