漫画

全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第9位

金田一少年の事件簿の、全部で47存在する、長編エピソードを、独断と偏見によって、ランキング化し、上位10エピソードをベスト10、下位10エピソードをワースト10として紹介したいと思います。
今回は、ベスト・ワーストランキング、第9位の発表です。

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク
https://youtu.be/wqR8zb84qvQ

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

長編エピソード 全47ファイル

金田一少年の事件簿で、短編ものや、明智警視が主役の物を除いた、長編エピソードは、この47ファイルになります。

File.01 オペラ座館殺人事件
File.02 異人館村殺人事件
File.03 雪夜叉伝説殺人事件
File.04 学園七不思議殺人事件
File.05 秘宝島殺人事件
File.06 悲恋湖伝説殺人事件
File.07 異人館ホテル殺人事件
File.08 首吊り学園殺人事件
File.09 飛騨からくり屋敷殺人事件
File.10 金田一少年の殺人
File.11 タロット山荘殺人事件
File.12 蝋人形城殺人事件
File.13 怪盗紳士の殺人
File.14 墓場島殺人事件
File.15 魔術列車殺人事件
File.16 黒死蝶殺人事件
File.17 仏蘭西銀貨殺人事件
File.18 魔神遺跡殺人事件
File.19 速水玲香誘拐殺人事件
File.20 魔犬の森の殺人
File.21 銀幕の殺人鬼
File.22 天草財宝伝説殺人事件
File.23 雪影村殺人事件
File.24 露西亜人形殺人事件
File.25 怪奇サーカスの殺人
File.26 金田一少年の決死行
File.27 吸血鬼伝説殺人事件
File.28 オペラ座館・第三の殺人
File.29 獄門塾殺人事件
File.30 雪霊伝説殺人事件
File.31 黒魔術殺人事件
File.32 剣持警部の殺人
File.33 錬金術殺人事件
File.34 ゲームの館殺人事件
File.35 人喰い研究所殺人事件
File.36 香港九龍財宝殺人事件
File.37 薔薇十字館殺人事件
File.38 雪鬼伝説殺人事件
File.39 亡霊校舎の殺人
File.40 狐火流し殺人事件
File.41 蟻地獄壕殺人事件
File.42 吸血桜殺人事件
File.43 人形島殺人事件
File.44 黒霊ホテル殺人事件
File.45 白蛇蔵殺人事件
File.46 聖恋島殺人事件
File.47 金田一二三誘拐殺人事件

便宜上、下位10エピソードをワースト10と言っていますが、決して、駄作という意味ではないので、その辺は、ご了承ください。考察をおこなっている、金田一37歳の事件簿については、金田一の立ち位置の違いや、主要キャラが違うという点で、今回は、対象外とさせてもらいました。
それでは、今回は、ベスト9位と、ワースト9位を発表したいと思います。

ベストエピソード 第9位

ベストエピソード 第9位は、File.37「薔薇十字館殺人事件」です。


あの、高遠遙一が、本格的に参戦した最後の事件です。高遠は、この後も何度か登場していますが、素顔をさらしたまま、金田一と直接絡んだ事件は、これが最後といってもいいでしょう。これが、このエピソードを選んだ理由の一つですが、トリックや、その仕掛けの過程も、面白かったように思います。
まず、面白かったのが、禅田殺害のトリックです。内容自体は、金田一達が犯行を目撃したと思われていた部屋と、実際の犯行が行われた部屋が違っていたというものですが、仕掛けがかなり壮大でした。建物の作り自体が、螺旋階段を中心に、一階と地下が、30度ずれて造られていたという、あれです。

影の角度の違いや、建物の見取り図から、別の部屋だということは考えつきますが、建物の構造自体に仕掛けがあるというのは、なかなか考えられていたと思います。さらに、開かないと思われていた扉や、バラのアーチの閉鎖などを利用して、人の動線をうまく操作していた点もよかったと思います。

祭沢殺害のトリックも、部屋の形状を利用した、面白いトリックでした。こちらのトリックは、比較的わかりやすかったですが、発想としては、よかったように思います。

そして、最初に触れた、高遠遙一の存在も、おもしろさの一つでした。金田一とともに、犯人、月読ジゼルを、失言攻めにして自白させるところは、他のエピソードではなかったシーンで、とても新鮮でした。

月読ジゼルも、禅田殺害のトリックで、高遠しか犯行が行えないような状況にもっていったのは、なかなかでした。

犯行の動機は、母親の復讐という、オーソドックスな動機でした。

ただ、月読ジゼルが、高遠と義理の兄妹だという設定は、ちょっと強引だったような気もしました。

スポンサーリンク

ワーストエピソード 第9位

ワーストエピソード 第9位は、File.15「魔術列車殺人事件」です。


高遠遙一が初登場した、ある意味、メモリアルなエピソードですが、最初にこのエピソードを見た時に、いくつか気になった点が存在しました。
これは、完全に個人的な思いなのですが、最初にタイトルを見た時に、列車を使った、トラベルミステリー的なものを期待していました。

しかし、実際は、そういった、列車の特性をいかしたトリックはなく、物語中盤からは、列車は全く、関係なくなりました。まあ、トレイン急便を使うために、列車を緊急停止させたというのが、列車の必要性だったのでしょうが、トラベルミステリーという感じではありませんでした。そういった観点で、ちょっと残念な感じがしました。
もう一つ気になったのは、山神夕海殺害のトリックです。
犯行の前段階で、各自の体重を聞いており、置物のヒスイが移動されていたとなれば、体重の重さ調整に使われたというのが見え見えでした。

しかも、それぞれの体重がわかっているので、この一点から、犯人が特定できてしまうというのも、ちょっと安易すぎるように思いました(高遠、体重軽すぎ)。勢いをつけて飛び降りれば大丈夫そうな気もしますが、今思うと、高遠にしては、つまらないミスをしました。
ただ、山神団長 殺害のトリックについては、面白かったように思います。本体は頭部だけで、他は風船で出来ていたという点。また、それを見破る証拠が、吊られた風船によって、わずかに手の部分が浮いていたという点。

ホテルで、バラバラの状態をつなぎ合わせた遺体が見つかった時点で、頭部以外の遺体は、トレイン急便を使って運んだというのが、わかってしまいましたが、なかなか面白いトリックでした。
動機については、やはり、今回も復讐でした、母親の。

高遠の母、近宮玲子が、トリックノートに仕込んだ死の仕掛けによって、左近寺を死に追いやるといった、エピローグが描かれるのも、他のエピソードではあまりないような気がします。

最後に高遠を逃亡させたのは、この時点から、今後も主要キャラとして登場させるということを考えていたのでしょうか。「またいつか、どこかで会いましょう」といっていることから、そういった思惑だったのでしょう。

ちなみに、ベストとワーストが、ともに高遠関連のエピソードだったのは、たまたまの偶然です。

これまでのベスト・ワーストエピソードTop10

ご覧いただいたみなさんの、ベスト3、ワースト3のエピソードがありましたら、TwitterやYoutubeのほうでコメントいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

以上、「全47エピソードから選ぶ 【金田一少年の事件簿】ベスト・ワーストランキング 第9位」について考察してみました。
週一ぐらいのペースで、カウントダウンしていけたらと思っています。次回は第8位について紹介したいと思います。

金田一37歳の事件簿が読みたい方は
U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めます

U-NEXTでイブニングを無料で読む

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です