漫画

漫画【金田一少年の事件簿】エピソード プレイバック vol.04

以前おこなった、金田一少年の事件簿ランキングで、ランキング外となった長編エピソードをピックアップし、プレイバックしながら紹介したいと思います。金田一少年の事件簿ランキングをご覧になられていない方は、そちらを先にご視聴いただくことを、お勧めします。

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

長編エピソード 全47ファイル

金田一少年の事件簿で、短編ものや、明智警視が主役の物を除いた、長編エピソードは、この47ファイルになります。

File.01 オペラ座館殺人事件
File.02 異人館村殺人事件
File.03 雪夜叉伝説殺人事件
File.04 学園七不思議殺人事件
File.05 秘宝島殺人事件
File.06 悲恋湖伝説殺人事件
File.07 異人館ホテル殺人事件
File.08 首吊り学園殺人事件
File.09 飛騨からくり屋敷殺人事件
File.10 金田一少年の殺人
File.11 タロット山荘殺人事件
File.12 蝋人形城殺人事件
File.13 怪盗紳士の殺人
File.14 墓場島殺人事件
File.15 魔術列車殺人事件
File.16 黒死蝶殺人事件
File.17 仏蘭西銀貨殺人事件
File.18 魔神遺跡殺人事件
File.19 速水玲香誘拐殺人事件
File.20 魔犬の森の殺人
File.21 銀幕の殺人鬼
File.22 天草財宝伝説殺人事件
File.23 雪影村殺人事件
File.24 露西亜人形殺人事件
File.25 怪奇サーカスの殺人
File.26 金田一少年の決死行
File.27 吸血鬼伝説殺人事件
File.28 オペラ座館・第三の殺人
File.29 獄門塾殺人事件
File.30 雪霊伝説殺人事件
File.31 黒魔術殺人事件
File.32 剣持警部の殺人
File.33 錬金術殺人事件
File.34 ゲームの館殺人事件
File.35 人喰い研究所殺人事件
File.36 香港九龍財宝殺人事件
File.37 薔薇十字館殺人事件
File.38 雪鬼伝説殺人事件
File.39 亡霊校舎の殺人
File.40 狐火流し殺人事件
File.41 蟻地獄壕殺人事件
File.42 吸血桜殺人事件
File.43 人形島殺人事件
File.44 黒霊ホテル殺人事件
File.45 白蛇蔵殺人事件
File.46 聖恋島殺人事件
File.47 金田一二三誘拐殺人事件

今回は、金田一少年の事件簿ランキング以外のエピソードの中から、こちらのエピソードを取り上げてみたいと思います。

File.19 速水玲香誘拐殺人事件

このエピソードは、全9話と短く、長編というよりは、中編と言ったほうがよいのかもしれません。
序盤の展開は、身代金 受け渡しのために、金田一が駆けずり回り、翻弄されるといった展開です。金田一が、犯人の思うがままに動くしかない状況という点では、「金田一少年の殺人」に、多少似ている感じもあり、のちの「金田一少年の決死行」に通づるものがあるように思います。


このエピソードの面白いところは、2つの違う思惑が交差しているという点です。安岡の、鏑木と玲香の養子縁組を阻止するという思惑と、真奈美の、安岡を殺害するという思惑です。

安岡に関しては、鏑木が金を出し渋ることまで計算して誘拐をしましたが、金田一に偽札だとバレてしまうハプニングがありました。

しかも、三田村が、金を用意するということになってしまいました。

しかし、取引を失敗させる展開にもっていくという、臨機応変な対応は、みごとだったように思います。

まあ、安岡のアイデアかどうかはわかりませんが、視聴者側も、この序盤の展開だけで、そこまで読み取るのは難しかったように思います。
ただ、駅前で出された、あのチープななぞなぞは何だったのでしょう。金田一をもたつかせるためのものだったとしたら、もう少しちゃんとした謎解きにしてほしかったです。

一方、真由美のほうは、吊り橋についての失言や、中途半端な靴の細工と、ミスが多かったです。

まあ、失言に関しては、金田一が落下した時のことをよく覚えていないと、言葉を発した段階でピンとくるのは難しかったように思います。

靴に関しては、小渕沢こと、高遠が、玲香が森の中を歩き回っていない証拠になっても、トリックを行った証拠にならないと、あわててフォローしてました。

時間経過のトリックについては、わかりづらい部分もあるので、ちょっと振り返ってみたいと思います。
10日に誘拐され、11日の朝に目を覚ました玲香、そして、11日の夕方に、逃げようとしたところを見つかり、気絶させられる。ここまでは、わかります。

問題の12日、取引で金田一が駆けずり回った日ですが、玲香は、目覚めることなく、眠り続けていました。そして、翌、13日の朝、玲香が目を覚まします。この時、玲香は、12日だと思っています。そうです。そして、13日の正午過ぎに、安岡が殺害され、玲香は再び気絶させられます。

最後、玲香が道端で発見されて、気づいた時には、13日だったため、玲香は、まる一日歩き回り、道端で気絶していたと誤認識してしまったのです。

玲香の意識の混濁を利用した、とても面白いトリックだと思います。ただ、玲香の記憶に完全依存しているので、疑い始めれば、付け入る余地はいくらでもあるといった感じがしました。玲香が、二日ぐらい意識を失っていたかも しれないとか、気絶させられて、道端で意識を戻すまでが短かったような気がするとか言い出したら、警察も、もっと細かく調べたのではないでしょうか。靴の細工はその一つだと思いますが、実際の決め手となったのは、髭剃りに残った髭でした。

話としては単純なことですが、普段、髭をそっていても、残った髭に着目することはないですし、そもそも、女性は、使わないので、意外とわかりづらかったかもしれません。しかし、あんなにきれいに長さが違う髭が残るのかとも思いますが、その辺は、作者も実証実験済みだと思います。

犯行の動機は、安岡との結婚が、実は真由美を襲わせ、失意のどん底にいるところを、近づくという安岡の計画だったということを知ったことによる復讐でした。

1人の人間に対しての復讐のわりには、大掛かりな仕掛けでした。まあ、高遠がいろいろやりたかったのだと思いますが、真由美が、最後に紅茶を飲んだのは、不自然な感じがしました。完全に追い詰められている状況で、紅茶なんか飲んでいる場合じゃないだろという感じはします、しかも、冷静に砂糖まで入れて。
高遠が、催眠か何かで誘導したのならまだわかりますが、強引に毒を飲む行動に持っていった感じでした。

あとは、エピローグとして、三田村が玲香の母親ではないかというのを匂わせていました。

しかし、その後、三田村が登場したことは、1度もありません。
結構多いです、読者になげっぱなしにするの。
もし、本当に親子なら、三田村を再登場させる、玲香のエピソードというのが、あってもよかったように思います。

以上、「漫画【金田一少年の事件簿】エピソード プレイバック vol.04」について紹介してみました。
このエピソードは、殺害のターゲットが1人ということから、あまり話を複雑化させることが出来ず、長編にならなかったように思います。真由美と安岡の関係性は、共犯といえるのかについてですが、個人的には、信頼関係と目的の共有が成立しないと、共犯とはいわないと思っているので、真由美が一方的に安岡を利用した関係性は、共犯とは言えないと思います。

今回は、要望をいただいたエピソードから選んでみましたが、他にもいくつか要望をいただいているので、次回もその中から選んでみたいと思います。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です