漫画

全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第5位

金田一少年の事件簿の、全部で47存在する、長編エピソードを、独断と偏見によって、ランキング化し、上位10エピソードをベスト10、下位10エピソードをワースト10として紹介したいと思います。
今回は、ベスト・ワーストランキング、第5位の発表です。

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

長編エピソード 全47ファイル

金田一少年の事件簿で、短編ものや、明智警視が主役の物を除いた、長編エピソードは、この47ファイルになります。

File.01 オペラ座館殺人事件
File.02 異人館村殺人事件
File.03 雪夜叉伝説殺人事件
File.04 学園七不思議殺人事件
File.05 秘宝島殺人事件
File.06 悲恋湖伝説殺人事件
File.07 異人館ホテル殺人事件
File.08 首吊り学園殺人事件
File.09 飛騨からくり屋敷殺人事件
File.10 金田一少年の殺人
File.11 タロット山荘殺人事件
File.12 蝋人形城殺人事件
File.13 怪盗紳士の殺人
File.14 墓場島殺人事件
File.15 魔術列車殺人事件
File.16 黒死蝶殺人事件
File.17 仏蘭西銀貨殺人事件
File.18 魔神遺跡殺人事件
File.19 速水玲香誘拐殺人事件
File.20 魔犬の森の殺人
File.21 銀幕の殺人鬼
File.22 天草財宝伝説殺人事件
File.23 雪影村殺人事件
File.24 露西亜人形殺人事件
File.25 怪奇サーカスの殺人
File.26 金田一少年の決死行
File.27 吸血鬼伝説殺人事件
File.28 オペラ座館・第三の殺人
File.29 獄門塾殺人事件
File.30 雪霊伝説殺人事件
File.31 黒魔術殺人事件
File.32 剣持警部の殺人
File.33 錬金術殺人事件
File.34 ゲームの館殺人事件
File.35 人喰い研究所殺人事件
File.36 香港九龍財宝殺人事件
File.37 薔薇十字館殺人事件
File.38 雪鬼伝説殺人事件
File.39 亡霊校舎の殺人
File.40 狐火流し殺人事件
File.41 蟻地獄壕殺人事件
File.42 吸血桜殺人事件
File.43 人形島殺人事件
File.44 黒霊ホテル殺人事件
File.45 白蛇蔵殺人事件
File.46 聖恋島殺人事件
File.47 金田一二三誘拐殺人事件

便宜上、下位10エピソードをワースト10と言っていますが、決して、駄作という意味ではないので、その辺は、ご了承ください。考察をおこなっている、金田一37歳の事件簿については、金田一の立ち位置の違いや、主要キャラが違うという点で、今回は、対象外とさせてもらいました。
それでは、今回は、ベスト5位と、ワースト5位を発表したいと思います。

ベストエピソード 第5位

ベストエピソード 第5位は、File.43「人形島殺人事件」です。

リターンズの中でも、初期のころの作品の雰囲気をかもしだしたエピソードとして話題になりました。それは、ある意味、じっちゃんこと、金田一 耕助の世界観である、不気味でおどろおどろしい感じが表現されているとも言えます。いきなりこの3人がでてきた時は、なにか期待させるものがありました。

バンされてしまう恐れがあるので、挿し絵は入れられませんが、遺体の描写においても、かなりグロテスクで怖い感じとなっていました。
こういった部分については、好き嫌いがあると思いますが、個人的には、ベストエピソードに選ぶ要素の1つとなりました。

ストーリー的な観点でも、優れた点が多く、この3人、つまり、ペルソナドールの関係性については、面白く描かれていたように思います。実際は3人のユニットではなく、朱鷺田1人だけで執筆していたという点です。

そのことを解き明かすためのヒントとして、3人の並びの写真が存在しましたが、キャラの見た目のインパクトが強いことで、ちょっとした身長差にきづきにくくなっていた点もよかったです。

それだけでなく、人形供養祭を利用して、他の2人の存在を抹殺しようとしていたという点も、うまくつながっていた感じがします。しかも、これらのことは、朱鷺田自身が計画していたことで、それを、真犯人がうまく利用して犯行を成し遂げていたという点も、うまい繋がりでした。

トリック的な観点でも、1人の遺体を3等分することで、3人の人間が殺されたように見せていましたが、初めから3人ではないという思いで見ていない限り、トリックだという違和感は感じなかったように思います。

このように、ペルソナドールという3人組からは、いくつもの繋がりや伏線が存在していますが、それを、見た目の不気味さや、猟奇的な遺体の描写によって、うまく包み隠していたように思います。

