ドラマ考察

ドラマ【君と世界が終わる日に】~第4話考察~ 抗体を持つのは響、これは、神奈川県全域を使った実証実験

日曜、22時30分から日本テレビ系列で放送されているドラマ、君と世界が終わる日にの、第4話で気になった点について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ「君と世界が終わる日に」を無料で見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
ドラマの「見逃し」「一気見」を無料で出来るチャンス

Season2を見られるのはHuluのみ

ドラマ「君と世界が終わる日に 」を無料で見たい方はこちら

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

刀集団はいい奴だった

刀集団については、首藤とつながっていると思っていましたが、そうではありませんでした。坪井は、地元の有力者の息子ということでした。

実は、騒動が起こる前から、感染候補者とされる人達が、横須賀の研究所に隔離されていたということでした。そして、感染していなかった人達は、国の上層部によって隠蔽されようとしていたところを、坪井が助けたということでした。
結局、坪井はいい奴だったということです。ただ、そのわりには、坪井の取り巻き達が、ガラの悪い連中ばかりだったことについて、ちょっと違和感を感じました。

美亜との関係性もよくわかりませんでしたし、響達を足止めさせた理由もよくわかりませんでした。単に、銃を奪いたいだけなら、多勢に無勢だったことから、簡単に奪えたように思います。
このまま、もう刀集団の登場がないのだとしたら、ちょっと回収不足だったように感じます。

美亜の恋人は別にいた

ゴーレム化した美亜の恋人ですが、最初に登場した人物とは違い、別にいたことが明かされました。

あっさり、やっちゃってたので、変だとは思いましたが、なんでそんな小細工したのでしょう。響達を騙すためだったと思いますが、最初から本物の恋人を出しても問題なかったように思いますが、どうなのでしょう。
美亜は、自らその恋人に噛まれるという結末を辿りました。結末としては、きれいなのかもしれませんが、結局、響達を騙しただけのキャラとして、共感できないままリタイヤしてしまったのは、ちょっと残念な感じがしました。一応、最後に、ゴーレムの弱点を響に教えるという役目を果たしていました。

スポンサーリンク

等々力がグループ離脱

放浪グループが、ショッピングモールから脱出する際、等々力が、近くにいた自衛隊を弓矢で打ち抜きました。

本郷の復讐に対する行動です。このことで、放浪グループ内が騒然とし、一旦、響が離脱しますが、他のメンバーは、響についていくことを決意します。正しい人より、信頼できる人の方がいいということでした。
結局、等々力が離脱するという形になりましたが、次回予告で、自衛隊の服を着て来美と接触していたことから、駐屯地内部に潜入していくことになりそうです。

首藤はワクチンを欲していない

本郷を射殺した件については、やはり、首藤が命令し、隠蔽していました。
それに気づいた、自衛官が、首藤に消されました。

やはり、響を近づけないための行動だったようですが、これらのことから、首藤の行動が、ワクチン開発とは逆行しているように感じました。そうなると、首藤の目的は何なのでしょう。それについては、16年前を振り返る必要がありそうです。

ゴーレム研究の真実

16年前、響の母親が亡くなった時に、関わっていた医師が、首藤だということがわかりました。

もしかして、響の母親は、ゴーレムの研究対象とされて、殺されてしまったのでしょうか。その可能性は、十分ありえます。そうなると、いろいろな仮説を立てることが出来ます。
まず、16年前から、すでにゴーレムの研究が行われていたという点です。それだけの年月をかけて行われていたとなると、国が主導で行ってきた研究の可能性が高いです。
国がそこまでして欲している物、それは、新たな兵器です。他国に送り込むことで、一瞬にして感染を広げ、国を亡ぼす、ウィルス人体兵器。そうなると、今回の騒動とどう関係してくるのでしょう。
考えられるのは2つです。
1つは、研究途中で、実験体が外に出てしまい、町中に広まってしまったというケースです。しかし、そうなると、国は収束させる方向に動くと思うのですが、首藤の行動を見ていると、そういった感じが伺えません。むしろ、状況を静観している感じもします。首藤にやられた自衛官が、ワクチンがなかなかできないと苛立っていたことからも伺えます。
そうなると、考えられるもう1つのケースが、日本国内の一部の地域、例えば、神奈川県全域を使って、実証実験をしているというケースです。これだけの年月をかけて、実証実験までおこなう段階に来ているのであれば、当然、ワクチンも完成しており、存在している状況だと思われます。それなら、なぜ、いまワクチンを開発しているようなふりをしているのでしょう。それは、ワクチンが存在していては、兵器として機能しないからです。治せないから脅威であって、治せたら、ただの病気にすぎません。存在するワクチンは、自分たちが秘密裏に確保しているものであって、公には存在しないものでなければならないということです。
そうなると、抗体を持っている人物は、別途、ワクチンを開発される可能性があるので、邪魔な存在になります。そこです。首藤が、響を避け、テロリストに仕立てて葬ろうとしているのは、響が抗体を持っているためではないでしょうか。

16年前に母親が研究対象にされていたのなら、息子に対しても、何か調査していた可能性もあります。

来美の血液の秘密については、ワクチンとは真逆の効果かも知れません。あの数値の跳ね上げ方からも、ゴーレムの力をパワーアップさせる効果があるのかもしれません。

それなら、首藤が欲しがるのもわかります。
響と来美の血液は、相反する効果を持っているという構図になります。

以上、「ドラマ【君と世界が終わる日に】~第4話考察~ 抗体を持つのは響、これは、神奈川県全域を使った実証実験」について考察してみました。
公式サイトでは、次回の第5話は、考察回と謳っているので、どのような展開になるのか期待です。

ドラマ「君と世界が終わる日に」を無料で見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
ドラマの「見逃し」「一気見」を無料で出来るチャンス

Season2を見られるのはHuluのみ

ドラマ「君と世界が終わる日に 」を無料で見たい方はこちら

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です