ドラマ考察

ドラマ【愛しい嘘 ~優しい闇~】第1話,2話考察 雨宮と中野の関係、犯人は最初から、りえを狙っていた

金曜、23時15分からテレビ朝日系列で放送されているドラマ、愛しい嘘 -優しい闇-の第1話、2話で気になった点について、考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

ポスタービジュアルの謎

ドラマ用のポスタービジュアルには、気になる点が3つ存在します。

1つ目は、右下に写っている、手とワイングラスです。
手だけが写っているのであれば、何かの被害者という捉え方ができますが、ワイングラスも写っているということは、他の仲間と一緒に、ワインを飲むべき人物だと捉えることができます。
2つ目は、左下に写っている携帯電話ですが、こちらについては、後ほど触れたいと思います。
そして、3つ目は、雨宮が、ワイングラスを持っている手です。他の仲間は、みんな、右手でワイングラスを持っていますが、雨宮だけ、左手で持っています。ということは、雨宮は、左利きなのでしょうか。しかし、こちらを見ていただくとわかりますが、本編では、右手でシャンパングラスを持っています。

この時だけたまたまというわけではなく、ナイフとフォークの位置や、コーヒーカップの向きも、右利きであることを示唆しています。
整理するとこうです。手だけの人物が仲間の雨宮で、誰かが雨宮を装っている。その人物は左利きだが、雨宮を装っているため、右利きの振りをしている。

中野幸という人物

雨宮を装うとしたら、現状、中野幸しかいません。中野についてわかっていることは、夏に家が火事になってしまったこと、その時に両親が亡くなってしまったこと、そして、2学期が始まった時には、すでに転校した後だったということです。
その火事ですが、望緒と、雨宮以外の4人が、何か後ろめたい表情をしていたことから、要因が、この4人にあることは間違いないでしょう。

ただ、4人が、そこまで罪の重さに苛まれているような感じがしないことから、故意に火をつけたのではなく、何か、予期せぬ原因によって起こったことだと思います。火事がおこったのは、8月の夏祭りの時期ということから、おそらく、花火の火の不始末ではないでしょうか。中学生ですし、たばこというよりは、花火のほうが、可能性は高そうです。そのことを、中野に教えたのが、雨宮なのではないでしょうか。
つまり、一連の出来事は、中野の復讐と、雨宮の贖罪から成り立っている計画のように思います。そうなると、中野と雨宮は、協力関係にあるということです。
ただ、中野と雨宮が、同じ顔をしているという設定は、現段階では、封印しておきたいと思います。それを認めてしまうと、トリック的に色々出来てしまうため、話が進んだうえでの、切り札にしたいと思います。

スポンサーリンク

奈々江を消した人物

当日、奈々江と会っていたのは、おそらく、優美だと思います。

夫の正が、事故か自殺扱いにして、もみ消そうとしていましたし、奈々江を消したのは、優美ということでしょうか。おそらく、優美は、奈々江の愚痴を聞くために会っていただけで、犯人ではないと思います。正は、そのことで、優美に嫌疑がかけられるのを嫌って、もみ消しに走ったのだと思います。優美には、奈々江を消す動機がありません。
動機として考えられるのは、タイムカプセルに入っていた、黒い携帯です。奈々江が預かって、雨宮、つまり、中野に渡したものです。奈々江は、中を見ていないと言っていますが、おそらく見ていて、そのことで、雨宮が偽物であることに気づいたのではないでしょうか。復讐の計画途中でバレてしまったため、しかたなく口封じしたといったところかと思いますが、雨宮こと中野には、母親のところにいたというアリバイがありました。

雨宮こと中野には、犯行が不可能なため、実行したのは、本物の雨宮ということになります。

一連の計画が、2人の協力関係によって成り立っているからこそ行える犯行です。
ちなみに、母親が、中野のことを息子だと思い込んでいるのは、病気のせいだと思います。

望緒を突き飛ばした人物

望緒を突き飛ばした人物についてですが、これも、奈々江の件同様、雨宮こと中野にはアリバイがあるため、本物の雨宮の犯行でしょう。

ただ、突き飛ばすことが目的ではなく、単にあとをつけていただけだと思います。その時に、突然電話がなり、自分の顔が見られそうになったため、思わず、突き飛ばしてしまったのではないでしょうか。
突然かかってきた電話という観点では、突然電話をかけていた、優美につながる要素のようにも感じます。

つまり、優美が電話していた相手が、本物の雨宮で、この時も、優美からかかってきたということでしょうか。優美が、本物の雨宮と知っているのかどうかはわかりませんが、おそらく、本物の雨宮が、優美の不倫相手だと思います。

りえを突き飛ばした人物

りえは、傘のせいで、望緒と間違えられて突き飛ばされたということになっていますが、何か違和感を感じます。

よく知らない人物に対してなら、そういうこともありえますが、犯人は、望緒について、よく知っていたと思います。そう考えると、服装も似ていたとはいえ、間違える可能性は低いように思います。つまり、最初から、りえを狙って突き飛ばしたということでです。目的は、望緒の作品を盗作したことへの戒めです。
望緒は、このことを、雨宮こと中野にしか話していません。そのことを知って、中野が、独断で行った犯行だと思います。

これは、漫画家としての望緒のためにやったことで、クロの正体が、中野であることにつながってくる要素にもなり得ます。たしかに、この件に関してだけは、アリバイの証明をしていませんでした。

以上、「ドラマ【愛しい嘘 ~優しい闇~】第1話,2話考察 雨宮と中野の関係、犯人は最初から、りえを狙っていた」について、考察してみました。
今のところ、犯人としての焦点が、雨宮と中野一点に集中しているため、フーダニットの観点では考察しづらい状況ですが、今後の展開が気になるところです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です