フーダニットの観点では、金田一シリーズではよく使われる、失言によって、犯人特定は容易だったと思われます。ただ、他の容疑者についても、それぞれにバックボーンが存在しており、第三の事件で大きな失言がでるまでは、誰が犯人かわからないような状況でした。特に、林堂親子や、田中に関しては、事件の動機と間接的につながっている人物だったので、そういった点も、細かく描かれていました。

先ほど言ったように、犯人特定の決め手は、真犯人、星坂の失言にあります。しかし、やみくもに失言したわけではなく、一人二役を演じていたことにより、行動と記憶が混同し、思わず、知らないはずのことを口走ってしまったという点は、理にかなっていました。

金田一37歳で、現在連載中の、壮麗館事件でも、失言が決め手となっていますが、あの犯人の、自滅的な失言とは、全然意味が違います。

犯行の動機は、時田が書いた本の中で、バッシングされて、娘と心中をしてしまった姉の復讐でした。

この部分も、複雑につながっており、星坂の姉自身は、悪い人物ではなく、時田も、そこをバッシングするつもりで書いたわけではなく、自身、罪の意識から、執筆をつづけず、ペルソナドールとして活動するようになったという経緯がありました。さらに、星坂の姉の夫が起こした事件が、林堂親子や、田中と繋がっており、とにかく、このエピソードは、個々の部分を、余すところなくつなげることによって、全体を構成していた印象が強かったです。

スポンサーリンク

ワーストエピソード 第5位

ワーストエピソード 第5位は、File.41「蟻地獄壕殺人事件」です。

これも、リターンズのエピソードで、人型ジマの2つ前のものになります。まず、細かい部分で気になった点が2つありました。一つは、大戦中の収容施設を改造したという、よくわからない建造物で、心理実験モニターをするというシチュエーションについてです。

「これってどういう状況なの」って感じがします。物語の中で、シチュエーションやロケーションといったものは大事になってくるので、こういった、奇をてらった設定は、物語に、入りずらい 感じがしました。
もう一つは、登場人物の服の色をキーポイントとしている点です。服の色によって、人物を特定するという刷り込みのトリックに使われていました。

色という要素は、視覚によって認識できないと、わかりづらく、色が白黒2色の雑誌上で、色を文字で認識させようとすることに無理を感じました。

ストーリーやトリック的な観点では、パクリの要素が多く感じました。それは、どういった点かというと、まず、犯人が、死体に成りすまして、みんなをやり過ごさせるトリックは、蝋人形城のエピソードで、犯人が、蝋人形に成りすましてやり過ごさせたのと同じです。

さりげなく、後から合流といった点も、同じ流れです。

他にも、犯人特定の決め手となった、殺された人物のバイタル測定バンドを、自分につけて、生きているように見せるというトリックは、ある漫画をパクっている感じがします。

その漫画では、耳につけられたバイタル測定装置を、耳 ごと引きちぎり、別の人間にもたせることで、対戦相手に自分のバイタルだと誤認識させていました。

ようするに、カイジのことです。バイタル測定装置を、別の人間が持つという点では、まったく同じ観点で、パクリと言ってもいいように思います。

パクリ以外では、みんなを、一つの部屋に向かわせるというトリックがかなりわかりずらかったです。

建物の内装が同じなので、ぱっと見どこにいるのかわからないため、この図を使いながら、説明が入るのですが、ごちゃごちゃした感じでした。

こういった要素から、作者も、あまり手ごたえを感じていなかったのか、高遠を無理やり登場させて、強引に盛り上げようとしている感じはいなめませんでした。

犯行の動機は、恋人をとんでもないイタズラによって殺され、妊娠していた子供まで死んでしまったことへの復讐でした。

金田一シリーズでは、一番ありがちな動機といった感じでした。
最後、高遠が正体を明かし、グッドラックと言って、いなくなるという、全エピソードの中でも、かなり低調な終わり方のひとつだったように思います。

個人的には、あまり物語に没入できず、パクリの要素も気になったことから、ワーストランキング・ベスト3にいれてもよかったのですが、こういった点があまり気にならない人も多いかと思ったので、5位にとどめました。

これまでのベスト・ワーストエピソードTop10

ご覧いただいたみなさんの、ベスト・ワーストランキングを、TwitterやYoutubeのほうでコメントいただければと思います。いただいたランキングをポイント化して、集計ランキングを出そうと思います。

以上、「全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第5位」について考察してみました。
週一ぐらいのペースで、カウントダウンしていけたらと思っています。次回は第4位について紹介したいと思います。

金田一少年の事件簿が読みたい方は
U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めます

U-NEXTでイブニングを無料で読む

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です