漫画

漫画【金田一少年の事件簿】エピソード プレイバック vol.05

以前おこなった、金田一少年の事件簿ランキングで、ランキング外となった長編エピソードをピックアップし、プレイバックしながら紹介したいと思います。金田一少年の事件簿ランキングをご覧になられていない方は、そちらを先にご視聴いただくことを、お勧めします。

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

長編エピソード 全47ファイル

金田一少年の事件簿で、短編ものや、明智警視が主役の物を除いた、長編エピソードは、この47ファイルになります。

File.01 オペラ座館殺人事件
File.02 異人館村殺人事件
File.03 雪夜叉伝説殺人事件
File.04 学園七不思議殺人事件
File.05 秘宝島殺人事件
File.06 悲恋湖伝説殺人事件
File.07 異人館ホテル殺人事件
File.08 首吊り学園殺人事件
File.09 飛騨からくり屋敷殺人事件
File.10 金田一少年の殺人
File.11 タロット山荘殺人事件
File.12 蝋人形城殺人事件
File.13 怪盗紳士の殺人
File.14 墓場島殺人事件
File.15 魔術列車殺人事件
File.16 黒死蝶殺人事件
File.17 仏蘭西銀貨殺人事件
File.18 魔神遺跡殺人事件
File.19 速水玲香誘拐殺人事件
File.20 魔犬の森の殺人
File.21 銀幕の殺人鬼
File.22 天草財宝伝説殺人事件
File.23 雪影村殺人事件
File.24 露西亜人形殺人事件
File.25 怪奇サーカスの殺人
File.26 金田一少年の決死行
File.27 吸血鬼伝説殺人事件
File.28 オペラ座館・第三の殺人
File.29 獄門塾殺人事件
File.30 雪霊伝説殺人事件
File.31 黒魔術殺人事件
File.32 剣持警部の殺人
File.33 錬金術殺人事件
File.34 ゲームの館殺人事件
File.35 人喰い研究所殺人事件
File.36 香港九龍財宝殺人事件
File.37 薔薇十字館殺人事件
File.38 雪鬼伝説殺人事件
File.39 亡霊校舎の殺人
File.40 狐火流し殺人事件
File.41 蟻地獄壕殺人事件
File.42 吸血桜殺人事件
File.43 人形島殺人事件
File.44 黒霊ホテル殺人事件
File.45 白蛇蔵殺人事件
File.46 聖恋島殺人事件
File.47 金田一二三誘拐殺人事件

今回は、金田一少年の事件簿ランキング以外のエピソードの中から、こちらのエピソードを取り上げてみたいと思います。

File.22 天草財宝伝説殺人事件

このエピソードは、連載当時に行われていた真相当てクイズで、応募者5324人の中で、完全正解者が3人しかいなかったという、難易度の高いエピソードでした。犯人、トリック、暗号、どこまでを当てるクイズだったかは覚えていませんが、その辺の要因についても振り返っていきたいと思います。
ストーリーの展開的には、天草諸島に眠る、天草四郎の財宝の在りかを、暗号をもとに探していく流れです。その過程で、財宝発掘ツアーに参加したメンバーが、次々と殺害されていくのですが、この、財宝の在りかを示す暗号、個人的には、暗号とは呼べないように思います。
暗号の定義は、一定の手順に基づいて無意味な文字や符号の列に置き換えたものです。「金田一少年の殺人」で登場した暗号は、日本語の文字をローマ字にする、それを逆から読むという、2つの一定の手順を踏むことで、誰にでも同じ答えを得ることができます。まさに、暗号そのものです。しかし、このエピソードで登場した暗号は、そういった手順が存在せず、ひらめき、妄想、こじつけが、うまくかみ合った時のみ、答えが得られる作りになっています。そういった点から、暗号というよりは、怪文書に近いように思います。
具体的に見ていくと、「さんしゃる」を「三角池」と解釈していますが、「さん」しか合っていない単なる語呂合わせです。「こんたろす」に関しては、「勘太郎峠」だったり、「小島子」だったり、かなり強引な感じがしました。2と5という数字も、方位や九星気学、比率など何でもありでしたが、結局は金田一のひらめきによって出てきたものでした。

実話をもとにした伝説的要素ということもありますが、読者が考えてどうこうなる代物ではないという点は否めません。まあ、フーダニットやトリックに直結する要素ではないので、そういった意味では、暗号が怪文書化し、誰も解けないという点が影響することはなかったように思います。ただ、読者的には、金田一達のひらめきによって、宝探しが展開していく過程を楽しめるか、読者が解読不可能な内容を、勝手な妄想やこじつけによって話が進んでいく展開に嫌気をさすのかが、このエピソードの評価が分かれる要因のひとつになるように思います。個人的には、どちらかというと後者寄りの印象を受けました。

次に、フーダニットやトリックについてですが、これについては、かなり練り込まれていて、おもしろさと共に難しさもあったように思います。
まず、家系図の謎ですが、全員の名前に「月」が入っているというのは、比較的気づきやすかったと思います。実際、私も、これについては、すぐに気づきました。

