ドラマ考察

ドラマ【先生を消す方程式。】第1話考察 静の素性が明らかになった要因

土曜、23時からテレビ朝日系列で放送されているドラマ【先生を消す方程式。】について、第1話で気になった点について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

静は帝千学園の教師だった

経男と、恋人の静は、ともに高校の教師をやっているということです。経男に関しては、帝千学園に新しく赴任したということが明らかですが、静に関しては、素性が明らかになっていません。

おそらく、静は、帝千学園の教師だったと思われます。
オープニングのシーンで、2人の机が映りますが、静の机のサイドチェストに乗っている本に注目です。よく見ると、東大文理と書かれた本が置いてあります。

つまり、静は、東大を目指す生徒がいるような、名門校で教師をしている可能性が高いです。そして、帝千学園もそういった名門私立高校です。国語の辞典等、その他の並んでいる本から、現代国語が専門のようです。

静は3年D組の担任だった

静が、帝千学園の教師だったとすると、経男の現在の立ち位置が見えてきます。
静が元気な時に、経男が帝千学園に赴任するということはありえないので、2人が一緒にいるオープニングのシーンは、過去の話ということになります。

そして、経男が帝千学園に赴任してきたのが現在で、この時すでに、静は意識不明の重体になっているということです。

このタイミングで、3年D組の担任がいないということを考えると、経緯としては、こういった感じでしょう。
経男と静は、別々の高校で教師をしており、静は、帝千学園の3年D組の担任だった。しかし、何らかの事件が原因で、静は、意識不明の重体に陥ってしまう。このことに疑念をいだいた経男は、真相を探るため、帝千学園に赴任し、静が担当していた、3年D組の担任になる。

スポンサーリンク

3年D組の生徒

3年D組の生徒のうち、主要キャラとなりうる人物は、5人存在します。

まず、藤原刀矢です。
学園一の優等生ということですが、実は、裏でクラスを牛耳っている、黒幕的存在といったところです。

学園物では、ありがちな立ち位置のキャラで、一番、真犯人の可能性が高そうですが、逆に言えば、一番、ミスリード要員になりうる人物とも言えるでしょう。

次に、長井弓です。
頭がよく、人気インフルエンサーということもあり、とても、自信過剰といった感じのタイプです。

こういうタイプは、高々と伸びた鼻っ柱をおってやると、意外とあっさり敗北するので、真犯人の可能性は低そうです。

次に、大木薙です。
現状、これと言って目立った行動はとっていませんが、どうなのでしょう。

「だれだれとその仲間たち」の、「その仲間たち」的立ち位置のような感じなので、この人物も、真犯人の可能性は低そうです。

そして、剣力です。
単細胞な暴力担当キャラといった感じです。

事件=暴力というイメージを抱きがちですが、直接的すぎるという観点で、一番、真犯人とは遠い存在でしょう。

最後に、伊吹命です。
引きこもりで半年以上、学校に来ていないようですが、どういった人物なのでしょう。

現段階では、出番がほとんどないので、なんとも言えませんが、他の4人と大きく違う点が1つ、存在します。それは、名前です。他の4人には、刀、弓、薙、剣と、武器の名前が入っています。しかし、伊吹だけは、入っておらず、代わりに命が入っています。伊吹と、他の4人では、名前で差別化が図られています。

この5人についての結論的な話は、この後の、静かを襲った人物の考察でしたいと思いますので、3年D組の生徒については、一旦ここまでにしたいと思います。

帝千学園の教師たち

帝千学園の教師たちで、真っ先に触れる必要がある人物は、やはり、頼田朝日でしょう。3年D組の副担任で、さわやかで生徒からの人気も高いといった感じでしたが、第1話の最後で、いきなり本性を明かしていました。

本来、こういったキャラは、本性は明かさずに話が進んでいくものですが、なぜ、第1話からバラしてしまったのでしょう。おそらく、頼田が黒幕で、4人組のリーダーを藤原とし、経男と対決をしていくという構図を作りたかったのだと思います。
気づいているかたも多いと思いますが、名前も、義経に対して、頼朝と、完全な対決の構図になっています。

つまり、ドラマの表側にあたる、本筋ということでです。そして、静を襲った事件については、ドラマの裏側にあたる、隠れた本筋ということになります。そうなると、表側の黒幕である、頼田は、裏側には関与していない可能性が高そうです。

校長の佐倉については、現状、なんともいえませんが、役者が曲者なので、静を襲った事件について、何か知っているかもしれません。

養護経論の安田については、静と親しくしていた人物ではないでしょうか。経男の味方的立ち位置の人物といった感じでしょうか。

この2人については、名前から、これといった関係性を見出すことはできませんでした。

静かを襲った人物はこいつ

これまで見てきた観点から、静かを襲った人物について考察してみたいと思います。といっても、まだ、第1話なので、ファーストインプレッション的な感じととらえていただければと思います。

全体の構図として、義経に対し、頼朝軍団が対決するといった形が存在します。いわゆる、ドラマの表側の本筋です。義経の恋人、静御前は、何者かに襲われ意識不明の重体。そんな静御前に対して、友人と思われる人物や、事件について何か知っているであろう人物の存在が見えてきます。これが、ドラマの裏側の隠れた本筋です。これで、全体の構図が見えてきたことになりますが、1人だけ登場していない人物が存在します。

伊吹命です。

この段階で、構図のどこにもあてはまらず、おもてにも裏にも見えていない人物、伊吹命が、静かを襲った人物と考察します。

スポンサーリンク

スマホを仕掛けたのは誰

最後に、ちょっとした疑問です。
教室で、経男がパワハラを受けているところを、スマホで撮影していましたが、いったい誰がスマホを仕掛けたのでしょうか。

藤原が剣に殴り飛ばされた時に、配線が見えるので、経男たちが教室に入ってくる前から、仕掛けられていたことになります。

あの流れの中で、仕掛けることはできないと思うので、そういうことになりますが、なぜ、誰も気が付かなかったのでしょう。
ドラマ的に、そういった細かい部分に意味を持たせていないという可能性もあります。ただ、もし、意味を持たせているとしたら、考えられることは2つです。
1つは、生徒の中に、経男の協力者がいるという可能性です。

それなら、経男たちがくる前に、さりげなく仕掛けておくことが出来ますが、そうだとしても、他の誰かが気付きそうなもんです。
そうなると、考えられるのが、もう一つのほう、あの4人組以外の生徒全員が、経男の協力者という可能性です。

複数人で協力すれば、あの4人に気づかれないように、仕掛けることも可能かもしれません。
一応、3つ目の可能性として、頼田が経男の協力者というのも考えましたが、全体の構図的に、それはないと判断しました。

以上、「ドラマ【先生を消す方程式。】第1話考察 静の素性が明らかになった要因」について考察してみました。
おそらく、全7話か8話だと思われるので、あまり話が広がっていくことはなく、今回の考察であげた構図内で、話が展開していくのではないかと思います。そうなると、今後、考察していく要素がどの辺にあるのかという点で、未知数な感じはしますが、第2話以降も、引き続き、考察をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です