ドラマ考察

ドラマ【真犯人フラグ】ピンポイント考察 2つの事件、8つの行動、5つのアイテムを仕分けすることで見えてくること

日曜、22時30分から日本テレビ系列で放送されているドラマ、真犯人フラグの、事件、行動、アイテムという観点で、ピンポイント考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ「真犯人フラグ」Huluオリジナルストーリー 週刊追求プレミアムを見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
見られるのはHuluのみ

ドラマ「真犯人フラグ」Huluオリジナルストーリーを見たい方はこちら

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

事件・行動・アイテムを仕分け

これまでに発生した事件に関して、その犯人や被害者がとった行動や、関連するアイテムが多数登場してきました。これらを仕分けすることで見えてくる、気づきについて検証してみたいと思います。
第4話までの段階で、15の項目としてピックアップすることが出来ます。なお、お経野郎や包丁野郎、押入れの中身などは入っていませんが、あくまでも、事件に関連することが明確になっているものだけをピックアップしているので、怪しいというだけで、関連性が見えていないものは除外しています。それでは、順に見ていきたいと思います。

まず、事件という観点で、真帆たちの失踪事件と、冷凍遺体事件が、全体の中心に来ることは明らかです。

そのあとは、登場した順に見ていきましょう。
真帆たちがいなくなってから、最初に発見されたアイテムは、篤斗のGPS装置です。

これは、篤斗が持っていたもので確定しているので、失踪事件と紐づけすることが出来ます。
その後、河村との会話の中で、不倫トラップにあっていたことが明らかになりました。

トラップだったということは、第4話で明らかになったことですが、その行動自体は、ここであげておきたいと思います。ただ、この行動は、それぞれの事件に繋がる要素が明確になっていないので、現段階ではどちらにも紐づけすることは出来ません。
ここまでが、第1話終了段階での状況です。2大事件の提示までといった感じでしょうか。
次に関わってくるのが、第2話終了手前で出てきた、ドライブレコーダーの映像です。

これは、明らかに失踪事件と紐づけすることが出来ます。真帆と光莉が本人なのかどうかは、はっきりしませんが、篤斗が本人であることから、紐づけは可能でしょう。
そして、第2話の最後で登場したのが、埋められた光莉の靴です。

これも、当然、失踪事件と紐づけることが出来ますが、第2話で重要だったのは、最後だけといった感じでした。
第3話では、この靴が埋まっていることをたれこんだ人物について明らかになりました。

たれこんだ人物は女だということですが、声はアプリ等で変えることもできるので、鵜呑みにしないほうがいいかもしれません。本当に通りすがりの人物の可能性もありますが、ほぼ埋めた人物によるたれこみだと思うので、靴埋めに紐づけしてもいいでしょう。
同じような観点で、この情報をネットにリークした人物が存在します。

しかし、この、んをぬむという人物は、情報を知っていただけで、靴が埋められたことと直接繋がりがあるわけではないので、紐づけは出来ません。
次に、ぷろびんに大学のサークル誌をリークした人物の存在です。

これは、サークル誌を持っているという観点で、対象者が限られてきますが、凌介の情報を暴露しているだけなので、他と紐づけは出来ません。
第4話では、群馬の山中で発見された遺留品についての情報が明らかになりました。光莉のスマホと真帆の指輪なので、完全に失踪事件と紐づきます。

24cmの足跡も、同じ群馬山中での痕跡なので、失踪事件、そして、遺留品と、トライアングルな関係になります。

光莉のスマホ位置情報も、当然、失踪事件と紐づきます。

第4話中盤の記者会見がらみで出てきたのが、偽装不倫情報のリークと、冷凍遺体情報のリークです。偽装不倫情報は、トラップを仕掛けた人物によるリークとしか考えられないので、ここは紐づきます。

さらに、この、ミシシッピと、んをぬむは、同一人物という橘の話を信じると、この2つも紐づけすることが出来ます。しかし、冷凍遺体情報のリークは、同一とは言い切れません。

ぷろびんに情報をリークしているという点では、サークル誌と一緒ですが、それだけで繋がりがあるとは言い切れないので、紐づけは出来ません。もちろん、冷凍遺体のことを知っているというだけなので、冷凍遺体事件自体とも、、紐づけは出来ません。
そして、第4話の最後で、凌介の部屋に、篤斗のサッカーボールが蹴り込まれました。

模造されたボールでないかぎり、失踪事件に関与した人物による仕業です。これを失踪事件に紐づけして、15の項目すべての仕分けが完了です。

これを見て明らかなのは、失踪事件に関しての情報はたくさんあるのに、冷凍遺体事件に関しての情報が全くないという点です。冷凍遺体は、お探しものですといって送られてきたので、失踪事件と繋がりがあるように感じます。しかし、河村がネットに情報を公開した日と同じ、18日に受け付けられているので、失踪事件のことを知っていてもおかしくなく、関連があるとは言い切れません。1クール目では、失踪事件が解決し、冷凍遺体事件と関連がないことが明らかになり、2クール目に突入といった感じでしょうか。
他に気になる点としては、リーク系の行動は、どちらの事件とも直結していないという点です。つまり、このドラマでは、単独、複数含め、失踪事件という大枠に関わっている人物、冷凍遺体事件という死者を伴う事件に関わっている人物、自ら仕掛け、自ら情報をリークし凌介を陥れようとする人物、ぷろびんに情報を提供し、自分は傍観者的立ち位置で凌介を陥れようとする人物に分けられるのではないでしょうか。ぷろびんに情報提供したのが別々の人物だとしたら、全部で5つの線が同時進行しているということになります。
この中で、確実に関わっていると言えるのが、自ら不倫トラップの仕掛け人となった、本木陽香です。

現状、本木が関わっているのは、自ら情報をリークし凌介を陥れるという行動のみです。失踪事件の、靴情報たれこみや、群馬山中の足跡が、本木と繋がりがあると錯覚しがちですが、そこに繋がりはないということをしっかり押さえておきたいところです。

ドラマ「真犯人フラグ」Huluオリジナルストーリー 週刊追求プレミアムを見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
見られるのはHuluのみ

ドラマ「真犯人フラグ」Huluオリジナルストーリーを見たい方はこちら

以上、「ドラマ【真犯人フラグ】ピンポイント考察 2つの事件、8つの行動、5つのアイテムを仕分けすることで見えてくること」について、考察してみました。
今後、新たな情報や繋がりが見えてきたり、抜けている要素があった場合は、随時追加していきたいと思います。こうすることで、見えていないものや、間違って見えていたものが、はっきりするかもしれません。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です