漫画

金田一37歳の事件簿 考察 函館異人館ホテル 新たなる殺人編 解決編の前に推理してみました

シリーズ累計1億部突破のモンスターコミック。現在はイブニングで連載中の金田一37歳の事件簿について、漫画と同時進行で推理・考察をしていきたいと思います。
今回は、次回から始まる「函館異人館ホテル 新たなる殺人編」の解決編を前に、犯人やトリックについて推理してみました。
漫画を読んでいる方も読んでいない方も一緒に推理・考察できればと思います。

この金田一37歳の事件簿の考察ブログがSNSで、原作者の樹林伸先生にリツイートされました。

金田一37歳の事件簿 考察 函館異人館ホテル 新たなる殺人編 FILE.08 シリーズ累計1億部突破のモンスターコミック。現在はイブニングで連載中の金田一37歳の事件簿について、漫画と同時進行で推理・考察をしてい...

個人的な推理なので、ネタバレではありませんが、自分自身で推理を楽しみたい方はご注意ください。
著作権の関係上、基本的に文字のみとなりますのでご了承ください。

スポンサーリンク

空中密室のトリック

まずは、水島颯太が4mの高さに吊るされて殺害された、空中密室についてです。これは、舞台にせりが存在するということで、とても単純なトリックのように思いました。そのトリックとは、せりとワイヤーの位置を底下げした状態で犯行を実行するれば、簡単にできてしまいます。わかりやすく絵にしてみました。

水島の位置が舞台上に来るようにワイヤーを調整し、せりを4m下げた状態で手首を切ることで、犯行を実行できます。そして、せりの位置を舞台の位置に戻すと同時に、ワイヤーを4m上げれば、空中密室の完成です。
ただ、これだと単純すぎてトリックといえないようにも思うのですが、どうなのでしょう?

碧血鬼の正体

一連の事件の犯人、碧血鬼は誰なのかということですが、2つの観点からある人物が浮かび上がってきます

水島が本番で白い衣装を着ないことを知らない人物

水島の遺書として関係者に送られた遺書には、水島が本番で白い衣装を着るつもりだったことが書かれていました。しかし、実際は普通の衣装で出演することになっていました。このことは、ゲネプロが終わった時に、水島が海枝に話しています。主役の岡倉を気遣ってのことでした。つまり、このことを知ることができた人物は、ゲネプロ終了後にこのホテルにいた人物ということになります。しかし、岡倉と壇は、ゲネプロ終了後すぐにドラマの打ち合わせ(ニセでしたが)ということで外出しています。戻ってきた後も、すぐに本番が始まり、衣装のことは聞くことができなかったと思います。だだ、壇はマネージャーという立場から、あとから衣装のことは聞いたと金田一に話しています。つまり、衣装のことを知らない可能性があるのは、岡倉ただ一人ということになります。

なぜか銃を試し撃っていた

赤座が死んでいることが発覚して騒ぎになった時に、真っ先に水島から銃を奪い試し撃ちをして本物の銃だと確認した人物がいます。それは、岡倉です。この行為についての明確な理由についてはわかりませんが、2つ可能性があると思います。1つは、水島の銃が本物で、1,2発目にも弾が入っていたと思わせるためです。もう1つは、岡倉自身が本物の銃を持っていてこのタイミングすり替えるためです。この2つについては、次の赤座、綾野木殺害についての推理で詳細について触れたいと思います。

以上のことから、一連の事件の犯人、碧血鬼は岡倉純です。

スポンサーリンク

赤座と綾野木の殺害

舞台上演中に起こった、赤座と綾野木の殺害については、正直これといった決め手がなく、推測となってしまいます。殺害の経緯として考えられるのが、2人とも水島の銃によって殺害された、どちらか1人だけ水島の銃によって殺害された。このケースだと銃は事前にすり替えておく必要があります。もう1つのケースは、他の人物が銃で2人を殺害したというケースです。この場合、事前に銃のすり替えは必要ありません。金田一が、アリバイ検証の意味がなくなると言っていたのは、後者のケースについての確証をえたからだったのでしょう。幕の左側だけ火薬の匂いが強かったのは、そこから岡倉が銃で撃ったからだと思います。そうなると、水島の銃は本物ではなかったことになり、あの試し撃ちのタイミングで銃をすり替えたということになります。
ただ、この推測で引っかかったのは、周りに人がいる中で、幕の陰から2人を撃ち殺すことができるのかという点と、弾の入射角から、撃った位置が特定できるのではないかという点です。

気になったけど意味がわからなかった点

最後に、気になっていたけど事件への関連がよくわからなかった点が2つあったので触れておきます。1つは、劇中に突然金田一が何かに気づいたかのように席を立ちあがり移動しようとしていたシーンです。その直後に綾野木が撃たれるシーンがありましたが、金田一が何に気がついたのかがわかりませんでした。単に、嫌な予感がしたというだけの描写だったのでしょうか。もう1つが、水島の遺書メールに書かれていた文章にあった半角スペースのようなものについてです。「続けば」と「着る」の間の空白は何を意味しているのでしょう。あるいは、印刷上の問題で特に意味はないのかもしれません。

以上が、「函館異人館ホテル 新たなる殺人編」解決編の前に推理してみました、の内容です。もしこの推理が当たっているとしたら、今回の事件は結構単純だったような気がします。前回の京都編が難しすぎたため、今回はハードルを下げたのでしょうか。皆さんの推理をTwitter(@D_Selfish0609)等でメッセージいただけるとうれしいです。

金田一37歳の事件簿が読みたい方は
U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めます

U-NEXTでイブニングを無料で読む

次回の函館異人館ホテル 新たなる殺人編のFILE.09考察は、イブニング発売日の1/14以降になります。その前に、私の推理考察を上げたいと思います。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です