ドラマ考察

ドラマ【天国と地獄 ~サイコな2人~】第4話考察 現在、望月の体の中には真犯人が存在している

日曜、21時からTBS系列で放送されているドラマ、天国と地獄 ~サイコな2人~の、第4話で気になった点について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

やはり2人の会話は黒いスマホ

第4話で、日高と望月がスマホで会話をしたのは、計3回ありましたが、全て、望月が持っている、黒いスマホのほうでおこなっていました。

ちなみに、日高、望月と言っているのは、体の方ではなく、精神のほうを指していますので、そのような解釈でお願いします。
そうなると、やはり、犯行の動画を送り付けた時だけ、茶色いスマホでやり取りしたことになります。

このことについての詳細は、前回の考察で語っていますので、そちらをご覧いただければと思います。

ドラマ【天国と地獄 ~サイコな2人~】第3話考察 2つのスマホのからくり、日高は動画を送っていない 日曜、21時からTBS系列で放送されているドラマ、天国と地獄 ~サイコな2人~の、第3話で気になった点について考察してみたいと思います...

つまり、あの時、望月の体の中にいたのは、日高ではなく、別の人物だったことが、かなり濃厚になってきます。

望月の体の中は真犯人の精神

望月の体の中が、日高から真犯人に変わったとすると、そのタイミングは、2月3日の犯行がおこなわれた時です。おそらく、現在も、真犯人の精神が、望月の体の中に居続けてると思います。その証拠となるシーンが、スパでの2人のやり取りの中に存在していました。それは、望月が、日高の胸ぐらをつかみ、これが世のあるべき姿だと怒りをぶつけたシーンです。

この時、日高は、「だからあなただったんですか」と言いました。入れ替わった日高自身が、他人事のように、「だからあなただったんですか」というのはおかしいな感じがします。それに気づいたのか、「そうか、だから私は、あなたと入れ替わったんですよ」と言い直します。このことが、望月の体の中には、日高ではなく、真犯人の精神が居続けているということを示唆しています。
そして、この言葉の意味は、「あなたという人は、正義感が強く、自分を犠牲にしてでも信念を貫き通す強さを持っている。そんなあなただから、日高は、この事件の真相を共有できる人物として、あなたを選んだ」という意味ではないでしょうか。会話の感じから、そういうような解釈をすることが出来ます。
ただ、細かい部分が気になります。例えば、茶色いスマホに犯行動画を送っちゃった後は、ちゃんと黒いスマホでやり取りをしています。これについては、日高が教えたと考えることもできます。この1回のミスが、後々、望月が、第3の人物の存在に気づくきっかけになるのかもしれません。

スポンサーリンク

スパには富樫と来ていた

この、スパでのシーンでは、もう1つ、気になることを言っているシーンが存在しました。「スパには、富樫と来たことがある」と言っていたシーンです。
先ほど言ったように、あの時、望月の体の中には、真犯人の精神が存在していることになります。現状、私の考察では、真犯人は、九十九だと思っているので、あの時存在していたのは、九十九ということになります。しかし、九十九と富樫、今のところ、全く接点がありません。

さらに、男どうしでスパに来るというのも、ちょっと違和感があります。そうなると、真犯人は、女性の可能性もあるということでしょうか。女性となると、五木か、日高の妹の優菜になりますが、2人に真犯人たる強い要素は存在しません。
とりあえず、単なるジョークと捉えておくことにしますが、女性真犯人説も、片隅に置いておきたいと思います。

Φではなく0

犯行現場に残されている文字は、Φではなく、0ではないでしょうか。日高が風呂場で書いていた文字が、0のように見えました。

被害者は、何かしらの悪事を働いていた人物のようなので、この世から葬り去られたことで、何もかも無に帰する。つまり、0になるということを意味しているように思います。

ロッカーのトラップ

ロッカーに、事件の関連資材を隠している日高、真犯人、ややこしいので、日高で通しますが、その時に、扉の下に、青い付箋紙のようなものを挟み込みました。

なんか、矢印のような形をしていましたが、おそらく形は関係なく、誰かがロッカーを開けた時にわかるようにするためのトラップだと思います。
あれだけ目立つと、開けた人物も気づくのではと思うでしょうが、別にき気づいてもいいんです、要は、同じ場所に戻されなければ。むしろ、気づいて、拾ってロッカーの中に入れてくれたほうが、指紋から、誰が開けたかも特定できます。
日高が、ロッカーの前にいるところを、陸が目撃していました。

ロッカーのカギをくすねることが出来る立ち位置からも、このトラップに引っ掛かるのは陸でしょう。そうなると、陸が狙われる、十中八九、その流れの展開になるでしょう。

以上、「ドラマ【天国と地獄 ~サイコな2人~】第4話考察 現在、望月の体の中には真犯人が存在している」について考察してみました。
次回、1話以来ひさびさに、九十九が登場するようです。真犯人候補としてはいるものの、1話のあのシーンだけでは決め手に欠けるので、何かしら得られることを期待したいです。
ちなみに、陸に関しては、一度も疑うような考察をしていませんが。陸については、最初から、ミスリード要員丸出しの行動や言動だらけだったので、最初からオミットしていました。陸の見せ場は、ロッカートラップに引っ掛かった後、やられてしまうのか、生き延びるのかというところでしょう。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です