漫画

金田一37歳の事件簿 考察 函館異人館ホテル 新たなる殺人編 FILE.06

シリーズ累計1億部突破のモンスターコミック。現在はイブニングで連載中の金田一37歳の事件簿について、漫画と同時進行で推理・考察をしていきたいと思います。
今回は、「函館異人館ホテル 新たなる殺人編」のFILE.06についてです。
漫画を読んでいる方も読んでいない方も一緒に推理・考察できればと思います。

この金田一37歳の事件簿の考察ブログがSNSで、原作者の樹林伸先生にリツイートされました。

金田一37歳の事件簿 考察 函館異人館ホテル 新たなる殺人編 FILE.05 シリーズ累計1億部突破のモンスターコミック。現在はイブニングで連載中の金田一37歳の事件簿について、漫画と同時進行で推理・考察をしてい...

ネタバレの内容を含みますのでご注意ください。
著作権の関係上、基本的に文字のみとなりますのでご了承ください。

スポンサーリンク

水島颯太が襲われる

水島は、一連の事件があの女の復讐なのかと思っているところに、後ろから犯人こと碧血鬼に襲われ、眠らされてしまいます。そして犯人は、服装を衣装に着替えさせて、スマホで遺書を書きメールで送信します。

葉山の作ったアリバイ一覧

葉山は、容疑者のアリバイ一覧を作成して、金田一のところに持っていきます。実は、File04の時にも、銃が小道具置き場にあった時のアリバイについて語っているので、その時と比較しながら、見ていきたいと思います。

五代玄一郎
・ゲネプロの後すぐイベント前半に参加
・その後の行動ははっきりしない
File04の時とほぼ一緒ですが、イベント前半と限定的になっています

中神聖也
・ゲネプロ後にすぐ、いつきのインタビューを受けていた
・衣装を着けたまま、イベント後半に参加
・その後、すぐ控室でメイクをし直しスタンバイ
こちらもFile04の時とほぼ一緒ですが、やはりイベント後半と限定的になっています

岡倉純
・ゲネプロ後、すぐに打ち合わせのため外出
File04と一緒です

壇はるみ
・ゲネプロ後、岡倉と一緒に行動
File04と一緒です

刈谷ユダ
・イベント前半に出て、その後アリバイなし
こちらもFile04の時とほぼ一緒ですが、やはりイベント後半と限定的になっています

海枝博貴
・イベントに出ていなかったのでアリバイなし
File04と一緒です

最上翔太
・イベント前半のちょっとしか出ていないのでアリバイなし
こちらもFile04の時とほぼ一緒ですが、やはりイベント前半のちょっとと限定的になっています

アリバイのあるなしにおいては、File04の時と一緒で、中神、岡倉、壇の3人にアリバイがあり、他の5人にはないという状況ですが、イベントの前半に参加したか後半に参加したかという部分が加わっており、時系列的にここが鍵になるかもしれません。

スポンサーリンク

リュウ・小野寺について

いつきの調査で、小野寺は音楽家になりたいと言って、デスペラードをやめますが、仕事がうまくいかず、相当食い詰めていたということです。しかし、最近になってちょっと羽振りがよくなってきたということでです。何か収入源を手に入れたようです。小野寺は、誰かを脅迫して金を得ていたが、逆にその人物に殺された可能性があるかもしれないと、いつきや葉山が話します。

綾野木ルカは水島颯太の元カノ

葉山が、綾野木は水島の元カノだという話をし、殺された2人と同じグループだった水島が怪しいと言います。いつきは、元カノだったのかはわからないが、何らかの関係があったのは確かだろうと言います。金田一は、俺たちに知らない何かがまだあると慎重な姿勢を示します。

水島颯太からのメール

関係者全員に、水島からメールが来ます。
「あのまま舞台が続けば 着るはずだった最後の衣装を纏いこの惨劇の幕を自らおろすことにしました」
みんなで水島を探しますが、部屋にはいませんでした。そして、控室にいってみると、着替えた後の服が置いてあり、衣装がなくなっていました。また、使っていないカップとコーヒーポットがあり、コーヒーはそのまま残っていました。
ちょっと気になったのが、メールの文章で「続けば」と「着る」の間に半角スペースが入っています。もしかしたらただの誤植かもしれませんが、これは何か意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク

水島颯太自殺?

衣装がなくなっていたことから、みんなは舞台の方にいきます。舞台の明かりをつけると、そこには手首を切り、ワイヤーで首を吊った状態の水島がおり、すでに死亡している様子でした。気になるポイントは、首吊りと手首切りの両方をしていることです。首を吊るなら、手首を切る必要はありません。床に散乱した大量の血が、何かのカムフラージュのようにもうつりました。

以上が、函館異人館ホテル 新たなる殺人編のFILE.06の内容です。最有力容疑者(読者的には真逆ですが)だった水島が殺されました。一番の注目点は、やはり殺され方でしょう。首吊りと手首切り、2重の仕掛けに何かしら意味がありそうです。衣装に着替えさせたのも、単なる見立ての気がしますが、もしかしたら意味があるかもしれません。あとは、アリバイについて、イベントの前後半どちらに参加していたかを明確にしていることから、今後、証言の矛盾が生じるのかもしれません。メールの半角スペースも気になるところです。

金田一37歳の事件簿が読みたい方は
U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めます

U-NEXTでイブニングを無料で読む

次回の函館異人館ホテル 新たなる殺人編のFILE.07考察は、イブニング発売日の12/10以降になります。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です