ドラマ考察

ドラマ【天国と地獄 ~サイコな2人~】第3話考察 2つのスマホのからくり、日高は動画を送っていない

日曜、21時からTBS系列で放送されているドラマ、天国と地獄 ~サイコな2人~の、第3話で気になった点について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

2つのスマホのからくり

いきなり、第3話の核心に触れたいと思います。
第3話の最後で、新たな犯行がおこなわれたことが明らかになりました。前回の考察で、新月である、2月12日に何かが起こると言いましたが、まさにその通りになりました。前回の考察でいった通り、満月と新月は、入れ替わりが可能となる日なので、おそらく、犯行は日高ではなく、入れ替わった別の人物だと思います。

ドラマ【天国と地獄 ~サイコな2人~】第2話考察 入れ替わりの条件が判明、日高は入れ替わりをコントロールできる 日曜、21時からTBS系列で放送されているドラマ、天国と地獄 ~サイコな2人~の、第2話で気になった点について考察してみたいと思います...

その様子を動画にとって、望月に送っていました。
あの動画を送ったのは、日高ではないでしょう。その根拠は、動画が送られてきたスマホです。動画が送られてきたスマホは、茶色のカバーが付いたスマホになります。

日高がやり取りしていたスマホは、もう一つの別のスマホのほうです。もし、日高が動画を送るのであれば、そちらのスマホに送るはずです。

見返してみると、動画を送った時の操作は、手元のアップなので、日高が送ったかどうかは判断つきません。

日高がスマホを見ているシーンから、動画送信へと繋がっているので、当然日高が送ったかのように見えますが、編集トリックで、実際は別々のカットという可能性が高いです。
そうなると、動画を送った人物は、誰なのでしょうか。前回の考察でもあげた通り、日高と入れ替わった九十九という可能性が高そうですが、現状、決め手となる要素は存在していません。むしろ、ここにきて、急浮上してきた人物がいます。それは、八巻です。

八巻が黒幕の可能性

そもそも、望月が、茶色のカバーのスマホでやり取りをしていたのは、八巻です。八巻は、もう一つのスマホの存在は知らないので、茶色のカバーのほうに動画を送ったというのは、納得がいきます。
八巻については、いくつか違和感を感じる行動が存在します。

まず、突然、九十九にたどり着いた点です。あの時、お先に失礼しますといって、速攻帰ったはずなのに、なぜか、その辺について調べ上げていました。しかも、わざわざ、翌朝のセッティングだったり、電話でもいいところ、テレビ電話だったりと、何か不自然な感じがしました。手袋の入れ替えを、左右間違えたというのも、なにかわざとらしい感じがします。
そんな中でも、1番気になったのは、2人の入れ替わりを、早々に気づいた点です。非現実的な出来事に対して、あまりにも感が鋭すぎるような気がします。ゆとりキャラとは、相反する行動です。もともと知っていないと、あのようには言えない、といった感じがしました。
とは言うものの、八巻に関しても、決め手となる要素は存在しませんし、行動や言動が、あまりにもマメすぎるのが黒幕的要素と相反するような感じもします。その辺も、全部演技という可能性もあります。
現状、本線は、九十九ですが、八巻も一枚かんでいる可能性があるかもしれません。

スポンサーリンク

犯行のルール

今回おこなわれた、新たな犯行については、4という数字がキーワードになっています。壁に書かれた4という数字が、犯行の合図ということです。

以前、日高の部屋からでてきた人名リストに、10人の名前が書かれていましたが、その中に四方忠義という名前があります。

その人物は、今回殺害された人物です。つまり、合図の数字が、次の犯行のターゲットの名前に入っているということです。
一、二、三、四、五、六、七、あれ、八と九と十が見当たりません。米を八と取ることはできますが、九と十はどこにも見当たらない感じです。
九と十、つまり、九十九。存在しない数字が、黒幕を示唆しているのかもしれません。
戸塚豊と、市川学という、数字が入っていない名前もありますが、制作側な観点で、全部数字でそろえては、わざとらしすぎるので、あえてフェイクも混ぜておいたのかもしれません。

入れ替わりのトリガー

九十九が黒幕であるとすると、入れ替わりのトリガーとなるようなシーンが存在していました。といっても、九十九が登場したシーンは、第1話のテレビ電話のシーンだけなので、気づいているかたも多いと思いますが、このシーンになります。

ハイタッチしています。このハイタッチ、いかにも入れ替わりのトリガーといった感じですが、どうでしょう。ちょっと、わざとらしすぎる感じもしますが、そうなると、2人が接触しなければいけないため、九十九は日本にきているということになります。その辺が引っ掛かるところではありますが、気になったので取り上げておきました。

以上、「ドラマ【天国と地獄 ~サイコな2人~】第3話考察 2つのスマホのからくり、日高は動画を送っていない」について考察してみました。
今回起こった事件は、ちょっと一線を越えてしまったような感じもします。入れ替わっているとはいえ、望月の体で事件を起こしてしまったのは、もt付的には、一生消えない精神的ダメージです。望月がどのように逆襲していくのか、今後の展開に期待です。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です