ドラマ考察

ドラマ【私たちはどうかしている】今日子と多喜川の本当の関係とは?女将の部屋 多喜川編

水曜22時から日本テレビ系列で放送されているドラマ「私たちはどうかしている」のスピンオフとして、Huluで公開されている、女将の部屋 多喜川編について紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeにも動画投稿していますので、チャンネル登録していただき、みなさんと一緒に考察できたら、とてもうれしいです。

ドラマ『私たちはどうかしている』を無料で見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録

今登録すれば、オリジナルコンテンツ「女将の部屋」も無料で視聴可能です。

ドラマ『私たちはどうかしている』オリジナルコンテンツ「女将の部屋」を無料で見たい方はこちら

多喜川が女将に会いに来た理由

多喜川が女将に会いに来たのは、今日子が、七桜が載っている雑誌を見て、七桜や、店「花がすみ」について、探りを入れるために呼び出したということでした。

多喜川のほうも、光月庵を乗っ取るために、今日子から何か聞き出せないかという思惑で呼び出しに応じたようですが、今日子は、そんなのお見通しと、多喜川に切り返します。
このやり取り、一件、他人同士の腹の探り合いのように見えましたが、実は、お互いの情報交換をするために会っているともとることが出来る感じがしました。

多喜川の行動を見透かす今日子

今日子は、多喜川が、七桜を後ろ盾して、光月庵に乗り込ませたことを、見透かしていました。

そして、「その目的は、光月庵を乗っ取るため?」言い放ちます。多喜川は、七桜を引き込んだのは、椿のほうだといってとぼけますが、栞が、椿の子供を妊娠したことを告げられ、少し動揺します。
この辺のやり取りも、取り方によっては、情報交換をしているようにも見え、なんとなくわざとらしい感じがしました。

スポンサーリンク

あなたが家族を語るとは

今日子が、生まれてくる子供のためにも、余計な邪魔はさせないと言いますが、その時、多喜川が、「あなたが家族を語るとは」と切り返します。

その時、一瞬、今日子が黙り込み、ひるむ様子が伺えます。これは、暗に、多喜川の父親のことを引き合いに出していて、不倫をしていた今日子の動揺を誘ったように感じました。今日子が、多喜川の父と不倫をしていた事実については、以前の動画をご覧いただければと思います。

その後、七桜についてのせめぎ合いになり、怒りの頂点に達した今日子が、「だから、道楽息子なんて言われるのよ」と言い放ちます。

この言葉、他人に対していう言葉という感じではなく、距離の近い人物にいう言葉のように感じました。不倫相手の息子に対して、あるいは、何らかの協力関係にある人物に対しての言葉ということを示唆していたのかもしれません。

お茶を運んでくる山口

2人は立ち上がり、やり取りもピークに達した時、山口がお茶を運んできます。

厨房には、モブ職人2人もいたのに、山口 自らお茶を運んでくるというのは、なにか含みがあるように感じます。ここで多喜川が、「長く働いている職人さんですよね」と聞くと、山口は、「もう20年近くになります」と答えます。その時、多喜川は、何かを感じとり、今日子の目を見ますが、今日子は、目をそらし、ごまかします。

20年前から働いているのなら、樹殺害事件があった当時も、山口は、光月庵にいたということを察知したのだと思います。

それを、今日子がごまかしたのだと思いますが、なんとなく、ミスリードのような感じがします。
山口は、部屋を出て去っていく時、おもいきりこぶしを握り締めていました。

多喜川は、帰り際に、厨房に顔を出し、山口に、今度ゆっくり話がしたいですねといって、去っていきます。
この山口という人物、おそらく犯行には関与していないと思いますが、何かを目撃して隠しているのかもしれません。

七桜と多喜川の幸せを望む今日子

結局、これと言った話はまとまらず、最後に多喜川が、今日子に、「あなたは変わりませんね」と言って嘆きます。

これは、昔から変わらない人、つまり、今日子という人物について、昔から知っているという意味で、やはり、当時、父親と不倫をしていたということを、多喜川は知っているのだと思います。

そして、多喜川が、七桜が光月庵の当主になるために支え続けると言った後、今日子は、こんなことを言います。
「心から応援するわ、二人の幸せだけは」
何か深い含みがあるようにも取れますが、単に、椿から七桜が離れていってくれることを喜んでいるだけとも取れます。

また、最後の最後に、今日子は、こう言います。
「あの2人が一緒にいる限り、光月庵は、ずっと安泰」

以上、「ドラマ【私たちはどうかしている】今日子と多喜川の本当の関係とは?女将の部屋 多喜川編」について考察してみました。いろいろと、含みのあるサイドストーリーでしたが、はたして、本編に影響があるのでしょう。
こういった、有料コンテンツ内での出来事や言動が、本編に影響を与えてしまうのは、ある意味、反則のように思われる反面、特権という捉え方も出来ます。ただ、本編の続き的ストーリーを有料コンテンツでおこなう、いわゆる、続きはフールーで商法は、完全な反則になります。この、私たちはどうかしているでは、そういったことがないことを願っています。

ドラマ『私たちはどうかしている』を無料で見る方法
Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録

今登録すれば、オリジナルコンテンツ「女将の部屋」も無料で視聴可能です。

ドラマ『私たちはどうかしている』オリジナルコンテンツ「女将の部屋」を無料で見たい方はこちら

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です