そこに気づけば、殺害された4人の名前にも月が入っているというのにも気づくと思いますが、そこからもうひと読みできるかがポイントです。

容疑者4人の名前には、「月」が入っていないことから、家系図の謎については、動機の観点まででとどめてしまった人も多かったのではないでしょうか。しかし、実際は、娘の名前に「月」が入っていることから、犯人に辿り着くことができました。これについても、序盤でさりげなく娘の話をしていただけなので、気に留めなかった人も多かったのではないでしょうか。

さらに言えば、実際は、妻の名前に「月」が入っているのですが、そこを示唆要素とはせずに、娘の名前で示唆していた点は、かなり練り込まれていたように思います。

ただ、これだけだと、偶然、名前に「月」が入っているだけという可能性もあるので、和田が犯人だと断定できませんが、その辺を、アリバイトリックの観点から、しっかり補う形となっていました。
空白補完効果を利用して、相手に遠回りさせるトリックです。詳しいトリック内容については触れませんが、トリックとしては、とても面白いように思います。

ただ、机上の空論的な感じは否めません。
まず、全員が思惑通りの時間に、コテージをチェックアウトするとはかぎりません。実際に、矢木沢や美浦は、数分遅れてきました。もしここで、10分以上遅れていたら、和田より後ろの位置取りになり、犯行を見られていた可能性があります。

時間的な観点で言えば、時計を細工された3人が、そのことに気づいてしまう可能性もあります。コテージ前に集まってから、みんなで行こうという話になることも考えられます。
赤峰自身の行動にも、不確定の要素はありました。空白補完効果を利用して、地図上の道がない部分を焦げ跡にして、道があるように見せていましたが、普通なら、道があるのかないのかわからないと捉えるのが自然です。

実際に加工した地図がどのようなものだったのかにもよりますが、もし赤峰がそう考えた場合、他のメンバーに地図の確認をする可能性もあります。その確認を和田にしていたのであれば、道があると認識させることができますが、特にそういった要素は存在しませんでした。これらの要素が、すべて思惑通りにいって、はじめて成立するトリックなので、読者側も、ある程度想像はできても、実現という意味で、疑心暗鬼な部分もあったように思います。
空白補完効果の示唆要素となっていた、コーヒーカップの取っ手のヒントも、逆に混乱させる要素だったように思います。

カップの取っ手が1つか2つかということを、ない道をあるように見せるということに繋げるには、ちょっと難しかったように思います。
今思うと、和田のカバンが発火したのも、唐突過ぎて違和感を感じます。

この段階で、和田に目を付けることもできましたが、他の容疑者も、うまくミスリード効果があったように思います。
まず、矢木沢ですが、金田一が襲われた時に、犯人が逃げた方向から現れました。

犯人が変装を解いて、さりげなく現れるというのはよくあるので、疑う要素になりました。
美浦については、ダウジングという特殊な要素もありましたが、わざわざ、金田一と同じ学校という設定だったことが、意味深な感じを受けました。まあ、ぜんぜん関係ありませんでしたけど・・。

天堂については、天草四郎というテーマとその風貌だけで、ミスリードの要素満載でした。

和田自身、特にミスをしていないという点からも、和田が犯人と思っても、アリバイトリックや家系図の謎が説明しきれない点や、ミスリード要員の妙が、真相当てクイズの正解率にも影響が出たのかもしれません。

金田一が犯人に仕掛けた罠も、3人の腕時計の時刻をずらし、それに合わせて部屋の時計も合わせていることを気にした犯人が自ら現れるという、わかりづらいものでした。

金田一の推理では、腕時計のほうをいじって、部屋の時計はいじっていないと言っていたので、なんで犯人は、部屋の時計を気にしたのかわからないという人もいたかもしれません。

全体的に見て、不確定な要素や、わかりづらい部分が随所にあったので、混乱しがちな感じもしましたが、いろいろ考え、練り込んだ結果こうなったということが伺える内容だったので、個人的には、かなり評価しています。

最後に、犯行の動機ですが、復讐という動機が多い中、このエピソードでは、財産目当てが動機でした。

といっても、欲に目がくらんでということではなく、娘の病気の手術代を得るための犯行でした。

ただ、4人も殺害した上に、葉月を犯人に仕立て上げている点など、ある意味、復讐より同情の余地はない感じがします。子供が絡んでいるということもあって、最後はほっこりエピローグとなりましたが、殺害された4人が、何とも浮かばれませんでした。

そのうちの1人、葉月は、いつきとの関係も描かれただけに、残念なキャラとなりました。

現状、頭の切れる女性のサブレギュラー キャラがいないので、もし生きていれば、そういった位置づけのキャラになったかもしれません。

以上、「漫画【金田一少年の事件簿】エピソード プレイバック vol.05」について紹介してみました。
このエピソードをベストテンに入れなかったのは、宝探しが勝手な解釈で展開していく点があまり好きでなかったことと、不確定要素とわかりづらい部分が多かった点です。ただ、作者の作り込み度は高く評価しているので、そういう意味でも、良作の部類に入るのではないでしょうか。まあ、実際に人気があるエピソードですし。あと、美浦エミリに関しては、なんとなく、先を見据えて登場させたキャラのようにも感じましたが、その後、スピンオフで登場しただけで、本編で登場することはありませんでした。なんか、キャラ的に、読者にはあまり好かれなかったようです。

今回は、要望をいただいたエピソードから選んでみましたが、他にもいくつか要望をいただいているので、次回もその中から選んでみたいと思います。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です