漫画

金田一37歳の事件簿 考察 函館異人館ホテル 新たなる殺人編 FILE.05

シリーズ累計1億部突破のモンスターコミック。現在はイブニングで連載中の金田一37歳の事件簿について、漫画と同時進行で推理・考察をしていきたいと思います。
今回は、「函館異人館ホテル 新たなる殺人編」のFILE.05についてです。
漫画を読んでいる方も読んでいない方も一緒に推理・考察できればと思います。

この金田一37歳の事件簿の考察ブログがSNSで、原作者の樹林伸先生にリツイートされました。

金田一37歳の事件簿 考察 函館異人館ホテル 新たなる殺人編 FILE.04 シリーズ累計1億部突破のモンスターコミック。現在はイブニングで連載中の金田一37歳の事件簿について、漫画と同時進行で推理・考察をしてい...

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。
著作権の関係上、基本的に文字のみとなりますのでご了承ください。

スポンサーリンク

綾野木ルカの撃たれるシーン

金田一は、佐木が撮影した城壁上の綾野木が撃たれるシーンを見て、妙だと言います。2人目の赤座の時は距離が近いから心臓を一撃されたのもわかるが、1人目の綾野木の場合、舞台右側城壁上の彼女を、左端のかなり距離のある場所を左端から撃っているのに、一発で心臓を射抜くのは訓練されていないと難しいと言います。

リュウ小野寺殺害と舞台事故の関係

金田一は、東京の警察の幸村が函館に来ていることを気にします。すると、いつきが、四日前におきた元デスペラードメンバーのリュウ小野寺が服毒死した事件の捜査で来ているということを伝えます。この舞台には、デスペラードのメンバーである水島、赤座、五代の三人がいるので、元メンバーの服毒死と今回の舞台の事故の関係について、金田一は幸村に話を聞きにいきます。

スポンサーリンク

金田一と幸村の会話

金田一は幸村に、リュウ小野寺の事件は今回の事件と関係があるのかと聞きます。幸村は、少なくとも私はあると考えていると言います。そして、幸村が受けた報告では、赤座と綾野木の体内から見つかった弾丸が、水島が撃った銃から発射されたものだということです。このことで、今回の事件が水島の銃を何者かがすり替えることによって起きた、殺人事件であることが確定します。
幸村は、金田一が数々の難事件を解決してきたのは、自作自演によるものだといい、今回の事件にも関与しているのではないかと詰め寄ります。しかし、金田一は、そんなのは妄想であるということを証明して見せるので、捜査に協力させてくれと申し出ます。幸村は、金田一の正体を暴くためにも、協力をしていただこうと承諾をします。

あの女の呪い

自分の撃った銃で2人が死んだことに動揺している水島に海枝と壇が慰めますが、1人にしてほしいと言って部屋から出ていかせます。一人になった水島は「これはやっぱりあの女の呪いなのか」と言います。そして、死んだ赤座、綾野木、小野寺は、あの時のメンバーだと言います。これは、あの女の復讐なのかと思っている水島の後ろに、犯人の影が忍び寄ります。

以上が、函館異人館ホテル 新たなる殺人編のFILE.05の内容です。今回は、話の進展はほとんどありませんでした。ポイントとなったのは2点。1つは、綾野木が撃たれたときの距離や角度についてです。これは、簡単に心臓を撃ち抜ける距離や角度ではないことから、単純に水島の銃によって撃たれたのではないようです。ただ、現状では手掛かりとなるものがないため、今後に注目です。もう1つは、水島が言っている「あの女」についてです。この人物に関わることが一連の殺人の動機となっていることは間違いなさそうです。ただ、こちらも現段階では手掛かりがなく、何とも言えない状況です。
今回は、間が3週空いたため、ひさびさ感がありましたが、その割には話の進展がなかったのでちょっと消化不良でした。(週刊のころが懐かしい。作者の方々は大変でしょうが。)

金田一37歳の事件簿が読みたい方は
U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めます

U-NEXTでイブニングを無料で読む

次回の函館異人館ホテル 新たなる殺人編のFILE.06考察は、イブニング発売日の11/26以降になります。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です